+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 5歳と3歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




つくばロケット旅 (後編) ☆ 旧友との再会と、ミュージアムあれこれ :: 2018/04/03(Tue)

1か月くらい前から新しく仕事を引き継いでいて、割とアップアップな状態で。
昨日は、お客様からのお問い合わせ電話がひっきりなしで、てんてこダンシングしていました。

金曜日からどんどん仕事が溜まり、今日はそれらを全力疾走で片付け・・・
色々な意味で致死量を超えました(苦笑)

・・・と言うワケで、グッタリしております。

さて、つくば旅、後編に参ります。



2日目の朝、ホテルのお部屋で朝食を。

つくば2-1

まずは牛乳で乾杯。





今回の旅行の2大目的の一つである、旧友との再会。

新卒で初めて働いた会社の後輩。
3年くらい下?弟と同じ年です。

その会社で働いていた時は、接点が無かったのですが、会社を辞めてからよく会うようになってました。
お互い貧乳という事もあり、傷をなめ合ったり、数々のお座敷(要は合コンですね)を共にしたりの戦友。

今では信じられない事に、お互い2児の母親業やっていたり。

彼女は結婚してつくばに引っ越したので、中々会えず。
3年前の、私のドイツからの里帰り時に、横浜の実家まで子連れで遊びに来てくれたり(感涙)。

私も、つくばに会いに行こう、と去年目標を立て、今年やっと実行に移す事ができました。
女性は、ライフステージが変わりやすいので、中々難しいんですよね

土日の1泊だったのですが、日曜日の朝9時にロビーまでピックアップに来てくれて、車で移動。
桜の名所や、ミュージアムを回ってくれました。


コースは、
●食と農の科学館
●サイエンス・スクエアつくば 産総研
●地質標本館

これらを、ざっと回りました。
サイエンス・スクエアと地質標本館は同じ敷地に有り。

夫が、テクノロジー系の仕事をしている事もあり、サイエンス・スクエアをプランに練り込んでくれました。



@サイエンス・スクエア

つくば2-4

ロボット君たち



しかし、何よりキッズの食いつきがハンパ無かったのが、コチラ

つくば2-3

ごまちゃんーーーーー
(ゴマフアザラシじゃないけど)

何度も何度もこのアザラシに戻ってきて、ナデナデしてました。
セラピーロボットらしいです。確かに癒される・・・。



ヘッドフォンが気に入った模様

つくば2-5



@地質標本館

つくば2-6

複製だけど、こういうのは興味深い



一番印象深かった、地層の断面。

つくば2-7

緑とオレンジの線は私が書き入れた線です。
元々は、緑の線のように平らな地層だったのが、地震か何かの地殻変動で
オレンジ線のL字型に曲がってしまったそうで。

複製だそうですが、本当に印象深くて。
子連れで無かったら、もっとゆっくり眺めて居たかったです。

3つのミュージアムの中では、この地質標本館が一番興味深く。

友人家族と子連れでわちゃわちゃと一緒にランチしてお別れ。

すぐに電車で帰途につこうと思っていたのですが、何だか名残惜しくて、
つくば駅前の中央公園で1時間程遊んでから帰途につきました。

つくば2-8

つくばは都内のように待機児童問題はあるらしいのですが、それを除けば
公園は多いし、ゆったりとしていて、アカデミックな施設も多いし、子育て環境
良さそうでした。



つくばのお土産

つくば2-9

JAXAのショップで、キッズに「何か1つ買ってあげる」と選ばせたら、
地球のカタチのボールでした(笑)本当はロケットに関連する物を
買いたかったので、夫が自分用にロケット型ボールペンをお買い上げ。
ホントにそれ、必要?って思わないでもない(苦笑)



つくば駅構内のお土産屋さんで夫が自分用に買った日本酒

つくば2-10

筑波大学の酒、というのが面白い、との事。



友達からいただいたお土産

つくば2-11



中身は

つくば2-12

めっちゃ甘くて美味しい焼き芋でした。
また食べたい・・・。ものすごく美味しかったです。



つくばって、秋葉原からつくばエクスプレスで50分で行けるんですね。
もっと遠いかと思って、まずホテルを予約し、お次は「電車も予約しよう」と思ったら、指定席が無い事が分かり。

