+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




妊娠初期のキロク ☆ 不正出血とか低血圧とか :: 2014/07/29(Tue)

ミュンヘン、7月も終わりなのに今日は涼しいです。
ご近所さんは出勤時にトレンチコートをお召しに。夏はいずこへ?

さて、私の妊娠も4か月目に入りました。
今日は妊娠初期のキロクをば。

★不正出血★

6週目頃、出血が少量。
色は茶色だし(鮮血でない)少量だし、ネットの情報を見て「まぁ問題ないだろう」と思っていたら4日続き、4日目には
少量ながらも鮮血に変わったので婦人科へ。エコーで調べ先生の所見は、「ベビの横に普段はな袋があって
それがベビを外に押し出そうとしている。その為の出血」。。みたいな事で(夫が聞いて翻訳してくれたけど何だか
怪しいな 笑)、3・4日間の安静を言い渡され。

それが木曜日。翌週は婦人科が一週間お休みだったので経過観察できず、さらにその翌週の月曜日に再訪問。
袋も消えていて「問題無し」との事でホッ☆


★つわり★

娘妊娠時と同じく、ありがたいことに酷いつわりは無く。
ただ、いつも何が食べたいのか分からなくて困りました
食べたい物が分かっても「がんもどき」「水ようかん」とかこちらで手に入りにくい物ばかりで・・(涙)
あまり食べたくなかった物を食べると、気分が悪くなったりしましたが、戻したりとかまでは無かったです。


★低血圧★

元々血圧は低い方なのですが(朝寝起きが悪いとかそういう事は無いですが)、今回も低血圧を指摘され。
上90、下60くらい。婦人科の先生に、「血流を良くした方がいいわね。ストッキングを使用してみますか?」
(おそらく着圧ストッキングみたいなの)と訊かれ、処方箋が出るみたいなのでお願いし、処方箋ゲット!

いつもの通り処方箋を持って薬局へ行きましたが、「薬局には置いてない。特別なお店に行って」と言われ、
紹介されたお店へ。歩行補助器とか靴底とか健康に良いグッズを販売しているお店でした。

つま先近くから太もも近くまで10か所のポイントのサイズを測り、自分の足に合ったストッキングをゲット。


ソックス

ちゃんと箱に入っているのですが、この箱、パッと見では
ストッキングが入っているとは分からない。

太ももまでビッチリ引き締めてくれます。


お店によると、これは保険でカバーされているそうで無料。
ただ、お店には2種類あり、これは普通の品質。
これよりもっとなめらかなソックスの方は20数€との事。
「品質良い方がいいわよね?」と言われたのですが、
ズボラな私は本当にちゃんと履くか分からなかったので、
今回は無料の方をお願いしました。

無料の方にしたので履き心地が気になるかな?と
思いましたが、そんな事はきにならなかったです。

履くごとに洗わないといけないので、1足では生活上
足りず、先日婦人科を検診で訪れた際、もう2足分の
処方箋を書いていただきました。





★倦怠感★

7週目~12週目くらいの間、倦怠感がありました。
不正出血で3,4日横たわったいてからダラけグゼがついたのか(苦笑)、とにかくもう毎日疲れて。
娘が保育園に行っている午前中は昼寝してる事が多かったです。おかげで、家事も手が回らず(苦笑)
ドイツ語コースはなるべく休まず行っていたものの(でも1日くらい休みました)、授業にも全く集中できず、
復習までする気にならず宿題を適当にやっつけるのが関の山で。「ドイツ語なんてどーでもいい~」って
心境でこの期間中単語の1個も覚えませんでした。。

★出生前検査★

先日、染色体異常の有無を調べる血液検査(日本で言う「新・出生前検査」に相当するかと)をしました。
その事については、後日また別に日記に書きたいと思います。


・・とまぁ私の妊娠初期はこのような感じで比較的平穏に過ぎて行きました。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
  1. マタニティーライフ・出産
  2. | trackback:0
  3. | comment:3




保育園行事 ☆ 親と子のピクニック♪ :: 2014/07/28(Mon)
先日、保育園行事がありました。
名付けて、「親と子のピクニック」


15:00開始。
自作の食べ物の入った大きい袋や、敷物を手にした親たちが保育園前に集まってきます。

・・でも・・子供たちの姿が見えないだけでなく、保育園内部が暗い。何故?
保育士さんの一人が、「みんなで子供たちを探しに行きましょう!道のあちこちにヒントが隠されているので
ヒントを見ながら道を探して下さい」と。

道中の何か所かに風船が繋がれていて、その風船の紐に括りつけられている紙にヒントがあるようです。
先頭のパパさんママさん達がヒントを見ながらみなでワイワイしながら歩く。




ピクニック1


歩いて5分くらい経過した頃、視線の先の公園に何やら集団が見える。
・・子供達でした

ピクニック2


何だか、それだけの事なのに、道中子供への「会いたい」と
いう思いが高ぶってきて面白い感覚。
普段は「一人になりたいー」とか思ってるのにね(笑)
保育園のスタッフさん達の演出がニクすぎる



遠くから親たちが「おーい!」「ママよー!」「パパだよー!」と手を振る。何が何だか分からない子供達(笑)
娘は我々夫婦に気づかずキョトン(笑)2mくらいの距離まで来てやっと気が付くアホゥな娘。アホゥな所は母親譲りだ

子供たちの再会を喜んだ後は(?)それぞれが持ち寄った食べ物を中央に並べて、ブッフェ形式で皆でつつきながら
歓談タイム。うちは小さなおむすび2種類(ごま塩と、鰹節醤油)を合計20個ほど。魚原料も含むので、念の為
原材料を書いたポストイットメモも貼っておき。供給過剰な中、1個残りましたがそれ以外は出払ったので良かった
です。1個も売れなかったらどうしよう、と実は不安だったので取りに来た人を後ろからガン見してました(笑)



ブランコ大好き♪

大好きブランコ




歓談タイム中は、保育士さん達から娘の様子もゆっくり聞けて(いつもピックアップの時細かく様子を教えて下さる
のですが)、それもありがたかったです。保育士さんによると、ウチの娘は「タフ」だそうです(苦笑)
ドイツで強く生き延びていけるかしら?

