+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




聴くと涙がこぼれてしまう曲、ありますか? :: 2016/03/29(Tue)
今、夫の実家で、(私の周囲ではですが)前人未到の夫抜き2週間帰省をしています(笑)

夫抜きで、子供二人(3歳&1歳)の世話、使わせてもらっている寝室がある2階と、生活の中心の1階を
行ったり来たり、自分の家ではないのでこんな私でも気は遣いますし、おまけに風邪まで引き・・疲れ切ってます。
義母に育児にもダメ出しされ、分かってはいるけど、「自分はダメ母なんだ」とあらためて思い知らされる日々。

子供たちに夕食を食べさせて、やっと自分が食べようと思ったら、次女が愚図りだして、抱っこしたものの
暴れて暴れて・・疲れがピークな昨日。

夫の実家では、義父がいつもクラッシック音楽のラジオ番組を流しているのですが。
・・・流れてしまいました。

「タイース」と言うオペラの「瞑想曲」と言う美しい音楽。

誰もが耳にしたことのある音楽だと思いますが、私、コレを聴くと、パブロフの犬みたいに
涙が出て止まらなくなるんですよ。

一応、葉加瀬太郎さんの演奏の動画を貼っておきますね↓
タイースの瞑想曲 葉加瀬太郎さん

2012年11月末に第一子(長女)を出産し、退院した直後に、ドレスデンの教会で行われたコンサートで流れた曲。

私は、夫がネットから拾ってきた動画で、授乳しながら聞いたのですが(バイオリニストは葉加瀬太郎さん
では無く、女性)、あまりの美しさと、辛すぎる産後の生活(夜中の頻回授乳とか)での疲れで大泣きしてしまい。

それ以来、何度かその動画を観ては、やはりその美しい音楽と、出産直後の事を思い出すのか、
絶対に涙が流れてしまい。そんな危険な(?)曲なんです。

「タイース」と言うオペラがどんなお話しなのか、この「瞑想曲」が流れるのはどんな場面なのか、
全然知らないのですが、私にとっては天国にも昇るような美しい旋律に思えるようになり。

昨日、ものすごく疲れている時にラジオからこの曲が流れてきて、暴れる次女を抱っこしつつ燻製のお魚を
食べながらボロボロ泣いてしまいました。義父はそれに気づいたのか分かりませんが、「ikebow、子供を
抱っこしてるからゆっくり食べなさい」と、まだ義父の食事は終わってないにも関わらず、次女を抱っこして遠くに
連れて行ってくれて。長女には「ママどうしたの?」と心配されるし。

「音楽が美しすぎてね・・」と言ったところで長女は理解できてなかったと思いますが。
とにかく涙が止まりませんでした。

上記のリンクも、そのドレスデンでのコンサートの風景を添付したかったのですが、ちょっと見つけられず。

大戦中に爆撃で破壊され、長年がれきとなっていた教会が、寄付によって2005年に再生されて(がれきも
使用されたと聞いてます)。その美しい教会でのコンサートで、この美しい旋律にコーラスが重なって、
語彙が貧弱でお恥ずかしいのですが、本当に美しい。

そのコンサートの中継は、実は義母に観るように勧められたもの。
「同じく戦争で焦土となって、その後成長を遂げた日本から来たあなたに、何か響く物があるんじゃないかと思って」
と言うのが理由だったようです。

・・と長々書いてしまいましたが、みなさんには、聴くと自動的に涙が流れてしまう曲、ありますか?
もしあったら、もし良かったら、聞かせて下さると嬉しいです。

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 映画・コンサート・舞台・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:11




明日ドイツで、映画「おくりびと」を見る :: 2015/10/06(Tue)

先日、テレビ雑誌を買って見てたら・・

明日ARTEで日本映画「おくりびと」が放送されるみたいですね。



こんな感じで紹介されています
(ボヤけていてすみません)

NOKAN

タイトルは「NOKAN」となってます。納棺ね。
しかし、紹介に使用する場面、他にあるだろうに(苦笑)

放送時間は22:25~。
ミュンヘンの我が家ではチャンネル002です。(多分001も)
地域によってチャンネルが違ったら申し訳ありません。

ドイツに3年半近く住んで居ながら、ドイツ語のレベルがアレな
感じ(残念な感じ)なので、過去に観た事のある映画だったら
ドイツ語吹き替えでも理解できるし、ドイツ語の勉強になりそう。
明日夜が楽しみです。

娘達(特に次女)が夜グズらないで居てくれたら観られるの
ですが、どうなることやら。




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 映画・コンサート・舞台・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




映画 「そして父になる」 :: 2015/04/06(Mon)

里帰りのフライトで、かねてから観たかった映画「そして父になる」を見ました。

夜便だったので眠い目をこすりながら。

この先ネタバレ有ります

物語は、2組の夫婦の話。
それぞれ5歳(6歳だったかな)の男の子を育てている2組の夫婦の元にある日突然連絡が。
「子供を取り違えた」という、病院からの連絡。

葛藤しながらも、子供を含めて一緒に過ごし、少しずつ会う頻度を高くし・・
子供を(言い方は悪いけど)交換するかどうするか。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

1年か2年ほど前、ローマ在住の友人J子からイタリアで起きた乳児取り違え事件の話を聞いて、
「自分だったらどうするだろう?」と考えさせられた事があったのと、自分が子を持ったことにより、
この映画に非常に興味を持った。