「日帰りでもよかったかも?ホテル要らない?」とも思いましたが、キツキツな旅程になるのも疲れるので、
予定通り一泊で。ゆったりした旅で良かったです。

さて、つくば旅のレポに当たり、新カテゴリ「旅‐日本」を作りました。
引きこもりがちな我が家ですが、そろそろ出歩きたくなってきて、また旅に出たいな、の期待を込めて。

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 日本
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




つくばロケット旅 (前編) ☆ JAXAでロケット見学 :: 2018/04/01(Sun)
この週末、我々引きこもり家族にしては珍しく、一泊二日で旅に出てました。

行先は、つくば。目的は2つ。
JAXA(宇宙航空研究開発機構)でロケットを見る事と、つくば在住の私の友達に会う事。

9時半頃、都内の我が家を出発し、つくばに着いたのはお昼ちょっと前。
予約してたつくば駅前のホテルに荷物を預け、まずは腹ごしらえ。



駅前ビルに入っている、チェーン店ですが、焼肉TORAJIにて

つくば1-1

私と夫は、焼肉ランチ。



2人でお肉を焼いて焼いて焼いて・・・

つくば1-2

子どもが生まれてからは、焼き物系はガマンガマンの日々でしたが、
この日は躊躇なく焼肉を。子供達が七輪に手を出してくる事無く
お食事をいただけて、夫婦で感慨深かったです。



腹ごしらえの後は、張り切って目的地JAXAへGO!

つくば1-3

ロケットを楽しみにしていたキッズも嬉しそう♪

つくば駅からバスで向かったのですが、バスの運転手さんにJAXAに
行きたい旨を伝えてあって。JAXA前まで来たら、バス停より手前の、
JAXA入口門により近い場所でおろして下さって。お優しい~(涙)
帰りもバスに乗ったら、同じ運転手さんでホッコリしました。



JAXAの敷地を囲む道添いに延々と続く桜並木が素晴らしかったです。

つくば1-4

桜を狙ってこの週末に予定を入れたワケでは無かったので、何とも嬉しいサプライズでした。
桜吹雪がただただ美しくて・・・。

そんな素敵なスポットなのに、花見客が全然居なかったのもビックリで。



ロケットのお尻

つくば1-5



ロケットの頭

つくば1-6

キッズ、おおはしゃぎ



つくば1-7

最近の我が家は、Youtubeでロケットの発射映像を観るのが好きで。
いつか、種子島にロケット打ち上げを見に行きたい、という夢も有り。

なので、前哨戦として(?)の今回のJAXAは楽しみにしてました。

が、私がここの所体調が良くなく(すんごく疲れてる)、今週は1日だけですが早退
したりもしていて、とにかくしんどい。この日は、つくばに向かうつくばエクスプレスの
中で半死の状態で寝てました。JAXAでも、ベンチに座って休みがちで。
先週末は鎌倉に行ったりもしたので、体を休めないと老体にはキツイですね



その後は、目をつけていたカフェ「Sieger」へ。

つくば1-8

元々は違うカフェに行こうとしていたのですが、つくば駅からJAXAに向かうバスの
車窓から見かけたカフェ。ドイツ語のKAFEE KONDITOREIという表記と、掲げられた
オーストリアの国旗に夫が興味深々だったので。

ちなみに、このカフェのお隣には、同じくドイツ語「Morgen」という名前のパン屋もあり。

どのおケイクもとても美味しそうで。
ウィーンのケーキ・ザッハトルテや、ドイツ人が大好きなマジパンを使ったケーキ等
ありましたが、ドイツの素朴過ぎるケーキではなく、日本人の好きそうな繊細さが
合わさったケーキのラインナップで、選びきれず・・・