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




日本熱がアツい義姉と甥っ子の本気度 :: 2014/07/27(Sun)

来週から、3週間半程横浜の実家に里帰りするのですが、その間に義姉と甥っ子(12歳くらい)が遊びに来ます。
彼らにとっては初の日本、初のアジア圏。

甥っ子は日本のマンガ・アニメ・ゲームが好きだし、ラーメン好きだし、今回の我々の帰省日程を決めた時、ダメ元
で義姉に「一緒に日本に来る?」と誘ってみた。スポンジのように何でも吸収し、感性が豊かな年代の甥っ子に
良い経験になるのではないかと思って。

甥っ子はギムナジウムに通っていて勉強も忙しそうだし、あっさり却下かと思いきや、「フライトチケット取った!」と

それからの彼らの日本に対する熱い思いがハンパない(笑)
ガイドブックを読み込みネットで情報を検索するだけでなく、旅に役立つ日本語のリストをダウンロードしてたり。
それだけでなく、彼らが住むボーデン湖近くの町の日本語講座に申し込んだと

残念ながら一番早い開講は、彼らが日本のバケーションを終えた後の9月なので今回の来日には間に合わない
けど、「また来年日本に来る時に役立つでしょ」と(笑) 
日本語を習い始める事も驚いたけど、ボーデン湖近くの町で日本語講座が開講される事ももっと驚きYO


彼らの日本に対する期待値が高すぎて、「すごくガッカリして帰国したらどうしよう・・」と若干変なプレッシャーもある
ものの(汗)、定期的な運動や食事に気を遣う義姉には和食が口に合わないワケないし、甥っ子は漫画を通して
日本の文化への興味があるし、礼儀正しく優しい子だから日本文化に適合しそう(笑)

・・そんな彼ら、来日を前にこの週末はミュンヘンの我が家に1泊で打ち合わせに来てました。
目的は打ち合わせだけでなく、和食材・どら焼きの購入と、ショッピングも兼ねてですが。

ミュンヘンに来るに当たって、「食事は何がいい?」と訊いたら、「和食だったら何でも」と。私がアジア人だからと
言って見下す事はなく、ドイツからすれば完全アウェイの私の国の文化をに興味を持って尊重してもらえて、
幸せな事だなぁ、と。ちなみに夫も日本大好きで、日本への郷愁の念は私より強い(笑)

ちなみに今回の和食材店で、彼らはいつものどら焼きに加えて、「チーズ蒸しパン」を初購入したのですが、甥っ子は
めちゃめちゃ気に入り「美味しい!美味しい!」を連発。「日本にあちこちあるコンビニでいつでも買えるよ」と言ったら
目を輝かせていました。カワイイー

彼らの目に日本がどう映るのか & 心の化学反応が楽しみな里帰りです。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. ■家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




利用してます ☆ ガスタイクの図書館の自習スペース :: 2014/07/24(Thu)
以前にもミュンヘンの図書館の事を日記に書きましたが(その時の記事はコチラ→)、今日もまた図書館の事を。

いつも利用するのは、S-BahnのRosenheimerplatzにあるGasteigの図書館。
ここ、自習できる机があちこちにあって、便利なんです。

先日、午前中にGasteigで用事、午後3時半からGasteig近くの診療所に予約を入れていたので、「1回家に帰るのも
面倒だし・・」って事で、図書館の自習スペースで自習する事に。



自習室@図書館

家だとネットサーフィンしたりオヤツ食べたり
中々集中出来ないので、助かる(笑)
↑意志が弱いだけ~





ドイツ式1階の正面玄関から入ったフロアーには自習机が見当たりませんが、それより上のフロアーに行くと
あちこちに机と椅子があります。私のお気に入りは、絶対に静かにしないといけないArbeitsplätzeというエリア。
Ebene2.1のInfoの奥にあるスペースです。

他の場所も基本静かなのですが、先日は他の場所に席を取ったら、運悪く作業中のスタッフのオバサン達と
思われるご一行の会話が煩くて、Arbeitsplätzeに移動したら静かでした。トイレが近いのも

他にはまだ利用した事ありませんが、個室(と言ってもマンガ喫茶の個室くらいの大きさ。でも落ち着けそうです。
多分要予約)があったり、グループ作業できる場所があったり、荷物を預かってもらえるロッカーがあったり
(1週間まで預け入れ可能だそう)、何かと便利。ロッカーは扉が透明なので中が見えるのですが、重そうな本とか
教材とかパソコンとかミネラルウォーターボトルを預け入れる人も。

Rosenheimerplatz周辺で長時間潰す必要性がある場合、お勧めです。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




またまたお世話になります ☆ Mutterpass :: 2014/07/23(Wed)

昨日、スーパーのレジの台にレモンシャーベットを置いて列に並んでいたら、後ろのおじさんに話しかけられました。

おじさん: マンゴー味もあるよ

私:     あ、そうですか。でも私レモンシャーベットを買いたいのでマンゴーはまた今度にします。

おじさん: マンゴー味もあるよ

・・・ものすごく力説してました(笑)そんなにマンゴー味お勧めなのかな? 今日また同じスーパーのアイスのケースを
念のため覗いてみたけど、マンゴー味は無かったよ(笑)ちょっと不思議なおじさんでした。


