+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ウィーン旅 ☆ 夫婦の役割 @ 子連れ美術館 :: 2014/09/14(Sun)

(注)始めにお断りしておきますが、文中若干下ネタ気味な文章があります。
ソレ系の話題が苦手な方は、今日の日記は完全スルーをお願い申し上げます。


                                        


さて、ウィーン旅、限られた時間ながらも美術館へお邪魔してきました。

お邪魔したのは、2館。

☆美術史美術館
☆分離派館



私は今回、クリムトをじっくり堪能したく、分離派館とあともう1つ他の美術館をどこかで・・と思ってたのですが、
夫が美術史美術館に行きたいようで、夫と別行動しても良かったのですが、「じゃぁ娘はどうするの?」って
言う問題が出てくるため、何となく美術史美術館へ行ってしまいました(笑)ってか、過去に3回も行ってるのに・・

ウィーン、とにかく行きたい美術館が多すぎて魅惑的すぎますw
やっぱり3泊4日、内1日は結婚式、子連れだと時間と体力が全然足りませんね(汗)



美術史美術館のエントランスホール

美術史美術館エントランス

美術館の後予定があったので、鑑賞時間は正味1時間。
入場料14€で1時間か・・とちょっと惜しいような気もしましたが、
ここのエントランスから大階段を望む空間が荘厳で・・
あのエントランス・ホールに立てただけでも入場料14€を
払った甲斐があったかと(笑)



ラファエロ好きな夫は、この絵の前でうっとり。

ラファエロ@美術史美術館

娘がグズリだし、ブリューゲルの部屋で娘にアンパンマンの
動画を見せて。その間に夫はブリューゲルを鑑賞。
ソファーがあちこちにあるので助かる♪

ちょうど日本人団体客も鑑賞中で、ガイドさんの説明を
さりげなくガッツリ聴きながらソファーで私もちゃっかり鑑賞。

その間夫はデューラーの作品を鑑賞しに行ってました。



気付かず通り過ぎてしまった吹き抜けのクリムトの作品(汗)

クリムト@美術史美術館

夫が「娘をみているからゆっくり鑑賞してね」と。
うっとり・・・。

やっぱりハプスブルグ家のおひざ元とあり、ベラスケスの
作品も堪能しておきたかったのですが、ここで時間切れ・・
泣く泣く美術館を後にしました(涙)

収蔵作品、建物共に素晴らしく。
夫と「ミュンヘンのアルテ・ピナコテーク(絵画館)も良いと
思ってたけど、レベルが違ってたね」と。
井の中の蛙だったかと(苦笑)

ちょっと話は逸れるし、若干下ネタ入るので小さ目の文字で書きますが・・
23年前に初めてウィーン・美術史美術館を訪れた時の事。
絵画では無くある宝物を鑑賞していてウットリしていたら、気づいたら隣に
ピッタリと男の人が立っていて。良く見たら、自分のものに赤い紐を巻き
つけて引っ張って遊んでいたんです・・。

ウブだった私は腰を抜かさんばかりに驚いて、アワアワしながら
別室で鑑賞中の友達に息も切れ切れにすがりつき、先ほどの
宝物の方角を指差して言葉にならない言葉を発し。
↑「ИД÷яфю§Ψ!!!」って感じで。

何とか状況を説明し、冷静な友人は「自分のも宝物と思って展示
したかったんじゃない?」と(爆)

・・まぁそんな青春の(?)思い出のある場所でもあります。




さて、翌日は分離派館へ。
クリムトのベートーベン・フリーズが有名。

分離派館

ここはハコが小さく展示作品も少ないのですが、
この建物が好きで。クリムトも見たいし・・という事で
ウィーンを発つ朝、10時の開館ちょっと前に伺ったの
ですが、開館したのは10時10分近く。日本じゃあり得ないな・・(笑)

残念だった事に、模様替えか何かの作業の為、
鑑賞できるのはベートーベン・フリーズのみで(涙)
入場料は割引料金で5€。

鑑賞している間、夫が娘の世話を。
印籠のアンパンマンの動画を見せるとおとなしくなりますw

夫婦で、こうやってお互い好きな物を見る時は
その相方が娘の世話・・という役割分担。




まぁ、やっぱり子連れ美術館はちょっと辛いですね。勿論、他の鑑賞客のお邪魔にならないよう最大限気を付けてます。
将来、娘が「私、〇×美術館の▲▽の作品を見たいからパパ、ママ一緒に行かない?」とか言うようになって
一緒に鑑賞できたら嬉しいな・・