甘い物が苦手な私でさえ、2つも注文(苦笑)
私は、フランボワーズのケーキと(左)、下がプリン・上がコーヒーゼリーのカップ(右)を。



オーストリアの国旗が掲げられていたので、ウィンナーコーヒーを

つくば1-9

内装少し暗めで、クラシックな趣の落ち着いたカフェ。
夫婦共々、とても気に入りました。



ビジネスホテルに宿泊。

つくば1-10

内装もシンプルで、壁紙の色も好みで良かったです。

ダブルの部屋を2部屋取って。
私と長女、夫と次女の組み合わせで。

長女は、私と一緒に寝られるのがよっぽど嬉しかったようで、
しかも二人で湯船に浸かれるのでそれも大興奮。

ベッドでは、中々寝なくて、「ママ、私麦茶飲むから、ママも飲んでね」と
半分夢に落ちかけてる私に何度も何度もリクエストで、マジしんどかったです(苦笑)

つくば1-11

今回の旅行を決めた時も、「ホテルに泊まるんだよ」とキッズに話したら、
長女が「ホテル嬉しい~だってうちのベッドより気持ちいいもん♪」と
狂喜乱舞しとりました。ホテルと仏像とカフェをこよなく愛す5歳児(苦笑)

後半に続きます~



↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 日本
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ヘトヘトに疲れた、ICEの旅。現在廃人状態(苦笑) :: 2016/04/03(Sun)
夫抜き2週間帰省@義実家から、昨夜ミュンヘンの自宅に戻りましたーーー。

滞在中は、このブログを読んで下さっている方から励ましや、労わり、癒しのコメント・メッセージを頂戴し、
本当にありがとうございました。いただいたコメントには、明日子供達を保育園にブチこんで送り出してから
ゆっくりレスをしたためさせていただきます。

金曜日の夜にフランクフルト便で夫、義実家に到着。
土曜日の夕方に、夫・私・子供達とマンハイム発のICE特急に乗り込み。

義実家からは義父が車でマンハイム駅まで送ってくれたのですが、駅近くでまさかの渋滞にハマり、
ギリギリに駅に到着。駐車場から夫・私・義父と荷物・子供を分担して運び、ホームに走り、ギリギリセーフ。

何とかICEに乗り込んで、ホッ

今回、往復共にICEの「Familienbereich」と言うエリア内の座席を予約。
「Familienbereich」とは、私の勝手な意訳ですが「家族連れエリア」みたいな意味合い。

事前に、DB(ドイツ鉄道)のホームページで見て、「子供連ればかりだったら中々良さそう!」とかなり
期待して乗り込んだのですが、乗ってみてビックリ、タダの普通の車両。しかも、子供連ればかりではなく、
普通の一人旅・2人旅の人もかなり多くて。

マンハイム⇔ミュンヘン間は約3時間の旅なのですが、帰路は人身事故か何かで1時間の遅延(涙)をし、
合計4時間の旅。この遅延分の最後の一時間で次女がぐずりまくり、ギャン泣きエンドレス・・・。

夫と交代で抱っこして、車両と車両の連結部分の人が居ない所で歩かせたり、隣の車両の売店がある車両で
窓の外を見せたり(立ち飲みで景色を見ながらくつろげるような設計になっている)、なだめすかしたり接待
しまくりで、もうグッタリです。同じ車両のオジサマから白い目で見られたりだったので。

どうもこのFamilienbereichは、該当車両全部が家族連れ対象というワケではなく、車両の一部分だけの模様。
しかも、Familienbereich部分の窓枠上にちょっとしたあまり目立たない「Familienbereichです」ステッカーが
貼ってあるのみでそれ以外の人には、特にアピールしていない。


こんなステッカーです。

ステッカー

高さ15センチ弱くらい?




