+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




日本で遭遇した痴漢 その3 ★ もしご主人が痴漢をしたら? :: 2014/12/16(Tue)

お待たせしました(?)、プチ事件簿・痴漢シリーズ 第三弾です。

第一弾 「〇×なので許して下さい」編→
第二弾 「被害者なのに取り調べ受けました」編→

マイルドな物から書いてきましたが・・今回最終章です。
って、また他の小ネタを書くかもしれませんが(笑)

物理的に一番手口がエグいのは実は第二弾なのですが、精神的に来た&その後考えさせられたのは
実はこの第三弾なんです。

・・前置きはさておき、始めますね。

またまた東海道線での朝のラッシュアワーでのこと。
手首に感じた違和感。そちらに視線を投げると、誰かの手が私の手首内側をワサワサっと撫でている
手首フェチ?キモッ!

しばらく様子を見て、やめる気配が無いので、ハイ、お縄頂戴ー。その手をガッと掴んで

「痴漢行為はやめて下さい。次の駅で一緒に降りて警察に行きましょう」

相手は品の良さそうなサラリーマン男性。
そして、次の駅で一緒に降りた。

抵抗しない人でしたが、

男性: あの、誤解を与えるような動きをしてたら申し訳ありません。
     でも私、痴漢行為は決してしていません。

私:   でも、私の手首の内側を撫でてましたよね?あれ、痴漢行為ですよね?
     一緒に警察に行きましょうか。

男性:  痴漢行為はしてませんが、そう取られたのでしたら仕方がないです。承知しました。
      あの、あそこの公衆電話から社に遅刻の電話を入れますので(当時まだ携帯電話は普及してなかった)
      申し訳ありませんが電話の間私のカバンを持っていていただけませんか?

・・とあくまでもジェントルマン然とした態度。彼が電話中に
私、「ホントに彼が痴漢なの?」と頭の中で混乱。
でも、確かにあの手は私の手首をナデナデしてたし、その手を間違いなく掴んだので人違いではない。
と悩みながらも、「イヤイヤ、絶対にあれは痴漢行為だし人違いではない」と。

電話が終わったジェントルマン氏と駅員さんの所に向かい、近くの派出所に連れて行っていただいた。
ここからはジェントルマン氏とは別室での取り調べ。(取り調べも慣れたわー 笑)

一通り状況を説明し、最後に

私:  あの、彼の態度があまりにも毅然としているので実はちょっと「本当に彼なのか??」と悩んでしまって。
    でも、冤罪は良くないので、私は「この人が痴漢だ」と確信しなければ絶対に警察に連れて行ったり
    しないんです。でも彼があまりにも紳士然とした態度なのでちょっと混乱してます。
    後で彼の取り調べ結果を教えていただけないでしょうか?

警察: 残念ながら被害者のあなたにもその結果を教える事は出来ないんです。お気持ちはわかりますが・・
     もし黒だった場合、相手を起訴しますか?

私:   いや、そこまでは・・

というやりとりがあった。
その時は「起訴」って言葉に怖気づいて辞退したけど、今だったら起訴してたかも。痴漢は立派な犯罪行為なので。
もう年齢的に流石に痴漢には遭いませんが


必要手続きを終えその場を辞去し、出社した。
その翌日だったか、家に件の派出所の人から電話がかかってきた。

警察:  先日の例の痴漢の件でお電話しました。
      あの後、彼、痴漢行為をしたと認めました。
      しかも初犯で無くて過去にも履歴があったんです。
      妻帯者だったので、あの後奥さんを呼んで、奥さんの目の前で反省文を書かせました。

     
本来被害者であるikebowさんにこのような情報を差し上げる事はいけないのですが、
      すごく気にして悩んでらしたので、ご報告させていただきます。

私は、被害者なのに普通に情報がもらえない事が驚きなのですが、それが本当だとして、そのような
超法規的措置をとって下さって事に感謝します。結果が分からず悶々としていたので。

でも、同時に

奥さん、どんな気持ちだったんだろう?

私が奥さんだったらどうするだろうか?

子供が居たら、子供の前でそれまで通り普通に振る舞えるのだろうか?


