+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ヘトヘトに疲れた、ICEの旅。現在廃人状態(苦笑) :: 2016/04/03(Sun)
夫抜き2週間帰省@義実家から、昨夜ミュンヘンの自宅に戻りましたーーー。

滞在中は、このブログを読んで下さっている方から励ましや、労わり、癒しのコメント・メッセージを頂戴し、
本当にありがとうございました。いただいたコメントには、明日子供達を保育園にブチこんで送り出してから
ゆっくりレスをしたためさせていただきます。

金曜日の夜にフランクフルト便で夫、義実家に到着。
土曜日の夕方に、夫・私・子供達とマンハイム発のICE特急に乗り込み。

義実家からは義父が車でマンハイム駅まで送ってくれたのですが、駅近くでまさかの渋滞にハマり、
ギリギリに駅に到着。駐車場から夫・私・義父と荷物・子供を分担して運び、ホームに走り、ギリギリセーフ。

何とかICEに乗り込んで、ホッ

今回、往復共にICEの「Familienbereich」と言うエリア内の座席を予約。
「Familienbereich」とは、私の勝手な意訳ですが「家族連れエリア」みたいな意味合い。

事前に、DB(ドイツ鉄道)のホームページで見て、「子供連ればかりだったら中々良さそう!」とかなり
期待して乗り込んだのですが、乗ってみてビックリ、タダの普通の車両。しかも、子供連ればかりではなく、
普通の一人旅・2人旅の人もかなり多くて。

マンハイム⇔ミュンヘン間は約3時間の旅なのですが、帰路は人身事故か何かで1時間の遅延(涙)をし、
合計4時間の旅。この遅延分の最後の一時間で次女がぐずりまくり、ギャン泣きエンドレス・・・。

夫と交代で抱っこして、車両と車両の連結部分の人が居ない所で歩かせたり、隣の車両の売店がある車両で
窓の外を見せたり(立ち飲みで景色を見ながらくつろげるような設計になっている)、なだめすかしたり接待
しまくりで、もうグッタリです。同じ車両のオジサマから白い目で見られたりだったので。

どうもこのFamilienbereichは、該当車両全部が家族連れ対象というワケではなく、車両の一部分だけの模様。
しかも、Familienbereich部分の窓枠上にちょっとしたあまり目立たない「Familienbereichです」ステッカーが
貼ってあるのみでそれ以外の人には、特にアピールしていない。


こんなステッカーです。

ステッカー

高さ15センチ弱くらい?




どうせだったら、徹底して1車両を家族連れだけに絞って欲しい・・と思うのは、ワガママでしょうか?
その方が静かに過ごしたい人、子供が居る人にとって、お互いの為だと思うのですが・・。
「子連れだから煩くてもしかたがないでしょ」と居直っているワケではありません。

さて、そんなボヤきはともかく。


夫が日本から買って来たどら焼きを旅のお供に

旅のおやつ

正式なお菓子名は「おやき」ですが、まぁどら焼きです(笑)

THERMOSにはほうじ茶を淹れて。

夫とゆっくり食べたい・・
と思ってはいたのですが、まぁ無理でした(笑)
夫は長女(3歳)の接待、私は次女の接待。
途中交代したりでしたが、歩く楽しさを覚えた次女が
大人しくするワケがありません。

流し込むようにどら焼き一気食い(苦笑)

同じく、夫が日本から買って来た雑誌「VERY」も読みたかった
のですが、1ページも読めなかった(というか、手に取る事すら
できなかった)のも言わずもがな(涙)

音楽聞いたり、パソコン見たり読書したりの優雅な他の
乗客がとても眩しく見えました・・・マジ羨ましい



売店で、子供向けプレゼントをいただいて。

DBのプレゼント

以前、他の方のブログで、子供がプレゼントをいただける、と拝読した
記憶があり、でも詳しくは分からず。今回、次女を抱っこして車内を徘徊中、
車内売店近くにいらした車掌さんに勇気を出して訊いてみた所、
「ああ、あれね」と、売店のお兄様に「子供ちゃん用のプレゼント、出して頂戴」と
言って下さって、売店のお兄様が下さいました。図々しくも「もう一人子供が
居るので、もう一つ・・」とお願いして、無事に2個ゲット!!