どうせだったら、徹底して1車両を家族連れだけに絞って欲しい・・と思うのは、ワガママでしょうか?
その方が静かに過ごしたい人、子供が居る人にとって、お互いの為だと思うのですが・・。
「子連れだから煩くてもしかたがないでしょ」と居直っているワケではありません。

さて、そんなボヤきはともかく。


夫が日本から買って来たどら焼きを旅のお供に

旅のおやつ

正式なお菓子名は「おやき」ですが、まぁどら焼きです(笑)

THERMOSにはほうじ茶を淹れて。

夫とゆっくり食べたい・・
と思ってはいたのですが、まぁ無理でした(笑)
夫は長女(3歳)の接待、私は次女の接待。
途中交代したりでしたが、歩く楽しさを覚えた次女が
大人しくするワケがありません。

流し込むようにどら焼き一気食い(苦笑)

同じく、夫が日本から買って来た雑誌「VERY」も読みたかった
のですが、1ページも読めなかった(というか、手に取る事すら
できなかった)のも言わずもがな(涙)

音楽聞いたり、パソコン見たり読書したりの優雅な他の
乗客がとても眩しく見えました・・・マジ羨ましい



売店で、子供向けプレゼントをいただいて。

DBのプレゼント

以前、他の方のブログで、子供がプレゼントをいただける、と拝読した
記憶があり、でも詳しくは分からず。今回、次女を抱っこして車内を徘徊中、
車内売店近くにいらした車掌さんに勇気を出して訊いてみた所、
「ああ、あれね」と、売店のお兄様に「子供ちゃん用のプレゼント、出して頂戴」と
言って下さって、売店のお兄様が下さいました。図々しくも「もう一人子供が
居るので、もう一つ・・」とお願いして、無事に2個ゲット!!


そうそう、今回の1時間の遅延に際して、
何と、運賃の25パーセントが払い戻しされるそうです。

車掌さんが各乗客にこんなの配ってました。

DB遅延

赤丸部分、「60分以上の遅延」のボックスにスタンプが押されていて。
この書類の必要事項に記入して、添付の封筒で返送すると、
返金されるそうです。嬉しい・・。
でも、最後の1時間の次女のギャン泣き、辛かった(苦笑)



しかし・・チビ連れの旅は体力勝負ですね。
夜10時過ぎに自宅に到着し、荷解きせず半死状態でベッドへ。
疲れの理由は4時間の旅だけでなく、夫は出張疲れ、私は勝手が違う人のお宅で合宿してたから、と言うのもあります

時差ボケで翌朝、早くに起床した夫が、日本から持って来たお米でご飯を炊いておいてくれて嬉しかった(涙)
2・3日は廃人状態が続きそうです(苦笑)

今日もお付き合いいただき、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




母娘で色々やらかしてます @ 夫実家 :: 2016/03/23(Wed)
色々事情があり、夫抜きで私・娘二人と、夫の実家に、日曜日から短期語学留学(?)してます。
(そのいきさつはコチラです→

4日目の今日、娘共々色々やらかしてしまいました(汗)


★母(私)、義母のワイングラスを破壊

ダイニングのサイドボードにディスプレイされていた、切子みたいな美しいグラスに手をぶつけてしまい、
なぎ倒して割ってしまいました。ギャー

散歩から戻った義母に、「お母さん、ごめんなさい、やらかしてしまいました。泣かないで聞いてね」と
前置きしてカミングアウト。「こういうのは壊れる物だから仕方がない」とアッサリ許して貰えました(汗)
思い切り肝を冷やしましたYO

去年、バケーション先のデンマークで(多分フリマで)買ったそうです。
彫りが美しくて、多分ちょっとアンティークな感じの物。

前も夫実家で、シャワーの栓か取っ手みたいなのを破壊してしまった前科があり、多分既に
「要注意人物」認定されているかと。


★長女、壁に落書き(白目)

食後に義母と話していたら、長女(3歳)の所から「ガリガリ」と音が。
何かと思ったら、白い壁に鉛筆で落書きしてるーーーー!!!(白目)
ミュンヘンの自宅ではそんな事した事ないのに。
基本的に、落書き用の紙にしか描かせないようにして、あまり問題無くやってきたので。余計にビックリ。
あまりにビックリして、めちゃめちゃ叱ってしまい、長女がすごく落ち込んで。

義母が「いいよいいよ、大丈夫。消しゴムで落とせるから」とすぐに消しゴムで消そうとしてくれたのですが、
あまり落ちない(汗)。スポンジを持ってきて、「これで落ちるから」と長女を慰めてくれたのですが、それでも
落ちず(白目)