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
  1. オーストリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ウィーン旅 ☆ オーストリア料理は本当にドイツ料理より美味しいのか? :: 2014/09/13(Sat)
ウィーン旅、食レポートです。
と言っても、外食回数そんなに多く無かったですが・・

夫は元々「オーストリアの料理は、ドイツのより美味しい」と言ってたので、夫がすごく楽しみにしていて、
特に「シュニッツェルとグヤーシュは絶対!」と。
シュニッツェルは薄いお肉のカツレツ、グヤーシュはハンガリーの煮込み料理です。

私からすれば、オーストリア料理もドイツ料理も変わらないようなイメージがあるのですがw
だって素材は肉とポテトばかり・・でも、夫曰く「オーストリア人の方が味にうるさい」との事で。



旅1日目、ホテルチェックイン後すぐに
レストランにランチをいただきに

ホテル近所でランチ

夫が同僚から「シュニッツェルのすごく美味しいレストランがある」と訊き、
ホテルのフロントの女性にそのシュニッツェルレストランについて
評判を訊いた所、「同じようなレベルの美味しさで、安めのレストラン
がこの近所にあるよ。ちなみにお客様がおっしゃるレストランは
いつも混んでいて予約が絶対必要」と。

で、「同じレベルと安いのであれば・・」という事で、フロントの
人から聞いたレストランに行ってみました。

ガラガラに空いていたので不安だったけど、美味しかった・・
油っこいものは苦手なので、「一口だけちょうだい」と言って
たのですが、美味しくて一口以上いただきました(笑)
シュニッツェル、意外に嫌いじゃない←上から目線?



こちらはグヤーシュ。すいとんみたいなのが一緒に。

ホテル近所でランチ2

これも美味しかった。すいとんも合いますね。

で、夫の性格上、同僚から聞いたレストランも絶対に
諦めないだろうなぁ・・と思っていたら、案の定後日
赴こうと電話したら、「満席で予約は受け付けられ
ません」と。今日とか明日とか希望日を特に言って
ないのに、アッサリ断られたそうで、本当に混んで
いるらしい。

で、それでも諦めきれない夫は(笑)、予約なしで
お店まで行った所、本当に混み混みだったそうで。
私はそこまでシュニッツェルに執着ないので、その
頃部屋で休んでましたw



さて、お次はナッシュマルクトのレストラン

ナッシュマルクトレストラン2

お店の雰囲気がカワイイ

20年ほど前にナッシュマルクトに行った時の記憶では
ナッシュマルクトは屋台がひしめくマルクト(市場)って
いう雰囲気の場所だったのですが、今回行ってみたら
屋台じゃなくてレストランがひしめいていて。

20年前にナッシュマルクトと思って行った場所は
ナッシュマルクトって名前じゃなかったのかな?

それとも20年経過して、スタイル変わったのかしら?
謎・・多分前者だろうなぁ。



ここでもシュニッツェル(奥)とグヤーシュをオーダー

レストランん@ナッシュマルクト

夫は「グヤーシュ美味しい・・」と言ってましたが、
私にはちょっと塩味がキツかったな。
でもすいとんは合う♪



それと、ドイツで言うFederweisser(フェーダーヴァイサー)を。
発酵途中のワインです。

fw

ウイーンの屋台やレストランでよく「Sturm 1/4l  2.8€」
のような張り紙を見かけて、「Sturmって何だろうね?」と
夫と話していました。で、このレストランにも、別枠で
メニュー表示があり、ウェイターさんに「Sturmって何?」と
訊いた所、「Federweisserだよ」と教えて下さって。

この季節の物だし、「飲もうよ」という事でオーダー。
私は妊婦なので我慢・・と思ったのですが、これ大好物
なので我慢できず、夫のグラスから1口、2口・・5口・・と
呑んでしまいました(笑)