そうそう、今回の1時間の遅延に際して、
何と、運賃の25パーセントが払い戻しされるそうです。

車掌さんが各乗客にこんなの配ってました。

DB遅延

赤丸部分、「60分以上の遅延」のボックスにスタンプが押されていて。
この書類の必要事項に記入して、添付の封筒で返送すると、
返金されるそうです。嬉しい・・。
でも、最後の1時間の次女のギャン泣き、辛かった(苦笑)



しかし・・チビ連れの旅は体力勝負ですね。
夜10時過ぎに自宅に到着し、荷解きせず半死状態でベッドへ。
疲れの理由は4時間の旅だけでなく、夫は出張疲れ、私は勝手が違う人のお宅で合宿してたから、と言うのもあります

時差ボケで翌朝、早くに起床した夫が、日本から持って来たお米でご飯を炊いておいてくれて嬉しかった(涙)
2・3日は廃人状態が続きそうです(苦笑)

今日もお付き合いいただき、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




母娘で色々やらかしてます @ 夫実家 :: 2016/03/23(Wed)
色々事情があり、夫抜きで私・娘二人と、夫の実家に、日曜日から短期語学留学(?)してます。
(そのいきさつはコチラです→

4日目の今日、娘共々色々やらかしてしまいました(汗)


★母(私)、義母のワイングラスを破壊

ダイニングのサイドボードにディスプレイされていた、切子みたいな美しいグラスに手をぶつけてしまい、
なぎ倒して割ってしまいました。ギャー

散歩から戻った義母に、「お母さん、ごめんなさい、やらかしてしまいました。泣かないで聞いてね」と
前置きしてカミングアウト。「こういうのは壊れる物だから仕方がない」とアッサリ許して貰えました(汗)
思い切り肝を冷やしましたYO

去年、バケーション先のデンマークで(多分フリマで)買ったそうです。
彫りが美しくて、多分ちょっとアンティークな感じの物。

前も夫実家で、シャワーの栓か取っ手みたいなのを破壊してしまった前科があり、多分既に
「要注意人物」認定されているかと。


★長女、壁に落書き(白目)

食後に義母と話していたら、長女(3歳)の所から「ガリガリ」と音が。
何かと思ったら、白い壁に鉛筆で落書きしてるーーーー!!!(白目)
ミュンヘンの自宅ではそんな事した事ないのに。
基本的に、落書き用の紙にしか描かせないようにして、あまり問題無くやってきたので。余計にビックリ。
あまりにビックリして、めちゃめちゃ叱ってしまい、長女がすごく落ち込んで。

義母が「いいよいいよ、大丈夫。消しゴムで落とせるから」とすぐに消しゴムで消そうとしてくれたのですが、
あまり落ちない(汗)。スポンジを持ってきて、「これで落ちるから」と長女を慰めてくれたのですが、それでも
落ちず(白目)


あーーーー色々疲れるぅ・・・。
普段保育園に行っている娘達とベッタリ一緒、夫抜き。

使わせてもらっている寝室と、子供用便座を置いてあるトイレのある2階、キッチン・リビング・ダイニングのある1階、
洗濯物を干すボイラー室のある地下を行ったり来たりで、普段「狭いーー」と文句タラタラのミュンヘンの自宅が
「何て楽なんだろう!」と(笑)

しかも、ちょっと移動しようにも、漏れなく二人の娘が付いて来て常に家庭内民族大移動状態。
次女は抱っこしないといけないし、後追いが激しすぎて、義父・義母に「ちょっとみててもらえますか?」って
言えない。長女は預けられるのですが、次女が常にだっこちゃん状態。

夫2週間の出張中のギックリ腰の再発リスクが怖くて夫実家に避難してるわけですが、むしろ余計に
ギックリ腰リスクが高まってる、と言う・・(苦笑)

家は狭いのに限るな。


義母が用意したカゴ

カゴ

キッチンの一角に置いてあります。
メモには、「ikebowの食料品」と書かれていて。


中には、私が持参した&実家近くのスーパーで入手した
食料品・離乳食などをIN

Lebensmittel

インスタントみそ汁とか、ほうじ茶パックとか海苔とか。



次女、ブランコを愉しむ、の図。

次女@ブランコ

ブランコに、娘たちを交代で乗せるのですが、
その度に子供を抱き上げたり降ろしたりで、
ギックリ腰再発リスクが絶賛うなぎ上り中(苦笑)