あーーーー色々疲れるぅ・・・。
普段保育園に行っている娘達とベッタリ一緒、夫抜き。

使わせてもらっている寝室と、子供用便座を置いてあるトイレのある2階、キッチン・リビング・ダイニングのある1階、
洗濯物を干すボイラー室のある地下を行ったり来たりで、普段「狭いーー」と文句タラタラのミュンヘンの自宅が
「何て楽なんだろう!」と(笑)

しかも、ちょっと移動しようにも、漏れなく二人の娘が付いて来て常に家庭内民族大移動状態。
次女は抱っこしないといけないし、後追いが激しすぎて、義父・義母に「ちょっとみててもらえますか?」って
言えない。長女は預けられるのですが、次女が常にだっこちゃん状態。

夫2週間の出張中のギックリ腰の再発リスクが怖くて夫実家に避難してるわけですが、むしろ余計に
ギックリ腰リスクが高まってる、と言う・・(苦笑)

家は狭いのに限るな。


義母が用意したカゴ

カゴ

キッチンの一角に置いてあります。
メモには、「ikebowの食料品」と書かれていて。


中には、私が持参した&実家近くのスーパーで入手した
食料品・離乳食などをIN

Lebensmittel

インスタントみそ汁とか、ほうじ茶パックとか海苔とか。



次女、ブランコを愉しむ、の図。

次女@ブランコ

ブランコに、娘たちを交代で乗せるのですが、
その度に子供を抱き上げたり降ろしたりで、
ギックリ腰再発リスクが絶賛うなぎ上り中(苦笑)


またまた次女

次女 in 庭

もう、お花の咲く季節になったんですね。




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




やっと使えた、DBのGutschein(クーポン券) :: 2016/03/21(Mon)

2週間弱の、夫実家での短期語学留学、昨日始まりました。
(語学留学のいきさつは、コチラです→

昨日、特急ICEを使って、義母と、子供二人(3歳&1歳)一緒に片道4時間の旅。
義母が居なければ、ホント無理でした、今回の夫無しの帰省。

とまぁ、それはさておき、久々の「旅のツール」ネタ。
今回は、DB(ドイツ鉄道)のクーポン券です。

ドイツ鉄道の料金が25パーセントオフになる、BahnCard 25と言うのを、年会費を払って夫と私の分を保持
しているのですが、時々ドイツ鉄道からクーポン券が送られてくるのですよね。
(BahnCardについての日記はコチラです→

有効期限が決まっていて、いつも「このタイミングでは旅行は全然プランしてないなー」と言うパターンで、
全く利用できた事は無く。民族大移動帰省ラッシュのクリスマスとかピークシーズンはあまりカバーしてない。

が、今回珍しく、良いタイミングで届き(10€でした)。
と言うのは、夫の2週間の日本出張が決まった直後に、ポストにクーポン券が届いているのを発見!!



こんなのです

DB Gutschein




残された女・子供どもが避難の為に夫実家に帰宅する事になり、ネットで電車の予約をする夫にしつこく
「Gutschein(クーポン)!Gutschein!」と念仏のように唱え、夫が煩がりつつ予約。
クーポン券に印字されていたコードをインプットし、無事に10€値引きの金額で電車の予約完了。

まぁ、10€ですが、カードを保持して4年目でやっとGutscheinを使えて、すごく幸せ(笑)
多分、幸せオーラ大放出だったと思う(笑)←やっすい女だ・・。

でもね、大体いつも、夫と私宛と2通のGutscheinが届いてたのですが、今回は夫宛てのみ。
夫が本会員、私が家族会員だから?

往路の予約時は、事情があって復路の日程が確定して無く、「復路の予約までに私宛のGutschein届くかなー?」
と毎日楽しみにポストを覗いてたのですが、ついぞ来なかった・・。残念無念。←「無念」ってそんなに悔しいか?(苦笑)

次回は、義実家での過ごし方などをレポートしたいと思います

今日もお付き合いいただき、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 旅のツール
  2. | trackback:0
  3. | comment:4



次のページ