と深く考えてしまった出来事でした。
職場の同僚にも顛末を伝え、「自分が奥さんだったらどうする?」と皆で「私だったら・・」とトークに花が咲き。

私だったら、恥ずかしくて友達にも相談できないし(いやするかも)、親にも言いづらい。
でも一人で抱えるのは辛い。子供の前で普通に振る舞う事は絶対に無理だと思う。
夫への信頼、尊敬もできなくなるだろう。自分に経済力があれば離婚かな・・

と思いました。

でもそんな事が有ったこともすっかり忘れていた2011年の春期のドラマ「名前をなくした女神」(杏さん主演)で、
旦那さん(高橋一生さん)の痴漢行為をバスの中で奥さん(尾野真千子さん)が目撃するシーンがあって、
この私が遭遇した痴漢の事を強烈に思い出してしまい。もう何年も前の事なのに。

元々ドラマのこの夫婦は旦那さんの経済的DVやモラハラがあって、危ういバランスの上に成り立っている夫婦の
設定だったのですが、「どうなるんだだろう?この夫婦」と興味深く見てました。ネタバレになってしまいますが、
結果は夫婦が再生していく物語で、感動さえ覚えました。お二人の演技も素晴らしかったです。

まぁ・・私にはこの場合、夫婦関係の再生は無理ですね。

あなただったらどうしますか?
変な問いかけをしてしまって申し訳ありません(汗)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




日本で遭遇した痴漢 その2 ☆ 被害者なのに取り調べ受けました :: 2014/10/23(Thu)
さて、今日はプチ事件簿・痴漢シリーズ(?)第二弾です。(第一弾はコチラです→
春さんお待たせしました~(笑)←名指しで失礼

注1)今日も下ネタ(しかもエグい 汗)があるので、苦手な方はリターンをお願い致します

注2)警察に引き渡すのは、あくまで手だけでは無く顔まで確認して現行犯で「絶対コイツだ」と確信した場合のみ。
   「冤罪で他人の人生をめちゃめちゃにしてはいけない」という思いもあるので、例えば手だけ見えても激混みで
   顔が分からないとかあやふやな時は「やめて下さい」とは言いましたが、基本泣き寝入りでした。

注3) それとこのシリーズは、「私はこんなに痴漢されてスゴイでしょう~?」「私も若いころはブイブイ言わせてたのよ」
    という物では無く(苦笑)、「こんなヤツも居て、こんな顛末もあったよ」的な物です。


・・では、本題に入らせていただきます

まだ20代前半だった頃。もう20年も前か・・(遠い目)
帰りの東海道線で、品川を出た頃、スカートの中(お尻近く)で違和感が。

「絶対痴漢だ、こいつ」と思い、思い切り手をつかんだら

フニャッ

とした感触が。

えっ 「フニャッ」って何??????

と思い、振り返ったら、そこにあったのは手では無く・・そしてソレを慌ててズボンにしまう男。同時にその男の顔、
確認。ワタクシ、乙女なのでこれ以上の詳細な情報は控えさせていただきたく、皆様のご想像にお任せします(汗)

私の頭の中はこんな感じで真っ白に。→「?☆▽Дфю§Ψфю!?」

次の駅である川崎駅までは10分。その間心を落ち着かせ、川崎駅に到着する直前に近くにいた他の男性に

「すみません、この人痴漢で、駅員に引き渡したいので助けていただけませんか?」と訊いたら、快くOKを戴き。

川崎駅で親切な男性とそのフニャ男痴漢を引きずりおろし(抵抗されました)、ラッキーな事にホームのすぐ
近くに居た駅員に「この人痴漢です」と引き渡し。丁重に親切な男性にお礼を言い、その場で別れました。

駅員の計らいでまずは駅務室へ。その後は川崎警察署へ車で。
もちろん、痴漢と私は別々の車です。

・・この後の取り調べが精神的にキツかった。

なぜなら、警察の方が供述調書を作成する為、詳細に語らないとイケナイ。
まずは、私の氏名、住所、生年月日どを訊かれ、調書はこんな感じで始まる。

「ワタクシ、山田花子は、昭和〇×年▽月■日に、横浜市~町何番地で生まれ・・
平成何年何月何日何時何分品川発どこどこ行き東海道線の何号車の何番ドア付近で・・」と。

その時の会話はこんな感じで↓

警: で、具体的に何があったの?