またまた次女

次女 in 庭

もう、お花の咲く季節になったんですね。




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




3年目のBauernmarktで、やっと。 :: 2014/09/23(Tue)

今回の帰省で楽しみだったイベント。
それは、この時期毎回そのエリアで開かれるBauernmarkt(農家市場祭り?)でのそぞろ歩き。

このエリアであるPfalz(ファルツ)地方の農家のお店テントが一堂に会します。




シュパイヤーという町の目抜き通り。

BM2014

一番奥の大聖堂(世界遺産)の前の広場まで、テントがずっと。



ソーセージ・サラミのスタンド

BM2014

義母はここで、Feuerwurstというサラミを1本購入。
英語で言うファイヤーソーセージ?
火のように辛い・・辛い物好きの私の夫へのお土産だそうです。

ミュンヘンに持ち帰り早速いただいたら、辛いけどどちらかと
言えば、胡椒のピりりとした辛さで、火を噴くほどではない。
美味しかったです♪



きのこハンバーグをつっつく

BM2014

きのこスタンドがあって、そこでキノコのお料理を
出しているんです。本当はキノコのソテーみたいなのを
食べたかったのですが、一人分の量が多くて、「ちょっと
ムリかな・・」と思い、ハンバーグをいただいてみました。
これも美味しかった。来年はもっとお腹を空かせて
ソテーを食べてみたい



お花屋さんスタンド

BM2014-4

お花とか、リースとか



何故かドイツで幅を利かせているカボチャの一種、
「HOKKAIDOカボチャ」

bM2014-5



お次は、ワッフルを買ってパクつく

BM2014-6

焼き立てであー幸せ
甘すぎないのもツボです。



ゴールの大聖堂まで、あとちょっと

BM2014-7

↓(矢印)の、肩車されているのは、娘です。
義姉がずっと娘を見ていてくれたので、私は
買い食いに集中できました(笑)



ワインスタンドの、ぶどうジュース

BM2014-8

甘かった・・

本当はこの時期の物である、Federweisser(発酵途中のワイン)を
いただきたかったのですが、妊娠中なのでグッとガマン(涙)



ジャガイモマン(?)

BM2014-9

胸の部分に「Grumbeeren」と書かれていて。
ファルツの言葉で「ジャガイモ」の意味だそうです。
(通常ドイツでジャガイモはKartoffelnと言います)

これは夫が調べたところ、元々は「Grundbirne」と
言われていたそうで、直訳すると「土の梨」の意味だそう。



ミュンヘンへのお土産♪

BM2014-10

左は、ファイイヤーサラミ(笑)
右は、2年前にこのマルクトのチーズスタンドで買ったチーズと同じもの。
2年前、美味しかったので名前うろ覚えでしたが探して買いました。



フェルトのヘアクリップ

BM2014-11

フェルトのアクセサリースタンドで。
2年前から「欲しいなぁ」と狙っていて。
1個は娘用、もう1個は来年生まれる娘用。



このマルクトは、2年前に初めて行きました。
屋台の食べ物、美味しそうだなぁ・・とガン見してましたが、
実家で食事をたっぷりいただいた直後だったので、何も
食べずに指を加えて見てただけ・・
しかも妊娠中で発酵途中のワインもガマンだったし。

去年は「今年こそは!食べたい物食べて、ワインも
呑むのだ!」と張り切って出かけたけど、すぐに大雨が
降り出してきてすぐに退散・・

2年連続空振りでして(涙)
今年も「今年こそ!」と。
妊娠中なのでワインはまたガマンでしたが、
屋台の物を食べられて、大満足。

2年前から気になっていたパンスタンド(そこに釜を置いて
焼いている)の焼き立てパンも食べたかったけど、
ハンバーグとワッフルでおなかパンパンになってしまい、
それは来年へ持越しする事に。
お腹も大きくなってきて胃が圧迫されているせいか
すぐに膨満感を感じてしまう。
・・来年こそは!(笑)




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


















  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




義実家での過ごし方(6日間) :: 2014/09/21(Sun)
今日、6日間の義実家里帰りを終え、オクトーバーフェストで人口の増したミュンヘンに戻ってきました。
中央駅前は、民族衣装を着た酔っ払い老若男女で溢れてましたw

