+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




10月の読書記録 ☆ すてきなあなたに :: 2015/11/04(Wed)

ドイツに引っ越して来た2012年に、友達が雑誌「暮しの手帖」の1年間の海外定期購読をプレゼントしてくれました。
それまで手に取ったことすら無かった「暮しの手帖」。

どのページも心が温まったり、気づきがあったり。
珠玉の内容なのですが、特にその中のエッセイ「すてきなあなたに」が好きで。

このブログを通してお友達になって下さった方が、「すてきなあなたに」の単行本をお持ちとの事で、夏にお会いした
際に貸して下さいました。どれも短編で、家事・育児のスキマ時間に少しずつ読み進める事もできるのですが、
できれば美味しいお茶を淹れて、お茶と共にゆっくりと堪能したい・・と。

そう思っている内に時間だけが慌ただしく経過し、10月にやっと1冊読み終える事ができました。



すてきなあなたに 2

すてきなあなたに2

内容だけでなく、装丁もステキです。

各ページの上部に描かれているちょっとしたイラストも
ページをめくる楽しみの一つ。

心豊かな時間を過ごさせていただきました。
お貸しくださったAさん、本当にありがとうございます。



また、雑誌ですが、別の友人が貸して下さった「暮しの手帖 77号」

暮しの手帖77

こちらは、ギックリ腰後の安静時に一気読みしました。
やはり心に響く一文に出会い、来年の手帳が届いたら
書き込みたいと思っています。

「台湾ごはん」のページを参照に、台湾ごはんも作って
目だけでは無く味も愉しみました。

Tさん、貸して下さってありがとうございました。

素敵なご本、雑誌に出会えて、本当に嬉しいです。




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




7月の読書記録 ☆ そこに昭和がありました :: 2015/08/12(Wed)
8月ももう半ばですが・・
7月の読書記録をUP致します。

7月も1冊だけでした。


「父の詫び状」 / 向田邦子著


     父の詫び状3


里帰り時に、実家の本棚にあって、ドイツに持って来た一冊。
元々は誰の所有物(母?父?弟?)なのかも分からずに。母かな?

向田邦子さんの随筆集です。
向田邦子さんの著書はおろか、脚本を書かれたドラマさえそれと意識して拝見した事が無いのですが、
パラパラっとページを繰ってみて、美しい言葉が目に入りドイツへの帰国の荷物に入れました。

彼女の実体験を書かれていて、昭和の風景がそこにあり、私の子供時代の実家の食卓の風景がふっと
脳裏に浮かびました。

特に気に入った下りは、留守番電話にまつわるエピソード。
以下文章そのままでご紹介させて下さい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

十年間に間違い電話を含めてユニークなものも多かったが、私が一番好きなのは初老と思われ
る婦人からの声であった。
「名前を名乗る程の者ではございません」
品のいい物静かな声が、恐縮し切った調子でつづく。
「どうも私、間違って掛けてしまったようでございますが。――こういう場合、どうしたらよろし
いんでございましょうか」
小さな溜息と間があって、
「失礼致しました。ごめん下さいませ」
静かに受話器を置く音が入っていた。
たしなみというのはこういうことかと思った。この人の姿かたちや着ている物、どういう家庭
であろうかと電話の向こうの人をあれこれ想像してみたりした。お辞儀の綺麗な人に違いない思
った。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

言葉遣いだけでなく、息遣いまでも美しく思えてしまって。
「ごめん下さい」なんてもう何年も聞いていない言葉です。

それにしても・・上記は、文章は勿論の事、改行位置もそのままで転記したのに、縦書きの文章を読むのとは
何だか違う気がするのは面白いです。

さて、話は変わりますが、先日このブログで知り合ったAさんと初めてお会いしました。
何となく共通点が多くて気になっていた方だったので、お会いできて嬉しいだけでなく、以前私が書いた読書
記録の本のシリーズをお持ちだとの事で、ご親切にお貸しくださってこちらも嬉しくて
ダラけ気味の最近でしたが、気持ちを入れ替えて読書時間を確保して読みたいと思います。
Aさんありがとうございます!