映画の中の夫婦は5・6年育てた子供を実際手放せるかどうか、交換した後も親として葛藤していたけど、
実際自分に起こった場合、2年育てた長女を手放せるかと考えると「出来ない」と感じた。

映画を鑑賞している間、辛くなってしまって一旦中断してしまった。
話は逸れますが、子供の虐待死のニュースに接すると、必ず娘が泣いている姿を想像して本当に辛くなってしまいます。

交換したとしてもしないにしても双方に禍根が残るし、こんな事絶対に起こってはいけない。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 映画・コンサート・舞台・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




赤いスイートピー :: 2014/10/25(Sat)
松田聖子さんの名曲、「赤いスイートピー」を松田聖子さんと松たか子さんが歌うCMが始まりました。

富士フィルムの化粧品ブランド・アスタリフトのCMだそうで。
数日前びネットニュースで25日からCM放送、と知り、とても好きな曲なので動画UPを楽しみにしていました。

動画はコチラです→

松田聖子さん、もう53歳くらいだと思うのですが、若いですねー。
「素敵な人だから」の箇所で、はにかむ姿がカワイイ・・。

松たか子さんも、清々しい雰囲気で、こちらも好きです。
松さんの方がストレートに心に響いたかな。勿論、聖子さんの歌も素敵です。

私は聖子さんと松さんの中間世代。
素敵なCMを拝見出来て、お二人と同じ時代を生きている事に何だか嬉しくなりました。
でも、拝見している間娘が私の膝の上に乗って来て、ウンPをしたのでかほりで感動が半減。このタイミングでは勘弁して欲しかった(苦笑)

しつこく動画を再生して、全然レベルの違う歌唱力で熱唱する私を見て、夫も気になったらしく自分で動画を探して
きて口ずさんでました(笑)
何となく、(同じじゃないかもしれないけど)近い思いを夫婦で共有できたような気がして嬉しかったとある一日でした。


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. 映画・コンサート・舞台・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ドラマ 「おやじの背中」 :: 2014/10/05(Sun)

前クールは、ドラマ「おやじの背中」(TBS日曜夜9時)を見ていました。
(番組HPはコチラです→


全10話、それぞれ一話完結型で、毎回、脚本家・俳優陣が違うドラマです。
特に第一話と第九話が良くて。
それ以外、「これは全然・・」というのもありましたが(汗)

注) 以下、若干ネタバレありです。


<第一話>

脚本: 岡田恵和さん(「ちゅらさん」「最後から二番目の恋」等)
主演: 田村正和さん、松たか子さん

<第九話>

脚本  井上由美子さん(「白い巨塔」「GOOD LUCK!」「昼顔」等)
主演: 内野聖陽さん、神木隆之介さん、夏川結衣さん、


<第一話>

父(田村正和さん)と、娘(松たか子さん)のお話。
二人暮らしの親子。訳あって、父は娘を「瞳子さん」、娘は父を「圭さん」と呼んでいる。
(この呼び方の理由はストーリーが進むにつれて明らかになります)

娘が父から卒業していく(巣立っていく)不安・葛藤を描いているのだけど、父は父で嬉しいながらも寂しくて。
そんな二人の様子を見ていて、特に松たか子さんの演技の間の入れ方とか(表現の乏しい私、上手く言葉で表現
できないのですが 汗)とても自然で。

日本で何度か松たか子さんの舞台を拝見した事があるのですが、表現力があって素敵なんですよね。
目がキラキラしていて、良いエネルギーを毎回いただいてました。


この第一話は実は3回も観たのですが、3回とも大泣きしてしいまいました。
そんな私を見て娘はゲラゲラ笑ってましたよ(苦笑)

登場人物も少ないので、それぞれの人物像がより良く浮かび上がってシンプルで良かったです。
ロケーションも素敵でした。田村さんが淹れるコーヒー、飲みたいなぁ。


<第九話>

大企業で出世した父(内野聖陽さん)が、家族への相談無しにある日突然退職。
職場で昇格を打診され、主婦業との兼務の難しさに断ってしまったばかりの母(夏川結衣さん)。
父はこの日を境に主婦宣言。慣れない主婦業にてんてこ舞いの父(しかもエプロンがマリメッコだったり 笑)と、
その姿を見て葛藤する息子。父と子だけでなく、夫と妻の葛藤を描いている。

ウチも昔、父が定年前に会社を辞めて主夫になった事があって。
それまでは家事何て全くしない父だったのが、味噌汁を作るようになったりで(しかもジャガイモを薄ーくスライスして投入してたのでドロドロに
なってたり。すり流しか?って 笑)。だからこのドラマの息子の気持ち、分かるなぁ、と。


元々好きな俳優の内野さんの演技だけでなく、神木さんのちょっとした演技も(目線とか、イラついて目をひくつかせる
ところとか)良く、この親子のやりとりが本当の親子のやりとりに見えてきて。内野さんの長セリフのシーンでやっぱり
泣いてしまいました。このお二人の競演、素晴らしかったです。

内野さん、一度はみずほ銀行のイメージキャラクターにまでなったものの、不倫騒動・飲酒運転のスキャンダルで
かなり私の中での彼の株価は下がってしまったりで。みずほ銀行のCMも打ち切りになってましたよね・・
でもやっぱり、この人の演技と、演技に対する姿勢、好きなんです。

またこういうドラマ、見たいです。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. 映画・コンサート・舞台・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