さて、どういう風に夫抜きで義実家で過ごして来たかと言うと・・

1日目 移動(ミュンヘン→実家)、散歩
2日目 動物園、映画館で映画鑑賞(フランスのコメディー)
3日目 叔母宅訪問
4日目 夫友人夫婦宅訪問、子供用品のフリーマーケットで買い物
5日目 Bauernmarkt(農家の市場祭り?)そぞろ歩き
6日目 移動(実家→ミュンヘン)

・・大体こんな感じでした。

毎日毎日、義両親や近所に住む義叔母や義姉が、私のドイツ語レベルを上げようと根気強く話し相手になって
くれたり、かわるがわる娘を散歩に連れ出してくれたり。娘も沢山遊んでもらって満足そうでした。
ホント、有り難いです。



帰省は、特急(ICE)を使ってドアtoドアで4時間程

ICE KA

今回、ラッキーな事に往復共にKinderabteil(子供部屋)の予約が取れました。
でも、往路のKinderabteilはいままで使ったKinderabteilと形式が違い。
今回はかつてヨーロッパで良く見かけたような6人がけ個室。
今までの形式と違い、荷物を床に置く場所が無い。

平日だった為、道中の殆どは我々二人のみで、リラックスできました。


個室内の設備をくまなく調査する娘

ICE KA2

帰路は、これまた今までと違う、8人掛けの大き目のKinderabteil。
ベビーカーも2台分置く場所がある余裕の広さ。
日曜日だったため、8人部屋も満席で。
子供同志でおやつを交換したり、それはそれで楽しかったです(笑)

今回の夫抜き娘との旅、想像してたよりは楽でした。




先ほどミュンヘンのアパートに着いて、久しぶりにお味噌汁を味わい(インスタントですが)
お箸を持つのも久し振りな事に気づきました(笑)

今夜は、夫が親子丼を作ってくれるらしいので味わっていただこうと思います。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




義実家で栄養補給 :: 2014/09/20(Sat)

只今、義実家に帰省していて、栄養補給させてもらってます。
今日は、義実家で食べたもののキロクを



帰省前から義父にリクエストしてた、サーモンのパテ

義父のサーモンパテ

私一人で3日くらいで平らげました。


断面はこんな感じ

サーモンパテ断面

海老も入ってます。

義父にリクエストすると喜んで作ってくれるのですが、
義父もトシだからずっと生きているわけじゃないし、
そろそろ作り方教えて貰おうかな・・



ここからは義母のお料理

サーモンのオランデーゼソース

サーモンのオランデーゼソース

オランデーゼソースは、ホワイトアスパラガスの合わせとして
知られているようですが、義母はこれをアレンジしてサーモンに
あわせています。サーモンに味が無いので、このソースに
お魚の出汁と、魚料理に合うハーブ・ディルを加えて。
義父はこれを「オランデーゼソース フラウT(T婦人)風」と
呼んでいました。Tは夫の名字の頭文字です。

にしても義母自身は魚が嫌いで食べないのに、色々考えて
美味しいお魚料理を作ってくれる。尊敬してます。



グヤーシュ(ハンガリー風シチュゥ)。
Nockerln(すいとん?)を付け合せに

義母のグヤーシュ

「先日ウィーンで食べたグヤーシュとすいとんが美味しかった」と
義母に話したら、作ってくれました。すいとん、いくらでも食べられます。
えぇ、勿論胃袋が重くなります・・これ、絶対に太るな。でも止まらない。

実家近所に住んでいる一番上の姉は、我々帰省中いつも顔を出して
くれ、予定が合えば一緒にご飯を食べてきます。でも、最近ダイエット中で
(最近17キロ減量したらしい)、ダイエットを理由に「ごめんね。家で
もっと軽い物作って食べてくるわ」と。残念・・
「Nockerlnは炭水化物だから、絶対にNGなの」と。

・・とまぁ他にも写真は撮ってないのですが、義母がササッとこしらえて
くれるお料理が美味しくて(義母にはチキンスープをお願いして作って
もらいました)、和食恋しい気持ちに苛まれる事は今回あまり無かったな・・

でも、ミュンヘンに帰ったら、まず和食を食べたいと思います(笑)


やっぱりアジア人だね(笑)
にしても、体重計に久しぶりに乗るのが怖いなぁ・・

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村







  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