ぶどうジュースのようなのどごしです♪



・・で、ワタクシ、気づいたのですが、シュニッツェルもグヤーシュもドイツで食べた事、無い。
なので、オーストリアでのお食事は本当にドイツのお食事より格別に美味しいのか分からずじまい・・
いえ、おしなべて美味しかったのですけど、外食回数が少なかったので。
旅行中、米が恋しくて、2回炒飯をデリでテイクアウトしたりもしたし←やっぱりアジア人だなー。

でも、やっぱり思うのは、「素材はドイツとそんなに変わらないじゃん?」って事です(笑)
基本的に肉肉ポテト肉肉ポテト・・野菜と言えばサラダで、キュウリ、トマト、パプリカとかだし。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. オーストリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




ウィーン旅 ☆ 勝手に老舗カフェ対決 DEMEL 対 CENTRAL :: 2014/09/11(Thu)

ウィーン旅、続きます。

今回結婚式の他に楽しみだったのは、カフェ巡り。
時間的な制約があり、結局2軒しか伺えなかったのが残念ですが、老舗カフェ2軒を経験する事が出来ました。

☆カフェ CENTRAL(ツェントラール)
☆お菓子屋 DEMEL(デーメル)

行く前、「両方とも観光客の方が多いのでは?できれば地元の人が通うこじんまりしたカフェに行ってみたい・・」と
私は話していましたが、夫の希望で有名どころ2軒に(汗)
夫は他にも「ザッハーホテルで名物・ザッハートルテを食べたい」とも言ってましたが、私は過去にいただいた事があり、
甘すぎて好きでないのでッサリと却下しました(笑)




まずはカフェ CENTRALから

CZ1

優美な曲線を描いてます。
ちなみに左下のおじさんは人形です(笑)



おケイクのショーウィンドー
ドイツで見かける素朴すぎるケーキと違ってこちらも優美

CZ2



ウィーン名物、カフェメランジェ
(夫がオーダー)

CZ4

私も是非いただきたかったのだけど、時すでに午後4時過ぎ。
この時間にカフェインを摂取すると夜眠れなくなるのがお約束
なので、ここはグッと我慢でルイボスティーを・・。



夫と二人、ケーキ3個オーダーがお約束

CZ5

甘い物激LOVEな夫は、ケーキも殆どの場合必ず2個オーダー。
対して私は甘い物1口食べただけで、すぐギブアップ。

いつもは私はケーキをオーダーしないで、夫のケーキ2個から
一口ずつもらってもうそれでヨシ・・という感じなのですが、
せっかく来たから、とさっぱり目のを1個オーダー。

で、結論から言うと、観光客多目でした(自分もそうだけど 笑)
でも、空間、ケーキ、お茶、ウエイターの接客含めてすべて
良かったです。



さて、お次はDEMELへ。

DML1

王宮のすぐ近く。



ケーキは勿論3個オーダー(笑)

DEL2


DML5

私は上の写真の下部のパンプディングみたいなケーキを。
確か前々回ウィーンに来た時も、この手のケーキか
アプフェルシュトゥルーデルばかり食べていた気がする・・
夫が必ずオーダーするようなチョコタップリケーキは無理(笑)

夫曰く、「チョコレートの味がすごくいい」との事だそうです。

隣とのテーブルの距離が近くて、ちょっと落ち着かない感じ。
ウエイトレスさんもきびきび動いていたけど、忙しさ満載な
感じで。時間が週末土曜日の丁度3時の混み時だった、というのもアリ。


                                        



・・で、この勝手な自分の中での老舗カフェ対決、CENTRALの方に軍配が上がりました。
同じ曜日に行ってないし、時間も1時間程違うので、条件は違いますが、CENTRALの方が空間が広く(天井
高くて、席と席の間に余裕があり)、ウェイトレスも忙しさ満載感は漂わせていなく、優美なイメージ。

ただ、これは私たちの主観によるものなので、あくまで「私たちにとっては」が基準です。
実際、ウィーン在住の新婦に訊いた所、彼女は「4年前にCENTRALに行った時、接客が良くなくて驚いた。
DEMELは接客がすごく良く、ケーキも美味しく居心地良かった」と言ってたし、人によって、もしくはタイミングに
よって違うかも・・。

次回ウィーンをまた訪れる機会があったら、今度は地元客でにぎわうカフェも開拓したいです♪


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村









  1. オーストリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




ウィーン旅 ☆ 一日がかりの結婚式編 :: 2014/09/10(Wed)