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




5月の読書記録 ☆ 心にあかりが灯るような一冊 :: 2015/05/31(Sun)
産後3か月程経過して、やっとスキマ時間に読書ができるようになりました。
と言っても、1か月に1冊だけですが。



「すてきなあなたに よりぬき集」 / 暮しの手帖社


     すてきなあなたに


2012年11月に出産を控えた少し前、学生時代の友人が、雑誌「暮しの手帖」の年間購読を
プレゼントしてくれました。海外までの送料込みでの年間購読。
それまで、その雑誌は読んだことありませんでしたが、読んでみてとても気に入り、2か月に1回届く
雑誌が楽しみに。

5月に読んだ「すてきなあなたに」は、その中のコラムを集めた1冊です。

忙しい日々の中で忘れがちな何かを、フッと思い出させてくれる、また、新しい気付きをいただける、
そして、心にあかりが灯るような、そんなお話たちです。

一編1ページ前後の短いコラムたちなので、スキマ時間しか本を読めない身に嬉しいです。

忙しい日々に埋もれそうな時に、また本棚からそっと出してきて、お茶をいただきながら読みたいと思います。

さて、明日からまたどんな本を読もうかしら?

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

 





  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:6




11月の読書記録 ☆ 今月は玉石混淆 :: 2014/11/30(Sun)

さて、今月の読書記録です☆



「日本人のための世界史入門」 / 小谷野 敦著


     日本人の為の世界史入門

里帰りの時に確かBOOK OFFで買ったと思う。
「世界史を流れの中で掴みたい」と思ってレビューを確認せず即買いしたのですが・・

トリビア的な内容が多くて、入門編ではない。
あっちこっちに話飛び過ぎ。「そのトリビア、今必要ないよね?」的な部分多し。
入門者には不要な情報過多で「一体何が伝えたいのかしら・・?」。

正直、最後まで読めた事が自分でも不思議な程散漫な内容。
後からAmazonの読者レビューを覗いてみたら、案の定散々な結果でした(笑)

・・正直、お勧めしません。



「ローマ人の物語 終わりの始まり (上) 29」 / 塩野 七生著

     ローマ人の物語 29


何年か前にこの作品の第一巻から読み始めて、途中で休み休みでやっとローマ帝国の衰亡の始まりの部分に
たどり着きました。日本に居た時、時々テレビでローマ帝国を扱った番組を見てたのですが、「何故ローマ帝国は
滅亡したのか?」の問いに十分に答えてくれた物が無くて。(実際はあっても出会わなかっただけかも)

それと、笑われるかもしれませんが、この塩野七生さんのローマ通史は、自分的に大事な部分にはマーカーで
線を引いたりしています(笑)あとでパラパラッとページをめくって、すぐに目につくように。

今読んでいる30巻目では映画「グラディエーター」の主人公・マキシムスや、皇帝のモデルとなった人、映画と史実の
違いが述べられていて、読みごたえあります。

小説と違ってサラリと読み流さず、時にはちょっと戻って確認したり・・の作業もあるので、1冊読むのに時間が
かかりますが、色々な意味で好奇心を満たしてくれる作品です。

また、古代ローマの指導層の哲学が、現代社会・企業などの集合体を運営する際に通じそうな事でもあるので、
(私何を偉そうに言ってるんだ 苦笑)企業のトップにファンが多いのも大いに頷けます。

問題はどの皇帝がどんな事を成し遂げたのか後であんまり覚えていない・・という事でしょうか。
頭のメモリー容量小さいので(汗)


話は逸れますが、この通史を読んでいるとイギリス・BBCが製作したドラマ「ROME」をまた見たくなるんですよね。
夫と知り合う前に見たドラマですが、偶然夫もこのドラマのDVDを持っていて嬉しくなった思い出が。


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村








  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




10月の読書記録 ☆ 今月も池井戸潤氏 :: 2014/11/05(Wed)

10月の読書記録です。
と言っても、1冊だけですが・・
しかも大した感想文も書けない(汗)けど、あくまで私的記録という事で。



「ロスジェネの逆襲」 / 池井戸 潤著

ロスジェネの逆襲

先月から池井戸潤氏祭り、続いています(笑)
この人のストーリーって続きがすごく気になるし、サラリーマン世界の事を描いているので
身につまされる事も多いし(と言っても私は銀行出身ではありませんが。しかも今は働いて
ませんが)。とにかく一気にサラリと読めます。

読書時間として確保できるのは、昼食後保育園に居る娘をピックアップしにいく道中の
電車の中が主で、この時間ってすごく眠いんですよ。だからワクワクするような本でないと
寝落ちして、中途半端に寝ると起きた後が辛い(苦笑)
なので、寝落ちしない為にも池井戸氏の著書はうってつけ。


・・・さて、10月から読み始めてまだ読了していない本があり。
それは歴史の入門書的な本なのですが、これがまたあっちこっちに話が飛んで
(割とトリビア的な情報多し)、内容が散漫で私にはちょっと辛い・・
簡単に寝落ちしてしまうので中々読了できずに居ます。
でも80%読了していてあとほんの20%なので頑張って最後まで読みます。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