FC2ブログ

+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 6歳と4歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




デンマーク旅 2019 ☆ 子連れ長距離フライト(6歳&4歳) :: 2019/08/21(Wed)

今日は、長女が溶連菌で学童を休んでいるので、長女とお籠りです。
色々予定を入れてあったのに・・・(号泣)

さてさて、気を取り直して、デンマーク旅レポ 最終章。
今日は「子連れ長距離フライト(6歳&4歳)」編です。

ドイツに住んでた時、子連れ(乳児)里帰り ドイツ⇔日本フライトを何度か経験して、その度にゲッソリしましたが、
今回、子供が6歳&4歳になると、やっぱり楽ですね。
と言っても「比較的」レベルですが


★航路★

成田⇔コペンハーゲン。
航空会社はSAS(スカンジナビア航空)です。

★SASのサービス★

アッサリしてます(笑)
食事と食事の間のワゴンでのドリンクサービス無かったかと。

まず、登場すると、座席前のポケットにミネラルウォーターのボトルが1本。
食事と食事の間は、それで飲みつなぐか、時々CAさんが「Water~ Water~」と持ってきて下さるのを
適宜挙手していただくか。どうしても何かジュースとか欲しければ、有料で買う事が出来ますが。

あと、離陸して最初の飲み物提供前のスナック(おせんべいとか)も無く。

ギャレーにリンゴジュース、オレンジジュース、お水や、おにぎりや個別包装のパウンドケーキ・チョコ等の
おやつが置いてあったり・・・なんて事も一切無く。でも、無いなら無いで、さほど問題無い事にも気づき(苦笑)


★食事★

エコノミーはチキンのみで、選択出来ず。



往路最初のお食事

SAS食事1

チキンのお料理は、意外に美味しかったです。
サラダもフレッシュで、「レストランレベル」と夫談。



最初の食事の後のアイス

SAS食事2

私・次女・長女・夫の横並びで座っていて、私と次女のレーンには
アイスが配られ、すぐ後に長女・夫のレーンにも来るかと思っていたら
全く配られず・・・長女が「どうして私はもらえないの?」とぐずり始め
たので(気持ち分かるよ 笑)、CAさんにお願いしてしばらくしたら
ドロッドロに溶けたアイスが届きました(苦笑)



往路2回目のお食事

SAS食事3

海老と玉ねぎサラダがめちゃ美味しかったです。
長女と次女が残した物を夫とガツガツいただきました(苦笑)




復路最初のお食事

SAS食事4

やっぱりチキンのみ。

日本で作られたお食事だからではないのか、サラダはうーん・・・。
でも、写真左のクラッカーは美味しかったです。



往路2回目のお食事

SAS食事5

左上の茶色と、左の袋入りの黒いパンが美味しかった!
ヨーグルトも、酪農王国だから美味しい。

と言いつつ、あまり空腹感が無かったので、殆ど持ち帰り、
帰りの成田エクスプレスの中でいただきました(笑)





★エンタテイメント★

パーソナルテレビのプログラムが充実していて、長女も自分で操作出来たので、退屈しませんでした。
(次女はサポートが必要)

往路・復路共に、2-3本の映画を鑑賞。
(復路はオーバーナイト便だったのに、全く寝られず!)

日本映画は、「人魚の眠る家」「未来のミライ」など観て楽しみました。
篠原涼子さん&今をときめく西島秀俊さん主演の「人魚の眠る家」は、元々興味が有り、観賞後とても印象に残り、
帰国してすぐに原作を図書館で借りて読みました。


★子供の為のエンタテイメント★

登場すると子供に配られるプレゼントも無し。
でも、前述の通り、パーソナルテレビのプログラム(子供用も)が充実していて、退屈知らず。
むしろ、往路のオーバーナイトフライト中、キッズはキッズプログラムに夢中で中々寝てくれず(苦笑)
特に、レゴムービーや、ゲームは塗り絵アプリがお気に入り。



SASとは関係ありませんが、@成田空港

@成田空港

得意の「おしりたんてい」ポーズです(笑)



ムービーに真剣!