今回のウィーン旅の主目的は、友達の結婚式・」パーティーへの参列でした。

新郎: フランス人
新婦: ドイツ人とスペイン人のハーフ

出会ったのはドイツだそうで、しばらくミュンヘンで一緒に暮らしていたけど、2-3年ほど前にウィーンに転居した
カップルです。元々は、新婦が夫の学生時代からの友達という事でしたが、我々がまだ日本に住んでいた頃に
カップルで日本に遊びに来てくれた事もあるので、私も知っているお二人。

で、こちらのでの結婚式、一日がかり・・というか夜中も朝まで踊り明かす・・と聞いてました。
我々は子連れという事もあり、あまり遅く無い時間に(ダンスが始まる前に)辞去した(それでも夜11時頃)
ので正確には何時に会が終わったのか分からないのですが、それでもスゴイっ!皆さん体力ありますね。

一日の流れは、下記の感じです。

☆10:20 → 役所で入籍のセレモニー
☆お昼  → セレモニー後、レストラン会場まで散歩。レストランのお庭でシャンパンピクニック
☆18:30 → 別のレストランでディナー

★翌日16:30 → カフェでお茶



まずは役所で入籍のセレモニー

入籍セレモニー

写真右側の黒い衣の人がセレモニーをリード。
指輪交換の後、「お次は何だったかしら?」とキスを
促し笑いを誘う(笑)ユーモアのある方で楽しい
セレモニーでした。



役所近くのレストランの中庭でシャンパンピクニックの準備

シャンパンピクニック

「ゲストの小さい子供ちゃん達にも楽しんでもらえるよう、
ランチはピクニック形式にした」との新郎新婦のお気遣いが
嬉しい。

シャンパン飲みまくりで結婚をお祝い、の大人にとっても
素敵すぎるイベントなのに、妊婦の私はジュースでひたすら我慢(笑)



グルメな新郎新婦のお二人。
お料理が美味しかったのは言うまでもない。

シャンパンピクニックお料理

特にスペインの生ハムが大人気でした♪



大きな焼き立てパンも登場

パン@シャンパンピクニック

新婦お勧めのパンです。



娘は午睡でエネルギーをチャージして

シエスタ@シャンパンパーティー



その後は中庭のブランコでひたすら「ゆらせ」と督促

娘@ブランコ

ご機嫌で助かった

この後はみなさん一旦ご自宅 or 宿泊ホテルに散って行き
夜に備え各自休憩(笑)私もホテルでちょっと一眠り。



夜は市内のレストランに参集し、美味しいお食事と共に
新郎・新婦の門出を祝う。

Hochzait dinner 1

これは前菜

前にも書きましたが、グルメな新郎新婦なので、ディナーも
我々夫婦、めちゃめちゃ楽しみにしていました



スープ2種

Hochzeit Dinner2

Weckのガラスの器でのサーブが斬新
美味しすぎてどんぶり一杯くらい欲しかった(汗)



デザートも甘すぎず繊細で丁度良いお味で、娘の分も私の胃袋に収まり

Hochzait dinner3

甘い物苦手な私にしては珍しくガッツリと。


写真を撮ってないのですが、娘にも子供用のお食事を用意して
下さっていて、チキンのシュニッツェル(カツレツ)と、サラダが
サーヴされました。子供だからと手を抜かず、普通のメニュー
なのにノックアウトされました。

えぇ、私のお食事以外に娘のお食事も夫とシェアして平らげました。
日本里帰りで3キロ太り、ウィーンでも1キロ程肥えましたよ・・。



最後に、ウェディングケーキがお目見え

Wedding Cake

海が好きな新郎新婦らしいデコレーション
一番上のお魚は一瞬たい焼きかと思いました。
↑和菓子に飢えているので

ケーキは多分外側はマジパン?
内側はチョコレートケーキでした。



この頃娘はバギーで爆睡中(10時過ぎ頃)

シンクロ中

となりの子と寝姿シンクロ中。

遊べなかったり、夜遅かったりで寝落ち前はかなり愚図ってましたが、
アンパンマンの動画を見せて凌ぎました・・(汗汗汗)