まぁ、それはさておき。


どうやらワタクシ、どういうワケか齢42歳でまた子を授かりまして(汗)、気づけば妊娠4か月目に突入。
先日、ダウン症などの染色体異常の有無を調べる血液検査をし(日本で言う「新・出生前検査」に相当すると
思われる)、昨日「問題無し」との検査結果が出てホッとしているところです。



というワケで、またまたコレにお世話になってます
Mutterpass(母親手帳)


Mutterpass1

1冊で2回分の出産の記録を書き込めるように
なっており、娘の妊娠時のMutterpassの
後半部分を現在使用しています。




妊娠が分かってから、マイナートラブルがあって「3-4日間自宅で安静するように」と言われてずっと横たわっていたり
(でも3-4日だけだったのでそんなにシリアスではありませんでした)、ダウン症の有無の血液検査を1回失敗して
後日2回目トライしたり、低血圧を指摘されて膝上丈のキツい二―ハイタイツを履いてみたり、1回目の妊娠時には
なかったアレコレを経験してます←また時間を見つけてUPしていきたいと思います。

酷い悪阻は無かったものの(有り難い事です・・)、毎日何が食べたいのか分からず、和食のアレコレを考えては
郷愁の念に苦しんだり(苦笑) 検査結果も問題無かったし、予定していた来週からの里帰りも予定通り実行でき
そうで、「食べる物リスト」の作成に余念無く

いたずら盛り&ヤンチャな娘が居て、しかも完全な体力ではないので(それに歳だし・・苦笑)、日本で無理せず
休み休み愉しんで来たい思います♪

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





     


  1. マタニティーライフ・出産
  2. | trackback:0
  3. | comment:20




最近のウチメシ ☆ かまたま納豆パスタなど :: 2014/07/20(Sun)
ここの所暑いですね・・
って、日本の夏と比べたら全然楽なレベルなのですが、少々堪えてます。

さて、全然(相変わらず 笑)大したもの作ってないし、テーブルコーディネイトの「テ」の字も無いですが・・
久し振りにウチメシ、UPさせていただきます。



一番ヒットの、かまたま納豆パスタ

釜たま納豆パスタ

カルボナーラのように、生の卵をゆでたパスタに和えて納豆・海苔を乗せたもの。
ドイツでは生の卵を食す事は敬遠されてますが、最近私は気にしてません(笑)

ちなみにクックパッドで見つけたレシピです。
すみません、勝手にリンク貼ります→



暑い夏にハマる、トマトの冷製パスタ

トマトの冷製パスタ

友人Tさんが貸してくれたケンタロウさんのレシピ本を参考に。
コクを出したくて、バルサミコ酢をプラスしました。
夫も大好きメニュー。



上記と似たようなメニューですが、トマトとアボカドの冷製パスタ

トマトとアボカドの冷製パスタ

これもクックパッドから。リンクはコチラ→
パスタにアボカドがよく絡むよう、アボカド半量はマッシュしてみました。
こちらも夫大好きメニュー。



ワンプレート夕飯

ワンプレート夕飯

豆の炊き込みご飯、肉団子とマロニーのスープ、カブのソテー

カブのソテーは友人Tさんのお宅でご馳走になったメニュー。
とても美味しかったので、マネしてみました。
豆の炊き込みご飯は、炊飯ジャーでなく、鍋で炊いたので
おこげもあって良し♪



アボタコライス

アボタコライス

クックパッドのレシピにアボカドをプラスしました。
ご飯が見えないほどトッピングだらけ・・(笑)
レシピはこちら→



夫作ですが、ボロネーゼパスタとカプレーゼ

夫のボロネーゼ

夫のボロネーゼには、ひき肉だけでなくベーコンも入れるので
味に奥行きがある感じがします。



・・・こうしてみると、パスタ率高いですね(汗)

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. うちのごはん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




B2-1レベル、全く自分のモノに出来ないまま修了。 :: 2014/07/17(Thu)

先週、ドイツ語B2-1レベルコースが終わりました。
全く自分のモノに出来なかったまま感満載状態で
じゃぁ今までのレベルは自分のモノに出来てたのかよ?と訊かれたら、答えは「否」なんですけど(笑)、今回は酷かった。


B1テストを受けた5月末くらいから全く集中できず、モチベーションも乱高下したまま。
それまで必ずドイツ語コースで習った事は家で復習してから+ボキャビルの努力をしてから翌日の授業に備えてた
のですが、今回は宿題をするのがやっと。それと、テキストがつまらなく感じ、テキストの復習をどうしてもする気に
なれず。言い訳言い訳~

そんなこんなで最終日を迎えてしまい、そのまま今に至る。←何を堂々と言ってるんだ?