私: あ、あの、スカートの中のお尻の部分に手が伸びてきたと思ったので掴んだら・・

警: それで?

私: 手じゃなかったんです・・

警: で、手じゃなくて何だったの?

私: あ、あの、モゴモゴ

警: だから何だったの?

私: あのぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警: あ、オチ○チ○?

私: (赤面で)そうです・・・・・・・・・

・・・この時、辛かったです。40歳を過ぎて社会経験を多少なりとも積んだ今の私だったら、ハッキリ言えたと思い
ますが、当時乙女だった(?)私は、男性しかいない取調室(しかもそんな場所初めて)で言わされ。
ま、警察も誘導尋問を避けるため、ハッキリ私に言わせないといけない、というのも後になってみて分かるのですが、
せめて女性の警察官も同席して貰えたら嬉しかったな、と。

取り調べ中、別室でこの痴漢、自分の犯行を認めた事を聞きました。

被害者の私も写真を撮られ。
しかも、身長が分かる目盛横線(?)が書かれた壁面の前で、自分の名前か何かが書かれた(確か)紙みたいな物を
撮影者に見えるように持たされ。(ドラマ「踊る大捜査線」のオープニングでも映るあのシーンのような)

帰りも車で川崎駅まで送っていただき、帰宅。
何だか色々な意味でヘトヘトに着かれた夜でした(汗)

・・転んでもタダで起きないワタクシ。
後日、職場でこれをネタにし。先輩(男性)に、「こんな事あったんですよ~」と話したら、

先輩、「マジ?警察まで掴んだまま行ったの?」と。←掴んだままは行ってねーよ
それ以来、その先輩から「掴みはオッケー」とあだ名で呼ばれました・・当時ダチョウ倶楽部が流行ってました
そして、その後、話を広めた先輩のせいで「掴みはオッケー女」と呼ばれたり、「どう?最近掴んでる?」と挨拶代わりに訊かれたり・・

こんな手口の痴漢に遭遇した事自体もキツい経験でしたが、その後の社内での取り扱いもキツかったです(涙)

にしても、酷い痴漢だなーと、今更ながら思います。
起訴して裁判に持ち込んだとしても、あの痴漢お金無さそうだったから慰謝料も貰えなかっただろうなぁ。

・・時系列から言うと、前回日記に書いたその1よりも、今回のその2のケースは前に発生してます。
本当は時系列に書こうかとも思ったのですが、マイルドなものから書きたかったので、その1の手術男を先に
持って来ました。次回「その3」では、手口はこれほどではありませんでしたが、痴漢行為後の言動が人を
人間不信にするようなもので・・乞うご期待(笑)

余談ですが、取り調べ中、カツ丼は出ませんでした(笑)

今日もお付き合いいただきありがとうございました☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




日本で遭遇した痴漢 その1 ★ 〇×なので許して下さい :: 2014/10/15(Wed)
以前、「私の夫と不倫しましたね」シリーズを書いた時に(その日記はコチラ→)予告した、「日本で遭遇した痴漢」。

新カテゴリー「プチ事件簿」まで作って書こう書こうと思いつつ書けずに居ましたが、今日やっと書きます(汗)
もしかしたら世界中に一人だけでも待っていて下さっている人がいるかと期待して・・。(笑)

まずは、電車で遭遇した痴漢。
過去に3人警察にしょっ引いていったので、その3人のケースを一人ずつ書いて行こうと思います。

予め書いておきますが、警察に引き渡したのは、あくまで手だけでは無く顔まで確認して現行犯で「絶対コイツだ」と
確信した場合のみ。「冤罪で他人の人生をめちゃめちゃにしてはいけない」という思いもあるので、例えば手だけ
見えても激混みで顔が分からないとかあやふやな時は「やめて下さい」とは言いましたが、基本泣き寝入りでした。