SAS1

長女は踊りながら観賞(笑)



塗り絵も真剣モードで!

SAS2




★@コペンハーゲン空港★

旅の楽しみの一つ、それは、空港でのショッピング。
コペンハーゲン空港は、本当に好きで、なぜなら、毎年カタログが楽しみなコペンハーゲンの高級デパート
「イルムス」と、陶器で有名な「ロイヤルコペンハーゲン」のショップが有るから。

4年前のデンマーク旅でも、空港のウィンドーショッピングが楽しみで、帰国時、空港には3時間くらい前に到着
するよう、宿泊先を早めに出発した程。
その時は、MUUTOのガラスの花瓶を買い、8年程前のデンマーク旅では、ロイヤルコペンハーゲンの
マグカップや、STELTONのウォータージャグを夫が買ったり)

今回は、STELTONのティーポットを悩みに悩んで買わず、他の戦利品も無かったのですが、かなり目の保養
出来ました。

しかし、注意すべきは、イルムス等のエリアは、イミグレーション手前なので、おそらく免税エリアでは無い、という事。
セールの時期であれば街中でセール価格で買って、買い足りなかった分を空港で物色、が良し。

↑次回のデンマーク訪問の為の自分用のメモ書き(笑)

あと、私以外の3人は、レゴショップでの滞在時間が長く。
私は私で、イルムスに早く行きたいしでイライラして、夫とちょっと険悪に・・・(苦笑)

イミグレーションの列に並んでいた時他の方が持っていたエコバッグに目が留まり。
真っ赤な背景に、白抜きで「Copenhagen Airport」みたいな事が書いてあり、デンマークの国旗カラーが
目に鮮やかで。欲しい!と思ったのですが、後戻りしたい、と夫に言えず。

イミグレーション通過後、ショップで夫が売ってる場所を訊いてくれたら、「お土産屋さん」との回答。
イミグレーションとゲートの間のショップで探したのですが、見つけららず、断念。
次回に持越しです(いつデンマークを再訪出来るか・・・?)



空港のカフェで腹ごしらえ

こぺん空港

北欧X空港、と言う、二大・物価高いロケーションのダブルパンチで、
ちょっとパンと飲み物ってだけで6-7千円は行ったかと。
いや、7千円でも済まなかったも・・・怖くて円換算出来ない(汗)

アイスカフェラテは、あまり飲むとオーバーナイトフライトで寝られなく
なるので、「一番小さいサイズ」をと思ったのですが、一番小さくて
この写真のサイズ。500mlは軽く超えてたかと。





★雑感★

① 6歳児になると長距離は楽(4歳児はまだ・・・)。
② SASのサービスはあっさりし過ぎ。
③ コペンハーゲン空港でのショッピング(北欧雑貨)は楽しいが、恐らく免税区域では無い。
④ 物価が高い国なので、空港での食事は、予めパンなどを買って持ち込むのが良し。


という事で、コペンハーゲン旅の記録はこれで終わりです。
お付き合い下さり、ありがとうございました☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. デンマーク
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




デンマーク旅 2019 ☆ 星を眺める :: 2019/08/15(Thu)

デンマークでの過ごし方の一つ。
星を眺める事。

と言っても、ある晩、偶然眺めたら星が美しかった、というだけなのですが(苦笑)

宿泊していた休暇用住宅。
我々が使っていた寝室は母屋から直接入れなくて、一旦玄関から外に出て、駐車場の奥から入るお部屋で。
なので、夜、シャワーを済ませて寝室に引き取る際に、必ず一旦外に出なくてはならず。