とは言え、学期中は新しい挑戦もしました。
先生が課外授業に「観劇」をプログラムに入れてくださり、ドイツ語で初観劇。
(昔旅行でドイツ・オーストリアに来た時に、オペラやミュージカルは観た事あったのですが、ストレートプレイは初めて)


Fahrenheit 451

グループ割引で7€でした



他に課外授業のプログラム候補としては、美術館鑑賞や、ミュンヘン映画祭での映画鑑賞、とかも挙がっていました。
映画やストレートプレイはまだ自分には早い・・と引け腰だったのですが、「あまり簡単な事をしても意味が無い」と
思い、思い切って参加。思ったよりは理解出来て、俳優さん達も良かったので寝落ちせず楽しめました。
元々舞台は好きで、東京で良く観劇してた時期があったので、その頃を懐かしみ遠い目になったり。

さて、今月末から横浜の実家への里帰りを控えていたり事情があってしばらくドイツ語コースはお休みします。
次は9月末からまた受講する予定で間が空いてしまうのですが、全然物に出来なかったB2-1レベルを、その間に
復習してボキャビルしながら自分のモノにしていきたいと思い、学習スケジュールも立てました。
・・既にビハインドしてしまってますが(笑)。

このため、このまま間を空けずに次のレベルに進むクラスメートとは離れるのを寂しく思い、特に親しくしてくれてた
クラスメートや和食に興味持ってた人4人をお誘いして、昨日、ラーメン屋「匠」さんに一緒にお邪魔してきました。
メンバーの国籍構成は、中国人2人、ハンガリー人、グルジア人。

特にハンガリー人とグルジア人は、未知の食の世界にハマってくれたようで、楽しいひと時でした。
お店の人も丁寧にメニューの説明をして下さり、感謝です。
で、次回の会合は、グルジア料理レストランに決定

私は結構シャイで(ホント?)面倒くさがり屋なので、人をお誘いするのってすごく勇気とエネルギーを必要をするの
ですが、思い切ってお誘いしてみて良かったです。

次のドイツ語コースではどんな出会いがあるのかしら?

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 語学
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




ワールドカップの通訳ボランティア ★ その後のボランティア活動と今後の希望 :: 2014/07/16(Wed)

ワールドカップが終わる前に終わらせておきたかった、「2002年日韓共催ワールドカップの通訳ボランティア」
シリーズ。3日遅れで(汗)完結させたいと思います。途中で不倫シリーズ(?)を挟んだりでかなり寄り道(苦笑)

今日は、「その後のボランティア活動」「今後の希望」編です。
もしよろしかったらお付き合い下さい♪

ちなみに、過去シリーズは↓です。
①「応募・選考面接編」はコチラ→
②「準備活動・本活動編」はコチラ→
③「打ち上げ、出会い・感想編」はコチラ→



その後のボランティア活動 

ボランティアメンバーとは「W杯が終わってそのままボランティアチームが解散って、何だか勿体ないよね。
一人一人の力は小さいけど、集まればお役に立てるのにね」とはW杯中にかねがね話していて、解散後に有志を
募りあらためてボランティアグループを発足し、外部団体からリクエストがあれば協力する事に。
これは、新グループの運営側がメンバーだけでなく、グループのあり方を横浜市の人と相談しながら進めていきました。

その後このグループに通訳ボランティアの依頼があったのは一部ですが下記のイベントです。

●TOYOTAカップの通訳ボランティア (今はTOYOTAカップとは言わないかも)
●パラグアイ日本学校の日本修学旅行アテンド
〇赤いくつ号(横浜みなとみらい地区を走るレトロなバス)のガイド
〇国際的なスポーツ大会の通訳

・・などなど。

実際私が参加したのは●くろまるの2つのイベントです。

●TOYOTAカップ

これは、ACミランと南米の某チームとのマッチで、練習するACミランチームを取材するイタリア取材クルーの通訳。
と言っても、イタリア人取材クルーはACミラン選手とはイタリア語で取材するので、殆ど我々通訳ボランティアの
サポートは無用で(笑) 何か困ったことがあれば我々ボランティアが対応する・・という物でした。

ACミランの選手を間近に見られたのは役得でした(笑)
でも運営側の管理が厳しくて、練習中、ボランティアの我々には「ピッチに出るな。控室で待機」と言われて
ちょっと欲求不満(苦笑)思ったようなサポートができず、また、通訳ボランティアの存在も取材側は知らなかったりで
(知らない=困ったことがあっても助けを求められない)課題が残りました。


●パラグアイ日本学校の日本修学旅行アテンド

パラグアイに、日本学校という学校があります。
日本で日本式の教育に感銘を受けたパラグアイの人が建てた学校・・というようなお話を受けました。
その学校に通うパラグアイ人の子供たちが、日本に修学旅行に来た際、金沢八景シーパラダイスでのアテンドの
お手伝いをしました。

20人くらいの子供達が来日したと記憶してます。
数人のグループに分けて、各グループに1-2人のボランティアがついて一緒にシーパラダイスをまわりました。
子供たちの目がキラキラしていて可愛かった~。
引率でついてきたママさん達が自分勝手で閉口しましたが(苦笑)、根はいい人達で良い思い出です。

言語はスペイン語らしく、事前に1か月間「30日で話せるスペイン語」みたいな語学本を買ってコソ練して挑み(笑)
でもイタリア語と似ていたので、何とかなった・・かも。ラテン言語を1つ勉強しておくと汎用性があっていいな、と実感。

〇赤いくつ号のガイド

桜木町駅前~赤レンガ倉庫~中華街近くを走る、レトロなバスのガイド。
お話をいただき、受けするかどうか決める前に、どんなものか拝見したくて実際に週末にバスに乗ってみました。
その時間すごく混んでいて苦しく(ラッシュアワー並み)、ガイドさんのお声が全然聞こえなくて(しかもみんな
おしゃべりに夢中で聞いてない)、「私には辛いかも」と思い、辞退させていただきました。
でもちょっとやってみたかったな(笑)

・・他にももっと色々ボランティアのお話があったようですが思い出せた物だけ記載しました。
グループの運営側によると、色々ボランティアのお話は来るものの、依頼者の中には「ボランティア(無料)でラッキー!
無料でつかってやれ」みたいなのもあったらしです。



