+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




オサレを楽しみたい春 ☆ バックリボンカットソー :: 2017/04/24(Mon)

最近、ラブリーな服に惹かれる45歳主婦。
キモいよね(苦笑)

先日、リボンのついた籠バッグを買った事は書きましたが(その時の日記はコチラ→)、
バッグに引き続き、同じメゾン・maison de Rの「バックリボンカットソー」と言うのを購入しました。



素敵な後姿

MDRのカットソー

これ、着てみると置き画よりもっとラインが素敵なんです。

念のため、maison de Rのリンクを貼っておきます→
このリンクの画像のスカートも、先日発売したのですが、写真と同じ色(キャメル)を
オーダーしました。コーディネイトをパクりたくてw




私の写真でお目汚し恐縮ですが(汗)、着てみるとこんな感じです

お目汚し

私が着ると、素敵さ激減(涙)

夫には、「そのカットソー着てるikebow、セクスィだYO」と言われました。
私、他の人にはセクシーとか言われた事皆無なので、
きっと夫にしか分からない物質を放出してるんでしょうね(苦笑)

母が、「Tさん(夫の事)、目とか神経おかしいんじゃない?」と本気で心配してます(笑)
私の事を好き、って言う時点で、終わってるらしいですw



作られた方が、「普段着だけど、ちょっと外出もできる」のような事を
仰ってました(スウェット素材)。

だけど、私、観劇の時、劇場に着て行きました(笑)

素材違いで、近々夏向きのバックリボンカットソーを発売される
ようなので、それも楽しみで・・・・。



ドイツは、オシャレよりも実用性重視なファッションが現地人の間で
主流で(男性も女性も同じようなファッション 汗)、中々素敵な
洋服を見つけられず、かつ、育児で余裕が無くてじっくり探す事も
諦めて、本当に外出が嫌でした(あと、温かさ重視)

日本に本帰国してからも、家探しとかで心に余裕が無く、あとは
ドイツから送り出した荷物を受け取ったのが帰国して半年後
だったので、手持ちの服も足りなかったという事もあり、
「オシャレって何?」状態だったのですが、最近、また
ファッションに興味を持ち始めて。

でも、手持ちの服のケアも全然出来ておらず(毛玉取るとか、アイロン
かけるとか)、その状態で新しく買うなど言語道断、と思い、
最近はケアグッズを買い足したり、ケアグッズ用の引き出しを作って
使いやすいように収納するとか、実際にケアしたりとか、クリーニング屋
さんに頼るとか。遅まきながら、また大事にするようになりました。

あとは、日本の3LDKのマンションに引っ越して来た事により、収納場所が
激減し、断捨離をした事。これにより、本当に気に入る洋服だけ残して。
新しくお洋服・ファッション小物を1枚買ったら、1枚手放すように。

そうすると、心も軽くなるし、管理も楽になって。
良いサイクルが出来てきた気がします。
今更感がありますが(苦笑)



という事で、50代も射程圏内に入ってきたので、清潔感を大事に、お見苦しくないようにしたいと思います。
ここの所ストレスで、キッズが寝静まった後、10時頃のおやつが当たり前になってたので、太りました!orz
これ、早急になんとかしたいと思います。


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 装い・身だしなみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6




買いました、籠バッグ。 :: 2017/04/17(Mon)

この春、籠バッグを買いました。

10年、いや10年以上前から、時々アクセサリーやニットを買っていた、神戸のreal/lifeというブランド。
アパレルご出身のRIKAさんと言う方が個人的に立ち上げたブランドなのですが、最近、ブランドが替わり、
maison de Rとしてデビュー。

アイテムも、それまでのアクセサリーとニット類から、トップス・スカート・ケープへと徐々に広がっていて、
ますます期待できるメゾンに。


maison de R

インナーBagは白Xトープグレーのリボン


実はこのBag、届いた時返品しようかと思いました。
写真で見たイメージと違ったので。
(天然素材だから仕方ないけど、黒っぽい)

でも、RIKAさんがブログで書かれている、コーディネイト案を
そっくりそのままパクり(笑)、黒いタートルネック・黒いくるぶし丈の
パンツ、トレンチコート、黒いバレリーナを着て、この籠Bagを持って
みたら・・・素敵!(私が、じゃなくて、コーディネイトが 笑)

返品は止めて、大事に使わせていただく事にしました。

アラゴスと言う素材が使われているらしく、強度があって、
ひっかけなどが発生しづらく、長持ちする素材だそう。
実際に、チュールスカートと合わせてお出かけしましたが、全然ひっかかりがありませんでした!