その夜もベッドに入ろうと寝室に向かい、たまたま空を見上げたら美しい星空でした。
デンマークの田舎なので、都会と比べると星が沢山見えるんですね。

何やら白く濁って見える大きな部分があって。

まさかね。天の川が肉眼で見えるなんてね、そんな事無いよね。

と思いながら寝室に行き、寝たいた夫が目を覚ましたので、
「星が綺麗だよ。天の川みたいなのが見えたけど、そんな事無いよね」と伝えたら、
「あ、ソレ天の川だよ」と。

それから夫もいそいそと外に出て、星空を眺めてからまたベッドに戻ってました。

本当は、庭の椅子に座って長い間星空を眺めていたかったのですが、いかんせん田舎で真っ暗で
怖くて(苦笑)。一人じゃ無理。

星座の知識でもあればもっと楽しいのでしょうけど。
・・・でも、本当に星空が綺麗でした。

帰国して、前から行ってみたかったプラネタリウム(コニカミノルタのプラネタリア)も行きました。
長女の夏休みが終わる前に、長女と2人で再訪予定です。
また追ってレポします☆

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. デンマーク
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




デンマーク旅 2019 ☆ 誰かのお家でお食事 :: 2019/08/14(Wed)

デンマークででの夏の過ごし方。
その一つ、誰かのお家でお食事。

親族大集合したデンマークの村。
特に後半は、ほぼ毎日どこかのお家(休暇用住宅)で、ランチや夕食をいただいていました。



これは、義理母&義理叔母の所で

デンマーク食1

例え休暇用住宅でのお食事でも、ペーパーナプキンは
ちゃんとお皿の上に置いて。

左奥のドアの牛乳のポスターのデザインがカワイイ。

ちなみに、義母は季節に合わせたしつらえとか大事にするので、
装飾品とかもドイツから持って行ったりしています。



パスタに、お肉のクリームソースをかけて

デンマーク食2



既出の写真ですが、義理叔父夫婦&お孫ちゃんが
滞在した休暇用住宅

デンマーク食3

夕飯をお呼ばれ。
お庭でバーベキューを御馳走になりました。

グリルは、ミュンヘンのキッチン用品屋で4,000€(50万円くらい)くらいで
売ってたような立派な機械。10歳のお孫ちゃんが焼いてくれたのですが、
初めて彼に有ったのは、彼がまだ2歳の時・・・
立派に成長したね、とオバチャン心の中でちょっと涙目。



義理姉&我々4人が滞在した休暇用住宅にて

デンマーク食4

ロスキレでの街歩きから帰って来て、皆で義理姉の
お誕生日を祝うカフェタイム

写真には写ってませんが、左側のリビングスペースに、
義理母・義理叔母・義理妹夫婦とその1歳の娘ちゃん・
義理妹旦那さんのお母様も。



これは・・・何か別の機会に、同じく義理姉&我々4人が滞在した
休暇用住宅の外のテーブルで夕飯をいただいた時の写真

デンマーク食5

夫が作った海老のパスタ



朝食 @ 義理母&義理叔母の滞在先

デンマーク食6

「中々お義母さんに会えないのだから、もっと会ったら?」と夫に対して
思い、勝手に義理母とのアポを取りつけて、朝食を食べに。
突然「お義母さん、明日の朝行っていい?」的な短納期なお願いだったので、
お義母さんにちょっと迷惑だったかも(汗)

デンマークのジャガイモって、ドイツのより美味しくて、
デンマークに行く度にかなり食べます。



義理姉&我々4人の滞在先で、BBQディナー

デンマーク食7

グリル・マイスターの別名を持つ、義理妹の旦那さんが焼いてくれて




キッチン窓のすぐ外のテーブルで

デンマーク食8



ドイツの国民的スポーツ・BBQ(笑)

デンマーク食9



義理母&義理叔母滞在先への道すがら、ヘビイチゴを食す
ヘビイチゴだったかな?何かのベリーだった・・・

デンマーク食9

夫が0歳の頃から毎年この村で夏を過ごしていたので、どこに
何があるのか、勝手知ったる感じでした。

この日は、義理母滞在先で、義理妹家族や、義理叔父夫婦達を
交えてのカフェタイムだったかな?
(毎日あちこち行ってたので、記憶があやふや・・・)