今後の希望 

2020年に東京オリンピックが予定されていますね。
元々日本でのオリンピックの招致は私は反対の立場だったのですが(他にもっとお金をかけるべき所があるだろう・・
と思っているので)、決まった以上は、もしその時都内に住んでいて応募資格があれば、通訳ボランティアとして
参加できれば・・と思っています。

できれば第一言語はドイツ語が良いのですが、今はまだ残念なレベルなので、2020年までには何とか・・(汗)
あとは英語のブラッシュアップも同時に。・・こちらは中々手が回ってませんが

身近な所では、子育てが落ち着いたら、ここミュンヘンで参加してみたいプログラムがあって、そちらもボランティアで
何かお手伝いできれば・・と思っています。まぁまずはやっぱりその前にドイツ語の上達・・ですね。

これで、ワールドカップの通訳ボランティアのシリーズを完結させたいと思います。
長いシリーズにお付き合い下さった方、ありがとうございました☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村







  1. 語学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




昨夜はマジ切れ寸前(汗) :: 2014/07/15(Tue)

今日は単なる愚痴です。 半分、「育児あるある」的。
愚痴が苦手な方はスルーしてください。

昨日は・・というか今朝3時半頃、マジ切れしそうになりました。
何故って、娘がメチャメチャ元気だったから・・

昨日朝、娘を保育園に送り出す支度をしていたら、娘の体が何だか熱い。
熱を測ったら38.4度。子供の平熱を考えたら高すぎる数値ではないけど、保育園お休み決定。
1日娘と濃密な(?)時間を過ごしました。

で、最近疲れやすい母(私)。
娘の熱を良い事に、二人でガンガン昼寝。気づいたら午前・午後合計で5時間近くシエスタ・・。
「夜寝られないだろうなぁ」と思ったら、案の定と言うか。

夜8時過ぎに娘が寝落ちしてくれたのはラッキーだった。そこまでは良かった。
が、10時半に起きてきて、それからフルスロットルな娘orz

途中途中寝かしつけを試みたり、私のベッドで私の隣に侍らせて私はもう寝ようとしてたら、指を私の鼻にねじ
こんでくるわ(く、苦しい・・)、私の顔面にダイブしてくるわで・・それまでは優しく「おねんねしようね~」となだめて
いたものの、朝3時半頃ギャン泣き開始で私も限界感じてキレそうに。

ってか、切れて「うるっさいんだよ」って言っちゃった。。
その時タイミング悪く、隣室で寝ていた夫が「大丈夫・・?」と。
虐待、と思われた?(笑) いえ、それまでは聖母マリア様のように優しく接してましたから・・

まぁその後何だかんだで4時過ぎにはご就寝になられて。
朝はいつも通り保育園登園の為7時近くに起こしたらめちゃ機嫌悪くて。

私がすることなす事許せないらしい。全然いう事聞かず、でもパパのいう事は聞く
いつもは夫が朝娘を保育園に連れて行くのですが、今朝は仕事の都合上私が連れて行き、保育園で身柄引き渡しを
済ませた後、保育園⇔自宅の間のカフェでガソリン補給。


ここのカプチーノ、泡立ちが繊細で美味しいんです

カプッチョ

ローマ時代にタイムスリップ。



ちょっと気分をリセットしてから帰宅。
さぁ、今日も頑張りすぎずに頑張ろうっと!

現在睡魔との死闘を繰り広げております。
今昼寝してしまうと夜眠れなくなる気がする・・


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:6




6月の読書記録 ☆ 「豊穣の海」シリーズ完結 :: 2014/07/12(Sat)
気付けば7月ももう半ば・・
もはや遅すぎの感がありますが(汗)、6月の読書記録をば。

注)ネタバレ有りです

                                             

「暁の寺」 / 三島由紀夫著


     暁の寺


4月から読んでいる「豊穣の海」4部作の3作目。
1作目から登場している本多から見た、1作目松枝清顕の輪廻転生の物語で、松枝は本作ではタイの王女に転生
している。

本多の変貌に若干嫌悪感は抱き、小説と自分の間に距離を置きながら読み進めました。
仏教理念が難しくて、1回読んだだけでは理解できない・・と思いましたが、インドでの描写がとても良く、情景が
目の前に浮かびました。


「天人五衰」 / 三島由紀夫著


     天人


同じく「豊穣の海」シリーズのこちらは完結編の4作目に当たる。
本多の変貌にますます距離感を感じつつ、謎と余韻の残る読後感。

1作目「春の雪」で聡子は宮家の男性と婚約中ながらも、松枝清顕との禁断の恋に走っている。
その聡子が晩年を迎えた、この完結編の最後に清顕の事を「お名をきたこともありません。そんなお方はもともと
あらしゃらなかったのと違いますか?」と言わせている。

作者がどうしてこの言葉を聡子に言わせたのか・・理解力・洞察力の弱い私にはその理由が理解できない。
賢い人には分かるのだろうけど(汗)

そういう意味でも、このシリーズは印象に残りました。
後ででAmazonのブックレビューで他の人がどう感じたのか見てみる事にします

ちなみに、Wikiを読んだ所、私の理解に間違えが無ければ、本作が三島由紀夫の遺作のようです。

                                             

4冊連続で三島由紀夫の世界に浸かったので、今月は少し離れて、塩野七生氏のローマ世界の本を読んでます。
(時代も場所もかなり離れてます・・笑)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます。

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その2~ :: 2014/07/10(Thu)
お待たせしました。えっ、誰も待ってない!?

