+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




レアキャラ(弟)がやって来た! :: 2016/09/30(Fri)

我が家のレアキャラ・弟M。現在アジア某国で2度目の駐在中。
(我が家、って言っても、既に別世帯ですけど)

そんな彼が、水曜日から今日まで、2泊3日で休暇で一人で横浜の実家に来ていました。

前回会ったのはいつだったか・・
2年前の里帰り時だ。

確か日本出張を絡めて横浜の実家に来て、1~2泊くらいしただろうか。
長女とは面識があります。

日本に出張に来ても忙しくて実家までは来ないか、来ても滞在3-4時間程度だったり、
2年前の我々の里帰り時に来た時は、彼は友達とのアポが多くて殆ど実家に居なかったり。

普段弟と全然連絡を取り合ってないので、生きてるのか死んでるのかすら・・(苦笑)
別に仲が悪いわけではないんですけどね、お互い面倒で連絡取らず。便りが無いのは元気な知らせ的な。
会ってもそんなに沢山話す間柄でも無いんですけど、笑いのツボが似てるんですよね・・
あと、食の好みが笑えるほど似ています


水曜日の朝実家に着いて。
水木金と、用事で出かけたり、お昼寝したりの弟でしたが、在宅時は長女と初対面の次女と遊んでくれたり、
絵本を読んでくれたり。

滞在最終日の今日、夕方から母と私と子供達と近所の回転寿司へ。
途中で仕事帰りの夫も加わり、賑やかに夕食。お寿司屋への行きと帰りに、長女を抱っこしてくれたり。
お寿司屋の帰り道、オンケルM(Mおじさん=私の弟)に抱っこされて嬉しそうな長女を見て、
夫が「家族って感じでいいね」と。私は晩婚だったし、かつては子供も諦めかけてたので、こんな日が
やって来るとは・・。温かい気持ちになりました。

今週火曜日から暑さがぶり返した関東地方。
7月末の本帰国以来、色々キツイ事が重なって(苦笑)、体調を地味に崩してました。

3週間前から謎の咳が出る。

唇にヘルペスできる

唇がねばっこくなる(体調悪いとそうなります)

暑さにやられ、熱中症になる(今週水曜)←あれは多分、熱中症だと思う。

頭痛と吐き気続き、しんどい(今ココ)

今週は、保育園が運動会の準備で一時保育を殆ど受け入れていないので、家で子供達とずっと一緒で
かなりしんどかったのですが、通常の母サポートだけでなく、水曜日から弟にちょこちょこ見てもらったので
助かりました。弟の帰省のタイミングが良かった。

そうそう、弟は、姪っ子の洋服とか本とかボビーカーとか持ってきてくれて。
今夜の深夜便で某国に戻る弟。回転寿司ディナーの後、実家をチェックアウトしたのですが、残されたボビーカーを
見た長女が、「Mさん、ボビーカーわすれてるよ!」と。忘れ物じゃないし(苦笑)

年末年始に弟家族が全員で一時帰国するらしいので、義理の妹や姪っ子にも会えるのが楽しみです。
かつてはかなりおばバカだったので!(笑)

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. ■家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




バルト海と、江の島と。 :: 2016/09/25(Sun)

いつも読んで下さってありがとうございます。
そして、あたたかいコメントもありがとうございます。

先日いただいたコメント達に、コメント返しをする前に、次の日記を書かせていただきます。ごめんなさい。
追って、ゆっくりコメント返しを書かせていただきますね。

今日は、我々家族にとって、大切な日でした。

と言うのは、8月に亡くなった義理の父が、バルト海に散骨される日で。
海への散骨は、海と釣りと船(と車)をこよなく愛する義父の遺言です。

夫は死に目には立ち会えたけれども、お葬式には出られず、私と子供達も日本で冥福を祈るのみ。
散骨も距離が有りすぎてやはり立ち会えず、何か出来る事は・・と考え、我々4人も海に行く事に。

横浜の大桟橋か山下公園か江の島で・・と考えていて、でも予め予定を決めず、今朝「今日は海に行くよ」と
娘たちに話していたら、長女が「泳ぎたい!泳ぎたい!」と駄々をこねるので、急きょ江の島に行く事に。
お天気も悪くなく。

私的には、今日の趣旨は「義理の父を想う」部分にあったので、「えー泳ぐなんて。目的違う!」と
ブリブリでしたが。水着とか着替えとかタオルとかレジャーシートの準備が面倒というのも大いに有った(苦笑)

でもまぁ、私ももうちょっと柔軟性を持たないといけないな、と、急きょ海支度をして江の島へお出かけ。



次女、海をこわがって、
パパの腕の中でアンニュイになる(苦笑)

@江の島1

N江さんに業務連絡~。
いただいた可愛い水着、着せてます!
ありがとうございました♪



長女とわたくし

@江の島2

お腹出てるし、全体的に緊張感の無いカラダ、
という事に気付きました(汗)

そして、「できるかな」ののっぽさんみたいな帽子だ(笑)
↑お若い方には、「できるかなののっぽさん」って何?って感じでしょうね・・


今日、何気に暑かったし、日差しもあったので焼けました。

でも、海の向こうに、富士山の上の方が見えました!