それとこのシリーズは、「私はこんなに痴漢されてスゴイでしょう~?」「私も若いころはブイブイ言わせてたのよ」と
いう物では無く(苦笑)、「こんなヤツも居て、こんな顛末もあったよ」的な物です。

下ネタが苦手な方はリターンお願い致します。



・・前置きはさておき。

まずは、一番「マイルド」な物から。

私は短大卒業後、20歳から40歳までほぼ間断なく都内でOLしていました。
自宅は横浜、勤務地は大体、品川~新橋エリアが多く、東海道線で横浜~品川or新橋まで通っていた期間が長く。

この路線、激混みなんです(湘南新宿ライナーが出来てからは少ーし緩和されたようですが)
私が乗車してた車両は、グリーン車隣の普通車。この車両って一段と混んでいて実は痴漢が多いんですって。
↑後から聞いて知った(汗)

朝だったか夜だったか忘れたけどある日・・

体を触られている感覚があり、よく見たらすぐ隣のオッサンが私の体を触ってる!
その手を掴み、「鉄道警察に行きましょう」と、有無を言わさず次の駅で引きずりおろし。
意外にも「僕じゃない」とか「やってねーよ」とか抵抗されない事にビックリ。
良く見れば体格もヒョロヒョロで気が弱い感じの、身なりがブルーカラーのオッサン。

駅務室に行き、顛末を駅員さんに説明し。
駅員さんに詰問され、アッサリと「やりました」と完落ち(全部自供)で。

駅員さん: 痴漢に何か言う事ありますか?あったら遠慮なく言ってください。罵倒でも何でも。

私:     二度としないでください。犯罪ですよ。

痴漢:    スミマセン、スミマセン
        しゅっ 手術したばかりなので許して下さい。

私:     ハァァ???
        何の手術だから知らないけど、手術したばかりだからと言って痴漢していいワケないでしょう!!                                  いい大人がそんな事も分かんないのっ!?!?

・・・みたいな会話をしました。
「罵倒してもイイ」って言われましたけど、案外、罵倒って難しい物だとも、冷静になった後から思いました(苦笑)

でもきっと、ああいう大人は痴漢行為は繰り返すんだろうなぁ・・。
あのオッサン、今頃どんな人生を送ってるんだろうか・・と、ミルクティーを飲みながら遠い目で考える
午前9時のミュンヘン(笑)

朝からお目汚しすみませんん。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その2~ :: 2014/07/10(Thu)
お待たせしました。えっ、誰も待ってない!?

今日は「私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その2~」を魂込めて綴ります(笑)
ちなみに、「私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~」はコチラです→

それとはじめに謝らせて下さい。
当時の事を思い出して綴っていたら、「私の夫と不倫しましたね」とは責められて無かった事に気づきました。
ですので、今日の日記のタイトルは内容と違う物ですが、前回の~その1~と同じ流れにしてしておきたいので、
このタイトルで進めさせて下さい。それが不快に感じられる方は、申し訳ないですがこの日記はスルーして下さいね。



                                                 


あれは。。確か私がイタリアに留学していた時の事。多分2000年くらい。
当時フィレンツェの語学学校に通っていて、学校が斡旋してくれたアパートに住んでいたある日の事。

アパート備え付けの固定電話が鳴った。

女性: あなた・・HIROMIでしょ?

私:   いえ、違います。ikebowっていいます。

女性: でも、この電話番号〇×▲・・でしょ?

私:   電話番号はその通りですけど、人違いですよ。

女性: (疑ってる感じだったけど)あ、分かりました。


・・・こんな感じのトークの後電話が切られた。

そしてまた数日後、同じ女性から電話が。

女性:  ねぇ、あなた本当はHIROMIなんでしょう?

私:   いえ、違いますって。、前にも言った通り私の名前はikebowですけど。   
      私、通っている語学学校から斡旋してもらってこの部屋に住んでます。
      おそらく、前の住民がHIROMIさんって人だったんじゃないかしら。
      私はその人の事知りませんけど。何かありました?