今日は「私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その2~」を魂込めて綴ります(笑)
ちなみに、「私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~」はコチラです→

それとはじめに謝らせて下さい。
当時の事を思い出して綴っていたら、「私の夫と不倫しましたね」とは責められて無かった事に気づきました。
ですので、今日の日記のタイトルは内容と違う物ですが、前回の~その1~と同じ流れにしてしておきたいので、
このタイトルで進めさせて下さい。それが不快に感じられる方は、申し訳ないですがこの日記はスルーして下さいね。



                                                 


あれは。。確か私がイタリアに留学していた時の事。多分2000年くらい。
当時フィレンツェの語学学校に通っていて、学校が斡旋してくれたアパートに住んでいたある日の事。

アパート備え付けの固定電話が鳴った。

女性: あなた・・HIROMIでしょ?

私:   いえ、違います。ikebowっていいます。

女性: でも、この電話番号〇×▲・・でしょ?

私:   電話番号はその通りですけど、人違いですよ。

女性: (疑ってる感じだったけど)あ、分かりました。


・・・こんな感じのトークの後電話が切られた。

そしてまた数日後、同じ女性から電話が。

女性:  ねぇ、あなた本当はHIROMIなんでしょう?

私:   いえ、違いますって。、前にも言った通り私の名前はikebowですけど。   
      私、通っている語学学校から斡旋してもらってこの部屋に住んでます。
      おそらく、前の住民がHIROMIさんって人だったんじゃないかしら。
      私はその人の事知りませんけど。何かありました?

女性:  あ、そ、そう。。
      いえね、あのね。。
      HIROMIと連絡取りたいの。

私:    でも私はHIROMIさんと言う方の事は知りませんし。

女性:  どうしても連絡取りたいの。
      ちょっとHIROMIに貸していた物があって。

私:    何を貸してたんですか?

女性:  ・・・・楽器。

私:    (何の楽器か分からないけど)お困りでしたら、語学学校に聞いてみましょうか?
      もし語学学校がHIROMIさんにお部屋を斡旋してたら、HIROMIさんの連絡先知ってるハズ。
      事情を話せば教えてもらえるかも。

女性:  あ、ありがとう。。それじゃお願いします。


こんな会話をして電話を切ったけど、何だかまだ私をHIROMIだと怪しんでるご様子。
でもなんだかんだ、後日どちらかから電話したのかは忘れたけど、また電話で会話した。

私:    申し訳ないけど、語学学校はHIROMIって人知らないって。
      お役に立てずにごめんね。

女性:  ねぇ、あなた本当にHIROMIじゃないわよね?

私:    ・・何度も言ってますが、違います。

女性:  ・・ごめんね。疑って。
      ここまでしてもらって心苦しいから正直に話すわ。
      実は私の夫のマルコがHIROMIと浮気してたの。だからHIROMIと話したくて。

      私の姑にも、あなたとの会話の事話したわ。そしたら、
      「せっかくそこまでしてくれるのだから、これも何かのご縁だし、ikebowと友達になったら?」って。
      だからikebow、もしあなたが良かったら友達になりませんか?そして一度うちに遊びに来て。

私:    ・・いいよ。


・・って事で、彼女(韓国人のM)とマルコとお姑さんの住む家がある町に遊びに行きました。
確かフィレンツェから電車で1時間以上かかる海辺の町まで(アタシ、ヒマ人? 笑)

で、実際行って、電話の主のMばかりか、お姑さん(イタリア人)までも歓待してくれて。
肝心なマルコも、はにかみながらも歓迎。でも出会いのキッカケがキッカケだけにバツ悪そう(笑)
2人のお子さんも可愛くて懐いてくれて、お別れの時も名残惜しそうにしてくれて。
しかもお土産にたっぷりのカルビを手渡されて(軽く1キロは超えてました)。

唯一気になったのは、会話中に時々Mが旦那のマルコに「あなたがHIROMIと浮気したおかげでikebowと友達に
なれたのよね」・・とかチクチク言う事。そのたびにマルコも居心地悪そうで。私は聞こえないフリ・・(苦笑)

その後もM一家とは数年間クリスマスカードを交換したりしましたが、何かこう、自意識過剰かもしれませんが、
「やっぱりワタシの存在ってマルコの浮気を思い出させるよな」と思ってしまい、自然とやりとりもしなくなりました。
カルビ肉美味しかったけど(笑)

あの夫婦は関係を修復できたのだろうか?
お別れの時、お姑さん目に涙を浮かべてくれたな・・・

と思うと同時に、私がMの立場だったら、夫に対して全く嫌味を言わずに居られるだろうか?
Mのように時々嫌味を言ってしまうかもしれない・・。

で、これって私がイタリアに1年間留学してた頃の話なので、「日本での生活」ってカテゴリが間違ってますが、
他に該当するカテゴリが無いので「日本での生活」にブチこんでおきます(汗)


・・今回も完全に「巻き込まれ型」ですね。
この他にも「巻き込まれ型」的エピソードとしては、「職場の同僚のセクハラで大迷惑事件」「職場の上司のセクハラ
事件」とか、ちょっと下ネタになりますが「電車で遭遇した痴漢で人間不信」とか色々事件簿、あります(笑)

また追々書いていきます・・下ネタカテゴリがそろそろ必要になるな。
で、ランキングに参加している「ドイツ情報」からどんどん遠くなっていってるのは気のせい・・?(笑)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~ :: 2014/07/08(Tue)
現在ミュンヘン午前2時42分・・
この夏のプランとか色々考えてたら興奮してきて眠れなくて今PCに向かってます。

W杯のボランティア活動のキロクをシリーズ化で書いていて、それに関連した出来事を番外編で書こうと思う。

題して、「私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~」

・・って、ボランティアとは全然毛色の違うお話で恐縮です。
しかもすっごい下世話なネタだw。
ちょっと長いので、お暇な方だけどうぞ!