海から上がりたがらない長女をなだめすかして海からあげて。

子供達には「今日、オパ(じいじ)はバルト海に旅立つんだよ。
バルト海は遠いけど、この海とつながってるから、ここから
お別れしようね」と説明。次女はまだ理解出来ないだろう。
長女は、どのくらい理解したのだろうか・・?

帰宅して、夫から聞いたのですが。
夫が家で義理の父を想い、少し泣いたらしい。
それを見た長女が、「海のずっと向こうに行けば、オパに
会えるよ。だから泣かないで」みたいな事を言ったとか。
じーんと来てしまいました。


帰りに、江の島の和菓子屋さんで、焼き立てみたらし団子を

みたらし@江の島

焼き立て、美味し。

それにしても・・江の島の参道?メインストリート?激混み。
参道入口近辺、スマホ持って立ち止まったり歩いたりしている人
多くて・・ポケモンGOでもやってるの!?




春に前立腺癌と診断され、特に夏になってからあっという間に悪化し、義父は旅立ちました。
本人の希望で、積極的な治療や延命措置は行わず、自宅で家族に見守られながらの安らかな旅立ちで。

私と娘たちは本帰国した直後だったので行けませんでしたが、夫は、義父が亡くなる数時間前に実家に到着。
ギリギリ間に合いました。夫の姉達・妹も立ち会ったそうです。
(この、積極的な治療や延命措置を希望しない事については、義父はきちんと書面で残していたそうです)

義父は医師なので、自分の仕事を通して患者さんを診てきた中で、治療や延命措置について
思う所があったのでしょう。

最初は私も「何故入院しないの?」と思いましたが、私自身が義父くらいの年齢になってそのようになった時、
積極的な治療や延命措置はやはり望まない方なので(色々な考え方があると思いますが)、義父の容態や
環境を聞いて、あらためて考えさせられました。

そして、夫とも、希望を話し合い、確認し合いました。
自分の母にも「自分の希望について、エンディングノートという物があるらしいから、書いておいて欲しい」と
お願いし。母は、「役所で既にもらって、少し書いてある」と言ってました

ちなみに、義父の遺言の一つ。

葬儀に際して、献花など無用。
その分のお金で、海難事故の救助団体に寄付して下さい。

・・最後の最後まで、義父らしいと思いました。

と、ちょっとしんみりな内容なので、日常ネタを。

今日、スーパーで目にしたマンダリン。

アラフォーマンダリンって何?って一瞬(笑)

アラフォーみかん

そのまま通り過ぎる事が出来なくて、連れて帰りましたw



今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





  1. ■家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




なんてコトをやっちまったんだ!! :: 2015/12/12(Sat)

ええっと、何度かブログに書いてきましたが、私の夫(殆ど日本人化してきたドイツ人)は、ロマン派です。
(ロマン派→ロマンチスト)

しかし・・そんな夫の事を忘れて、ワタクシ、やってはいけない事をやっちまったんですよね。

先週の火曜日は、夫の誕生日でして。
事前に、夫は「誕生日の記念にどこか食べに行きたいなー」と言っており。

平日は夫は朝から夕方まで働いてるし、夜は子供の世話・寝かしつけでバッタバタなので現実的に
平日お祝いに出かける事は不可能。なので、「その週末の日曜日にでも、夫のお気に入りのカフェでお祝いする」
とか何となく考えて。

当日火曜日は、あろうことか私の寝坊で、朝、夫と二人の乳幼児を送り出すのにてんてこ舞い。
「お誕生日おめでとう」の一言すら言えず(と言うか、忘れてた 汗)、送り出した後に気付いて
LINEで夫に「おめでとう」と送って。

言い訳になりますが、その前週は次女が発熱し、ほぼ1週間保育園を休み。
夜中の次女のクライ・アンド・シャウト(ギャン泣き)&のたうちまわり1時間コースで私も廃人に近い状態。

翌週(夫の誕生日週)は私の咳が酷く(熱は無かった)、やっぱり廃人に近い状態(笑)。
で、誕生日を過ぎた頃から、夫の態度が何だか冷たい。

プレゼントは、今年の春にすでに先取りで、その時夫が欲しがっていたティー・ポットをあげてました。
(その時の記事はコチラです→

「もしかして、ティー・ポットを先取りで上げてた事を忘れてて、『プレゼントが無い』って拗ねてるのかな・・?」と
不安になり。慌てて金曜日に近所のお気に入りのカフェでケーキをテイクアウトして、夜に「遅くなったけど、
お誕生日おめでとう♪」と、娘達と、来独中の母と、お祝いしました。

その時に、「プレゼントはティー・ポットを既にあげてるから、今日は無いけど・・」と一応伝えたら、「勿論
憶えているよ。でも、全然(ケーキなどの)お祝いが無くてさびしかった・・」みたいな事を言われ。

そうだ、夫はロマン派だったんだ!(ってか、ロマンチストじゃなくても、この扱いは酷い!?)。
そんな夫に、なんてコトをやっちまったんだ!