女性:  あ、そ、そう。。
      いえね、あのね。。
      HIROMIと連絡取りたいの。

私:    でも私はHIROMIさんと言う方の事は知りませんし。

女性:  どうしても連絡取りたいの。
      ちょっとHIROMIに貸していた物があって。

私:    何を貸してたんですか?

女性:  ・・・・楽器。

私:    (何の楽器か分からないけど)お困りでしたら、語学学校に聞いてみましょうか?
      もし語学学校がHIROMIさんにお部屋を斡旋してたら、HIROMIさんの連絡先知ってるハズ。
      事情を話せば教えてもらえるかも。

女性:  あ、ありがとう。。それじゃお願いします。


こんな会話をして電話を切ったけど、何だかまだ私をHIROMIだと怪しんでるご様子。
でもなんだかんだ、後日どちらかから電話したのかは忘れたけど、また電話で会話した。

私:    申し訳ないけど、語学学校はHIROMIって人知らないって。
      お役に立てずにごめんね。

女性:  ねぇ、あなた本当にHIROMIじゃないわよね?

私:    ・・何度も言ってますが、違います。

女性:  ・・ごめんね。疑って。
      ここまでしてもらって心苦しいから正直に話すわ。
      実は私の夫のマルコがHIROMIと浮気してたの。だからHIROMIと話したくて。

      私の姑にも、あなたとの会話の事話したわ。そしたら、
      「せっかくそこまでしてくれるのだから、これも何かのご縁だし、ikebowと友達になったら?」って。
      だからikebow、もしあなたが良かったら友達になりませんか?そして一度うちに遊びに来て。

私:    ・・いいよ。


・・って事で、彼女(韓国人のM)とマルコとお姑さんの住む家がある町に遊びに行きました。
確かフィレンツェから電車で1時間以上かかる海辺の町まで(アタシ、ヒマ人? 笑)

で、実際行って、電話の主のMばかりか、お姑さん(イタリア人)までも歓待してくれて。
肝心なマルコも、はにかみながらも歓迎。でも出会いのキッカケがキッカケだけにバツ悪そう(笑)
2人のお子さんも可愛くて懐いてくれて、お別れの時も名残惜しそうにしてくれて。
しかもお土産にたっぷりのカルビを手渡されて(軽く1キロは超えてました)。

唯一気になったのは、会話中に時々Mが旦那のマルコに「あなたがHIROMIと浮気したおかげでikebowと友達に
なれたのよね」・・とかチクチク言う事。そのたびにマルコも居心地悪そうで。私は聞こえないフリ・・(苦笑)

その後もM一家とは数年間クリスマスカードを交換したりしましたが、何かこう、自意識過剰かもしれませんが、
「やっぱりワタシの存在ってマルコの浮気を思い出させるよな」と思ってしまい、自然とやりとりもしなくなりました。
カルビ肉美味しかったけど(笑)

あの夫婦は関係を修復できたのだろうか?
お別れの時、お姑さん目に涙を浮かべてくれたな・・・

と思うと同時に、私がMの立場だったら、夫に対して全く嫌味を言わずに居られるだろうか?
Mのように時々嫌味を言ってしまうかもしれない・・。

で、これって私がイタリアに1年間留学してた頃の話なので、「日本での生活」ってカテゴリが間違ってますが、
他に該当するカテゴリが無いので「日本での生活」にブチこんでおきます(汗)


・・今回も完全に「巻き込まれ型」ですね。
この他にも「巻き込まれ型」的エピソードとしては、「職場の同僚のセクハラで大迷惑事件」「職場の上司のセクハラ
事件」とか、ちょっと下ネタになりますが「電車で遭遇した痴漢で人間不信」とか色々事件簿、あります(笑)

また追々書いていきます・・下ネタカテゴリがそろそろ必要になるな。
で、ランキングに参加している「ドイツ情報」からどんどん遠くなっていってるのは気のせい・・?(笑)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~ :: 2014/07/08(Tue)
現在ミュンヘン午前2時42分・・
この夏のプランとか色々考えてたら興奮してきて眠れなくて今PCに向かってます。

W杯のボランティア活動のキロクをシリーズ化で書いていて、それに関連した出来事を番外編で書こうと思う。

題して、「私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~」

・・って、ボランティアとは全然毛色の違うお話で恐縮です。
しかもすっごい下世話なネタだw。
ちょっと長いので、お暇な方だけどうぞ!