予めお断りしておきますが、ワタクシ、誓って不倫は一度もしておりません。

・・さて、本題に入ります(やっと)。

ボランティアの同じグループにR氏と言う当時40代前半~中半くらいの男性が居た。
ボランティア活動やその後の私生活を通して二人っきりで会った事は変な電話を受けるまでは一度も無い男性。

或る晩・・というか朝方4時頃だったと思うけど、R氏の携帯から着信が。
「何事・・?」と思いボーっとしたまま「もしもし・・」と応答すると。


女性: あなた、私の夫と不倫しましたね

私:   ??????

女性: 分かってるんですよ。

私:  えっ!?いや、あの、いや、モゴモゴ・・不倫・・してませんけど・・ 
    (↑想定外の奇襲攻撃(しかも夜襲だし)にうろたえしどろもどろ(苦笑))

女性: ・・・


そしてガチャっと切れ。
何が起こったのかよく理解できず、ボー然としてしまい。
そんな時間にそんな身に覚えのない事責められたらビックリして、理路整然と「ご主人はただのボランティア仲間で
一度たりとも二人きりでお会いしたことはございません」って言えないですよね、フツー。。

R氏にこの事を伝えようか迷いつつ、面倒くさいのでそのままにしておいたらまた数日後の朝方、同じ女性から
電話が。いー加減にせーよ!


女性: ikebowさんですね? 私の夫と不倫しましたね。

私:  私、ご主人とは二人っきりでお会いしたことありませんし、不倫なんてしてません。

女性: ・・・


ガチャ切れアゲイン・・。

「やっぱりR氏に連絡取った方がいいな、でも携帯電話は奥さんに押収されちゃってるのかしら?」と思い、結局
R氏には連絡しないまま。その数日後R氏本人から電話が。

R氏: ikebow? 先日妻から変な電話行かなかった?

私:  はい、来ましたよ。「夫と不倫しましたね」って言われました。
    「旦那さんとは二人っきりで会った事ありません」って言いましたけど。
    突然の夜中の電話だったのでびっくりしてしどろもどろになったので、余計に怪しいかも。

R氏: ご、ごめんね・・今度あらためてお詫びするから。

その時は事情はツっこまず、あとは夫婦の事だから私はノータッチで任せる事に。
落ち着いた頃R氏から電話があり、「お詫びしたいからメシでもどう?」と。

「二人で会った実績は作らない方がいいな」と思いつつ、顛末がどうなったのか知りたい欲求が勝って(笑)、
恵比寿の焼き鳥屋で2人で会った。R氏の話ぶりから、どうやらR氏の浮気は初犯ではないらしく(勿論相手は私では
ない)、そのため奥さんも色々オカシくなってるみたいだった。

「二人の小さい娘も居るけど、今は別居してる。
お給料は奥さんに全部渡して、シェアハウスで他の人と(恋人ではないらしい)暮らしている。
自分自身の生活は、副業でまかなってる。」

という事も併せて聞いた。

あれからもう10年は経過してると思うけど、彼は今どうしているんだろうか・・
別居を続けていたとしたら、彼の老後は寂しい物になるのではないか・・?とふとここミュンヘンで頭によぎった。

                                                 

で、今日のタイトルは「~その1~」。
はい、「~その2~」があるんです(苦笑)
~その2~の対象は別の人で、しかも会った事も名前すら知らなかったマルコってイタリア人男性。

その奥さんから「夫と不倫したでしょ!」と責められました。
責められた時点で「マルコって誰?」ってレベルの話で(苦笑)
まぁまた今度眠れない夜にでも書きます。乞うご期待!(笑)

でも・・なんで2回も自分にこんな事起こるんだろうか・・完全に巻き込まれ型ですね。
男性を誘惑できるようなセクスィーな魅力とかぶっちゃけ無かったし(今も無いけどw)。

しつこいですが、重ねて言いますが、私不倫なんてした事ございません(キッパリ!)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




ワールドカップの通訳ボランティア ★ 打ち上げ、出会い・感想編 :: 2014/07/06(Sun)
今日は、2002年日韓共催ワールドカップの通訳ボランティアのキロクの続き、「大会打ち上げ編」「出会い・感想編」を
残したいと思います。

ちなみに、過去シリーズは↓です。
①「応募・選考面接編」はコチラ→
②「準備活動・本活動編」はコチラ→



打ち上げ編

大桟橋のホールで、横浜市による打ち上げパーティーが開催され、記念品を受け取りました。
日韓共催ワールドカップのロゴの入ったWAKOの腕時計など。

ベルトが黒で、フェースがシルバー。
ロゴ物・キャラ物は好きではありませんが、ロゴも色が無くて控えめな物だったので、普通に黒のモノトーン
コーディネイトの時に普段使い出来るものでした。

あとは、後日郵送されたかと思うのですが、通訳ボランティアの活動を記したアルバムをいただきました。
但しこの頃仕事と、私生活が忙しすぎてアルバムをちゃんと見る余裕が無く、実家に眠っています。
次に一時帰国した際、じっくり見てみようっと♪




出会い・感想編

以前にも書きましたが、イタリアチームは早々に韓国での試合で敗退してしまったので、本大会で横浜に来ることは
なかった事もありイタリアからのお客様も少なく、イタリア語での案内は大会を通して1組のみ。その点残念でした。
が、実に様々な国からのお客様がお見えになり、ご案内する事ができました。