と後悔と自責の念の嵐(汗)

来年はしっかりお祝いします・・。(汗汗汗)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. ■家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




そして母は帰って行った :: 2015/12/07(Mon)

10月末にギックリ腰になり、その1週間後に家事・育児サポートに日本から来ていた母。
先週末、一か月の奴隷生活滞在を終えて日本に帰って行きました

手前味噌なのですが、この人がまたよく働く、働くw

家事と育児のサポートで来て貰っていたのですが、頼んでいない庭掃除などもガンガンにこなして。
その進みっぷりたるや、ブルドーザーのごとく(笑)

うちは、夫の希望で庭付きの賃貸。
庭が無駄に広く、家の中が狭い(苦笑)

母が来た11月上旬は、落ち葉がかなり積もっていて、これが母のヤル気スイッチを入れた模様(笑)
最初は、「いいよ、庭はやらなくて。家事と子供の世話だけやってもらえれば」と言っていた私も、落ち葉
入れる袋が無くなるやいなやドラッグストアに夫を走らせ、ごみ袋をゲット。

結局滞在中、120リットル袋20袋弱分の落ち葉を集めて。



120リットルの袋はこんな大きさです。

120リットル



庭仕事Before

庭 Before



庭仕事After

After

落ち葉が消えてる!

生垣(オレンジの線)の向こうが共有地なのですが、
母はこの共有地の落ち葉のたまりっぷりも気になるようで、
掃除しようとしたり。(共有地の落ち葉は、大家さん手配の
業者さんが掃除に来てくれるので、住人による掃除は不要)

結婚して私の父に嫁いでから、厳しい姑と一緒に暮らした
からか、「向こう三軒両隣」精神で、どうしても「向こうも
何とかしたかった模様。

ちなみに、隣家の枯れ木も気になったようで、それも
見てはムズムズしていました

父さん、働き者の嫁さんもらってよかったね

家事・育児は空気を読んで色々進んでやってくれたし、中々取れなかった
汚れも重曹を使って落としてくれたり。

お蔭で私の腰の具合もあっという間に良くなり、和食も食べられて幸せ。
娘達も「ばぁば」と触れ合えたし、良かったです。

唯一の心残り。夫が言ってたのですが、「オカアサンとゆっくりお話しする
時間が無かった」。夫が仕事から帰宅してから、子供を(一日おきですが)
お風呂に入れたり、夕飯をあげたり、寝かしつけたりでバタバタ。
娘が寝た後、母に早めに休んでもらってたので、全然ゆっくり話せなく。

しかし・・将来、娘たちが大きくなった後、こんな風に娘達をサポートして
あげられるのだろうか?今回私が母にSOSを出したのは43歳の時。
長女が43歳の時SOSを出される場合、私は83歳。健康でないだろうし、
そもそも生きているかすらも不明(苦笑)

でも、いつか娘たちにSOSを出された時に、元気で居られるように、
健康で居られるように、夫婦ともども気を付けなければ。

それにしても、働き者の母から、どうして私みたいなぐうたらな娘が
生まれたんだろう?最大のナゾ(笑)




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. ■家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




そういば、夫は外国人だったんだ :: 2015/10/14(Wed)

夫(ドイツ男子)と私の会話は日本語です。

ドイツが嫌いで日本LOVEな夫は、中身も日本人化してきている事も有り、私の中でもついつい夫がドイツ人と
言う事を忘れがちで(苦笑)

先日、夫と冬支度について話していて。


私: 私の冬服が少なくて、何か少し厚めのセーターなど買いたいと思ってる

夫: そうだよ、ikebowが持っている服は薄い服ばかりだもんね。
   「最高の離婚」の真木よう子が着てたようなセーターがいいんじゃない?

私: そうだね、あのドラマの真木よう子さんが着てた服、素敵だったね。

・・・って、日本人同士のようなスムーズな話をした後、夫の顔を見て
「あ! そう言えば夫って外国人だったんだっけ?(=日本人じゃない)」と久し振りに気付き。

ちなみに、ミュンヘンの友人Tさんも、夫の事を「私の中では日本人のカテゴリー」って言ってたな(笑)



夫の手料理。ふろふき大根です(笑)

夫のふろふき

ウチの子供たちにとって、「おふくろの味」が実は
「パパの味」だったりする・・



さ、今日はこれから冬物のセーターを探しに行ってきます~♪


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆


↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. ■家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