新郎のフランスの親戚の女の子(小学校中学年くらい?)が私に話しかけてきて。
フランス語分からないので「?」って顔してたら、即座にドイツ語に切り替えて
「今から下のフロアーでダンスするから見に来てね!」と。
すごいなーあんなに小さいのに少なくとも2か国語も喋れて・・と感心。

ベリーダンスの衣装を身に纏ったカワイイ女の子たちがベリーダンスとか
ヒップホップを披露してくれたようです。(私は娘の近くに居る必要があり、
下のフロアーのダンスフロアに行けず見られませんでしたが・・残念)

・・とまぁ、こんな感じで夜は更けていきました。
11時前には退散したのですが、翌朝は疲労でグッタリでした(笑)




さてさて、結婚式とはお話が少ーしずれますが・・
「お祝い」をどうするのか。
日本のようにご祝儀で(お金)はないらしく、プレゼントの品をお渡ししました。

我々は「漆器とか、何かシンプルで日本らしく使える物がいいよね。」との事で、山田平安堂という漆器メーカーの
大皿と銘々皿をセレクト。我々の結婚の時、同僚が大皿をプレゼントしてくれてとても気に入り、他の友人が
「何かお祝いをプレゼントしたいけど何が良い?」と訊いてくれた際に、同じシリーズの銘々皿をリクエストさせて
いただいた物です。色の具合も暗めの赤で、朱色朱色していなくシックでとても良いんです。



これです

結婚のお祝い品

我々が持っている物と同じこの角皿と、銘々皿をセットで。
気に入ってもらえたらいいな・・。





今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村










  1. オーストリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ウィーン旅 ☆ Railjetで移動編 :: 2014/09/09(Tue)
早速ウィーン旅キロクです。
まずは移動編から。

今回予約して乗ったのは、öBB(オーストリア連邦鉄道)が運行する国際特急のRAILJETという電車で、
ミュンヘン⇔ウィーン間の所要時間は4時間。
最終目的地はブダペストと表示されており、「地続きあなぁ・・」と日本ではない感慨を受けます。



新幹線で言う普通車

Railjet1

清潔で快適



旅のお供は、池井戸潤氏の「下町ロケット」
そしてミュンヘン中央駅で買ったカプチーノ

Railjet2

夫と交代で娘を見て、読書時間を確保
旅行中の読書なんて久しぶりだ・・感慨深い



電車での旅情に浸る人

Railjet3





子連れ旅行者からの視点としては、この電車、子供を遊ばせるちょっとしたスペースがあり。
広さは(ザックリですが)1.2m x 1.2mくらいで一部階段状になっていたり、目の前の壁にテレビ画面が埋め
込まれて居たり。子供が階段を上り下りしたりでエネルギーを発散でき、ありがたかったです。

ネットで予約の際、「大人二人・子供一人」とインプットした為なのか、往路はこの子供を遊ばせるスペースを備えた
車両のすぐ隣の車両の席が割り当てられ、復路はこのスペースのある車両に割り当てられ。

オムツ替え台もこのスペースのある車両のすぐ近く(隣の車両との連結部分だったかな?)にあり、すぐ近くで
こちらも助かりました。。

また、電車の出入り口近くにKinderwagenplatz(ベビーカー置き場)もありました。
畳まない場合は2台分置くことが出来ます。

但し、復路路(日曜日)は混み混みで、子供を遊ばせるスペースにはお兄ちゃん達が既に座っていたり、ベビーカー
置き場には犬連れの女性がドッカリ座っていたりで(汗) 混んでなければ「ベビーカー置かせて下さい」って
言えるけど、立ち客も多かったのでベビーカー置き場は諦め、畳んで座席上部の荷物置き場に置きました。



死んだように寝てみたり

死んだように寝てみたり



読書の秋を愉しんだり

読書の秋

あとは、遊び場で遊ばせたり、スマホに保存してたアンパンマンの動画を
見せまくりで片道4時間、往復8時間を何とかやり過ごしました(汗)





あと、車内のネット状況としては、Wi-Fiが使えるようでしたが、途中でネットワークが切れてしまい・・
ちょっとイラつきました(苦笑)座席の下にはコンセントもありました。

ネット状況以外は、快適な電車の旅でした♪

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





  1. オーストリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