もちろん外国からのお客様だけでなく、日本国内からのお客様も多くて、皆さん、ワールドカップの試合を見ることが
出来る喜びと期待で本当に目が輝いていて・・活動中を通して良いエネルギーをいただいていました。
新横浜駅のトイレでブラジル人と日本人がお互いの顔に国旗のマークをペイントして楽しんでいるシーンを見たり、
元々国際交流のボランティア活動が好きだったので、何だか微笑ましくて。

中には「チケットを転売したいがどうしたらよいか?」とか、試合の時間が近づいているのに「チケットはどこで引き
取ったら良いか?」「何故チケットの引き取りに桜木町駅まで行かないといけないのか?」「日本語が話せないので
桜木町駅のチケットオフィスまで一緒に来てくれないか?」とか難しい質問・リクエストもありましたが。
(本心としては色々サポートしたかったのですが、持ち場があったり役割の範囲があるのでそこまで出来ず)

ボランティアのメンバーも、様々なバックグラウンドを持つ方々で構成されていて、視野が開けた感じもしました。

例えば、こんなやりとりが・・。
「関内駅前の〇×教会は何派の教会か?」という想定外すぎる質問を受けて言葉に詰まりましたが、近くにいた
男性ボランティアスタッフがサッと来て「それは長老派です」と代わりに答えて下さったり。

一人一人のスタッフの力は小さくても、集まると大きなエネルギーになるという事が体感できました。

ワールドカップ中は本業の平日サラリーマン生活と、週末ボランティアで体力的にはヘトヘトでしたが、とても楽しい
1か月+準備期間でした。

またこの興奮、味わいたいです

次は、「その後のボランティア活動」 「今後の希望」などをゆるりと記録に残して行きたいと思います。
もし宜しければまたお付き合い下さい。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村








  1. 語学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ミュンヘンで魚が恋しくなったら :: 2014/07/05(Sat)

ここ1か月、殆どお魚を食べない生活をしていたら、その反動で魚が恋しくなり・・
いえ、嫌で食べなかったワケではなくて、高いから肉ばかりだったんです。

Wienerplatzの魚スタンドに駆け込みました(笑)
U4/U5 Max-Weber-Platzから徒歩1分くらいのロケーションです。

ここは、椅子の無い、高いテーブルでの立ち食いか、スタンドの裏手にあるテーブル&ベンチで座っていただく事が
可能。質の割にお値段が安くて、お昼どきは混んでます。



外観はこんな感じです

魚スタンド

(写真は2012年夏です)



先日いただいたのは、Fritto Misto 11€
(魚介のフライの盛り合わせ)

Fritto Misto

鮭、白身魚、アサリ、海老、イカ。
サラダ付き。



去年ですが、魚介グリルの盛り合わせ

魚介グリル盛り合わせ

確かサラダ付で11~13€くらい



一昨年ですが、魚介のスープ(小)

魚介のスープ

(小)は6€、(大)は9€
日本では見慣れない種類の海藻のようなものがトッピングされて。


メニューは窓口下の黒板に書かれてるのですが、自分で
素材と調理法を相談してカスタマイズする事も可能のようです。

先日お邪魔した時に相席だった男性は、まぐろと鮭のお刺身を
お醤油とワサビで召し上がってました。(黒板には記載無し)
「お醤油とワサビは家から持参したの?」と訊いた所、「お店の
人に言えば貸してくれるよ」との事。あーお刺身もいいなぁ・・
そうなると断然ご飯が欲しくなるけど(笑)


お店裏のテーブル&ベンチで待っていると、お店の人が注文の
お皿を持ってきて「Firtto Mistoの人~」と言ってくれ、受け取ります。
その際、周囲の人からお皿に差すような熱視線を受けます(笑)
みんな自分がオーダーした以外のお料理が気になるんですね。
そういう私も他の人のお料理をガン見
次回のメニュー選択に活かします♪


日曜日以外、朝10時からオープンしているようです。
(もし日曜日以外でクローズしている時がありましたら申し訳ありません)


レストランではないので、チップとか不要。お小遣い制の主婦の味方(笑)
今モーレツに魚介が恋しいので、お世話になる頻度が上がりそうです。




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. レストラン・インビス
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




流石にこれは看過できない!?ドイツの寿司ネタ :: 2014/07/02(Wed)

先日、何の気なしに覗いたミュンヘン中央駅のSushi Wrapというテイクアウトの寿司スタンド。

何と! 

「Erdbeeren」(イチゴ)ってネタの巻きずしがありました。

軽く衝撃を受けました・・

中のネタのお色はええ、赤に近いピンクでした。
間違いなくイチゴです(汗)

いえね、ドイツの内陸ミュンヘンの寿司事情、限られた食材で頑張ってるとは思うんですよ。
アボカド(これはOK)、サーモン辺りが主流。キュウリ(これは日本でもお馴染みね)なんかも。
SURIMI(カニカマ)とか。

フレッシュチーズ、マンゴーなんかも見かけます。まぁ試行錯誤して頑張ってるね。
マンゴーのはまだトライしたこと無いけど。今後もトライしないと思うけど。

無性に食べたくなる時はドイツのお寿司にお世話になるので助かってます。
でも・・Erdbeeren(イチゴ)は流石に食指が動かないな。
日本のドイツレストランとかパン屋でも、ドイツ人から見て「あり得ない」ってのも当然あるでしょうね。

あ、買わなかったので写真も撮って無いですが、本当にイチゴのお寿司、あったんです。
その2週間後に怖いもの見たさでSushi Wrapを覗いた時はこのメニュー、ありませんでした。
まさか・・人気で売り切れたワケじゃないよね?(笑)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:2