後は、すぐ近くの家に滞在していた義理妹家族がしょっちゅう来て、
一緒に庭でランチして、キッズと義理妹の1歳の娘ちゃんを遊ばせたり。

写真は載せていませんが、義理妹家族の滞在していた家に集まって、
義理妹旦那さんのご両親を交えて夕飯をいただいたり。

毎日賑やかでした(笑)



今日も遊びに来て下さって、ありがとうございましす。

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. デンマーク
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




デンマーク旅 2019 ☆ かつてのデンマーク王国の都・ロスキレへ :: 2019/08/12(Mon)
デンマークでは、義理家族は海を堪能するのがイチバンの目的なので、基本は田舎滞在。

天気の良い日は浜に出て、天気イマイチな日は街歩きやショッピング。そんな過ごし方。
1回だけRoskilde(ロスキレ)という街に親族皆で繰り出しました。

ロスキレは、Wikipediaによると、15世紀半ばまでデンマーク王国の都だったらしく、かつてデンマーク王宮が
あったそう。世界遺産の大聖堂もある都市です。



ヴァイキング船博物館の敷地内を散策

ロスキレ1

モデルばりのポージングするのは次女(笑)



同じくヴァイキング船博物館の桟橋をそぞろ歩く

ロスキレ2

写真には写ってませんが、今回のデンマーク滞在で初めて
お会いした、義理妹の旦那さんのご両親も一緒で。



広場で義理妹の所の姪っ子(1歳になったばかり)と、うちのキッズが
激しく追いかけっこ

ロスキレ3

姪っ子の愛情表現なのか、うちのキッズをギューっと抱きしめては
おでこをうちのキッズのおでこにゴッチーンしまくるのが、可愛かったです

このグループの中ではうちのキッズがイチバン年齢が近いからか
姪っ子が親しみを感じてくれたようで、一緒に居るとニコニコして
くれて。ドイツ在住&日本在住と言う距離ゆえ、会えても年に1回
なので、それが残念・・・

前述しましたが、夫家族は夫が赤子の頃から毎年夏をデンマークの
海辺で過ごしていたので、夫や夫姉妹にとっては、デンマークが第二の
故郷のようで。義理妹はコペンハーゲンへの転勤(or 転職)を狙って
いるらしい。夫は日本に誘致していますが(笑)



博物館から大聖堂に向かう道すがらの公園

ロスキレ4

こういう場所が生活圏内にあったら良いでしょうねぇ。



カモ?の親子

ロスキレ5

癒される時。
カモにとってはストレスですかね・・・



夫家族は、義理父が外食が嫌いだったので、親が一緒の時は
外食は基本しないので、この外出も義理母がいるので外食は
無しかなぁ・・・と思っていたのですが、珍しくランチにレストランに。

お子様ランチに喜ぶ長女

ロスキレ6



と、私のスモークサーモンサラダ

ロスキレ7

サラダに干しブドウが入っていたのが残念でしたが(干しブドウは
好きですが、おかずが甘いのが好きじゃない)、サーモン自体は
美味しかったです。夫も唸ってました。



義理妹が私のカメラを引き取り、自分のランチを写真に撮ってくれて

ロスキレ8

他の家族が順に私のカメラを引き取り、それぞれのメニューの写真を
撮ってカメラを戻してくれました(笑)
にしてもこの海老美味しそう・・・

この後は、大聖堂見学隊とショッピング隊の二手に分かれ。
私はこの街は3回目で、大聖堂は見学済なので、ショッピングに。

大好きなIRMAロゴを擁するスーパーIRMAの店舗があるので、
とにもかくにもIRMAへ(苦笑)

日本から持ってくるのを忘れた次女の水着を買うべく、スポーツ用品店
にも立ち寄り、セール価格で次女の本気の水着をゲット。



街から村に帰ってから、義理姉+我々4人が滞在する休暇用住宅に
皆立ち寄り、義理姉の誕生日を祝うケーキコーヒータイムを。

苦手だったコーヒーを最近飲むようになったので、義理家族達に驚かれつつ(笑)