予めお断りしておきますが、ワタクシ、誓って不倫は一度もしておりません。

・・さて、本題に入ります(やっと)。

ボランティアの同じグループにR氏と言う当時40代前半~中半くらいの男性が居た。
ボランティア活動やその後の私生活を通して二人っきりで会った事は変な電話を受けるまでは一度も無い男性。

或る晩・・というか朝方4時頃だったと思うけど、R氏の携帯から着信が。
「何事・・?」と思いボーっとしたまま「もしもし・・」と応答すると。


女性: あなた、私の夫と不倫しましたね

私:   ??????

女性: 分かってるんですよ。

私:  えっ!?いや、あの、いや、モゴモゴ・・不倫・・してませんけど・・ 
    (↑想定外の奇襲攻撃(しかも夜襲だし)にうろたえしどろもどろ(苦笑))

女性: ・・・


そしてガチャっと切れ。
何が起こったのかよく理解できず、ボー然としてしまい。
そんな時間にそんな身に覚えのない事責められたらビックリして、理路整然と「ご主人はただのボランティア仲間で
一度たりとも二人きりでお会いしたことはございません」って言えないですよね、フツー。。

R氏にこの事を伝えようか迷いつつ、面倒くさいのでそのままにしておいたらまた数日後の朝方、同じ女性から
電話が。いー加減にせーよ!


女性: ikebowさんですね? 私の夫と不倫しましたね。

私:  私、ご主人とは二人っきりでお会いしたことありませんし、不倫なんてしてません。

女性: ・・・


ガチャ切れアゲイン・・。

「やっぱりR氏に連絡取った方がいいな、でも携帯電話は奥さんに押収されちゃってるのかしら?」と思い、結局
R氏には連絡しないまま。その数日後R氏本人から電話が。

R氏: ikebow? 先日妻から変な電話行かなかった?

私:  はい、来ましたよ。「夫と不倫しましたね」って言われました。
    「旦那さんとは二人っきりで会った事ありません」って言いましたけど。
    突然の夜中の電話だったのでびっくりしてしどろもどろになったので、余計に怪しいかも。

R氏: ご、ごめんね・・今度あらためてお詫びするから。

その時は事情はツっこまず、あとは夫婦の事だから私はノータッチで任せる事に。
落ち着いた頃R氏から電話があり、「お詫びしたいからメシでもどう?」と。

「二人で会った実績は作らない方がいいな」と思いつつ、顛末がどうなったのか知りたい欲求が勝って(笑)、
恵比寿の焼き鳥屋で2人で会った。R氏の話ぶりから、どうやらR氏の浮気は初犯ではないらしく(勿論相手は私では
ない)、そのため奥さんも色々オカシくなってるみたいだった。

「二人の小さい娘も居るけど、今は別居してる。
お給料は奥さんに全部渡して、シェアハウスで他の人と(恋人ではないらしい)暮らしている。
自分自身の生活は、副業でまかなってる。」

という事も併せて聞いた。

あれからもう10年は経過してると思うけど、彼は今どうしているんだろうか・・
別居を続けていたとしたら、彼の老後は寂しい物になるのではないか・・?とふとここミュンヘンで頭によぎった。

                                                 

で、今日のタイトルは「~その1~」。
はい、「~その2~」があるんです(苦笑)
~その2~の対象は別の人で、しかも会った事も名前すら知らなかったマルコってイタリア人男性。

その奥さんから「夫と不倫したでしょ!」と責められました。
責められた時点で「マルコって誰?」ってレベルの話で(苦笑)
まぁまた今度眠れない夜にでも書きます。乞うご期待!(笑)

でも・・なんで2回も自分にこんな事起こるんだろうか・・完全に巻き込まれ型ですね。
男性を誘惑できるようなセクスィーな魅力とかぶっちゃけ無かったし(今も無いけどw)。

しつこいですが、重ねて言いますが、私不倫なんてした事ございません(キッパリ!)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2