「中国製のものが多く出回っていますが、見た目は綺麗で、持つと
とても軽いんですが、 ぽきぽきと簡単に折れてきてしまうことを考えると
なかなか採用できず、国内生産のものを選んでいる」との事。

RIKAさんの物づくりの姿勢に共感しているのと、コーディネイトが素敵
なのと、子育てされているのと、自分がドイツから日本に戻ってきて、
少し余裕が出てオシャレを楽しみたいとまた思ってきた頃から、
毎日ブログをまた覗かせていただくようになりました。


で、この籠Bagですが、インナーBaが別売りでも対応されているので、
違うお色のも後から買いました。着せ替えして、違う雰囲気も楽しみたくて。



黒x黒リボン

インナーバッグ黒黒2



これを籠Bagにセットすると・・・

インナーバッグ黒黒

こんな感じで。

違う雰囲気を楽しめます。
今後、インナーBagはボーダーとか、グレーとかも考えられて
いるそうで、グレー好きとしては、絶対に欲しくなってしまいそう・・・


ちなみに、小物にはこんなチャームが付いてくるのですが

mdrチャーム

いちいちツボです(笑)

maison de Rのお洋服・アクセサリー・小物、今後も目が離せません。

maison de Rのホームページは、コチラです→




今日も遊びに来て下さってありがとうございます★

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


  1. 装い・身だしなみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




ずっと探していた、紺色のBagを買いました。 :: 2016/12/25(Sun)
ずっと探していた、紺色のBagを買いました。

ずっと使っていた紺色のカバンがボロボロで、ここ2年程「紺色のBagで良いのがあったら買いたい」と
思っていて、先月、やっと良い物が見つかり、買いました。



エルベシャプリエのトート

エルベ

紺色バッグ X 茶色のエンブレム配色に一目惚れ

革で無いのに高いし、このカバンの形状、中身がグチャグチャに
なるので、一目惚れしつつ、「でもなー」と思って保留していたの
ですが、紺色の色味が素敵で。

あと、カバンは肩に掛けたいので、持ち手はもっと長い物が
良かったのですが、このカバン、持ち手が短い方が私には
バランスが良く思えて。

悩んだ末、利便性はこの際諦め、ルックス重視で自分が良いと
思うバランスの短い持ち手を選びました。

で、カバンの中でグチャグチャになる問題については、今更感が
ありますが、Bag in Bagを買う事で解決しました。



MUJIのBag in Bag

MUJI BiB

本当は、買う物は、あちこち探して、本当に納得した物を買いたいのですが、
手のかかるキッズがいるとそれも中々できず(苦笑)

最初にMUJIでコレを見て、好きな紺色だし、内側の青色もステキなので
一発OKで購入(紺色トートの中で目立たない、という問題はこの際さて置いて)

ちなみに手前左ポケットから飛び出しているのは、ドイツが誇るパン・ブレッツェル
モチーフのキーホルダーです。ドイツから日本に引っ越して来る直前に、お友達
からいただいた、大切な物。

それにしても、いやー、Bag in Bagっていいですね(笑)←今更・・
カバンの中で物が泳がないし、毎日持ち歩く物の定位置があるって、
ホント、カバンの中で探すストレス激減でイイ

「何でもっと早くに買わなかったのだろう?」とさえ思います(苦笑)

お財布も入れたいのですが、私のお財布って分厚いタイプなんですよね・・
お金がイッパイ入っている、というワケではなく、二つ折りの、元々分厚いタイプ

このBag in Bagに合わせるべく、前から欲しかった、スリムな長財布を
本気で探そうとさえ思い始めました。ま、これはまたいつか。
今使っているお財布が(これも紺色!)ボロボロなんですよね・・

お財布を入れないので、代わりに空いてるスペースに読みかけの
文庫本までも入れてます(笑)

という事で、良いお買い物が出来てよかったです。



今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 装い・身だしなみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0