以上、デンマークのとある一日のレポでした。



↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. デンマーク
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




デンマーク旅 2019 ☆ 過ごし方No.1は・・やっぱり海! :: 2019/08/10(Sat)
デンマーク旅レポ続きを。
田舎の休暇用住宅で過ごしたのですが、過ごし方は、小さい町に出たり、フリマに参戦したり、庭でマッタリしたり
(しかしキッズが一緒なので、あまりマッタリも出来ず)・・・でも、過ごし方No.1はやっぱり海!ですね。

数年前のデンマークレポでも書いたのですが、ドイツ人、海への執着ハンパないですね!
いや、特に執着あるのは夫一族だけか・・・?

基本的に、スケジュールの組み方は、天気予報を観て、お天気悪い日に町歩き、お天気良い日は海!って
感じで。午前1回、午後1回、親族一同で連絡取り合って、皆で砂浜にに繰り出してました。



これは、到着翌日だったかな。
お天気悪かったですが、一応海へ(笑)

デンマーク海1

家族・親族には写真掲載の許可撮ってないので、ぼかしてあります。

外気温20.5度前後だったかと。
北海の海、冷たいんですよ(ブルブル)

私は水着に着替えもせず、砂浜で見学。
20分も経たずにキッズが水から上がってきて、クチビル紫にして
ブルブル状態。
↑夫よ、何でそこまでした入水させる・・・?



晴れた日は気持ち良いです。

デンマーク海2

でも入水した瞬間、水冷たくて「ヒィィッ!」となります(苦笑)。
そして、中々腰まで浸かろう、っていう勇気が出ない。
でも、10分くらいしてくると感覚が麻痺して来て、腰まで浸かれます。
心臓位置まで浸かるのは勇気が要るけど(笑)

私はそこまで海に執着心が無いし、砂にまみれるの好きじゃないし、
刺されると痛いクラゲも2-3匹ですが出て来てる、と聞いたので、
家でお留守番、という事も多かったです。

現地には10日程の滞在で、海に入ったのは最後の方に3回程度でした。
私が海に入ったら、珍しいという事もあり、キッズ、大喜びで。

潜ったらキッズ拍手喝采で、
「こんどは私の所までバタ足で来てみようか」みたいな事言われました(笑)
いや、確かに「ママは泳げない」って前に言ったけど、平泳ぎは出来ないけど、クロールは出来るよ?

それにしても・・・

キッズの成長には目をみはりました。
昨年12月から週一でスイミングに通い始めて、まぁまだバタ足&ビート板
程度なのですが、それでも1年前のドイツ・シュバルツバルト(黒い森)の
ウェルネスホテルのプールでの水遊びに比べたら、格段に進歩してます。

大体いつも同じビーチなのですが、1回だけ、義理叔父滞在の休暇用住宅
近くのビーチに。義理叔父持参のゴムボートにキッズを乗せてもらって、
義理叔父のお孫くん(10歳)が漕いでくれて。

義理叔父の奥さんは学校の校長先生なので、9年程前に初めて会う前は
バリキャリをイメージしていたのですが、実際会ってみると、物腰柔らかく
愛情に溢れて、私が出産した後は、会った事無いうちのキッズにイベント毎に
プレゼントを送ってくれたりして・・・。

実際の血のつながりは無いのに、すごく良くしてくれて。

今回砂浜でも、やどかりの殻とかを集めてキッズにプレゼントしてくれ。
私のドイツ語がアレなのであまり会話自体はしなかったのですが、今回、
一緒に過ごす時間を沢山持て、本当に良かったです。

プライスレスな休暇でした。



さて、海繋がりで。

デンマーク海3

ドライブ中、海軍の軍船と思われる船影を発見!
夫、大興奮でした



今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


  1. デンマーク
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