+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




雛人形と、最近の娘たちの様子 :: 2015/02/27(Fri)
次女を出産して、1か月が経過しました。

正直、夜中でも容赦ない頻回授乳と二人の子供の世話でバタバタ、全く余裕がありません(涙)
気持ちはやつれ気味なのに、体がやつれないのは(痩せないのは)どうしてだろう?orz

でも、なんやかんや言いつつ、一生懸命母乳を飲む次女を見ていると、また赤ちゃんのお世話を出来る事が
嬉しくもあり。「あんまり早く大きくならないでね~」と思ってしまいます。
と言いつつも「早く夜中の頻回授乳、終わらないかな~」と思ったりもする。複雑な乙女ゴコロ


                                             

さて、先日、雛人形を飾りました。



私の子供の時の物です

雛人形

正直、人形をケラー(地下倉庫)から出して飾る余裕が全く無かった
のですが、年に一度の事だし・・と思い出してきました。

いたずら盛りの長女の手の届かない高さの所に飾っています。
時々は長女を抱き上げて、一緒に眺めています。
今日は、ホコリを払う筆を娘に持たせ、キレイキレイしてもらいました。




さて、最近の娘たちの様子。

私が次女にかかりきりになっているので、当然長女は動揺していると思います。
夕方長女が保育園から夫と帰宅してからは、次女は夫に託してなるべく長女と過ごすようにしています。
それでもやはり私とのスキンシップが足りないようで、最近朝夫が保育園に送って行くと、保育園の入口で
甘えたり、たまにですが泣いたりするように。

保育士さんからは、「時々はまたお母さんがお迎えに来ると良いかもしれません」と言われ、来週から私が
週に1-2回お迎えに行く事にしました。夫の提案で、仕事に差しさわりの無い時は夫が午後自宅勤務にし、
次女の世話を夫が引き受け、私が一人で保育園にお迎えに行く・・という体制を採ります。

子供二人を連れての外出に自信が無い事もありますが(情けないですが)、何より次女より長女を優先し、
長女と私と二人で過ごす時間を持つのが目的です。

今でも家事が全然回っていなく(掃除機を週に1回かけるのもやっとで、ホコリが浮遊してます 汗)、
外出する余裕が無いのですが、長女と向き合う事も大事なので母ちゃん頑張ります(汗)
世の中のお母さん方を尊敬します・・。



親戚から送られたスタンプセットで遊ぶ長女

長女withスタンプセット

先日、長女を理不尽に怒鳴りつける夢を見てしまい、起きて
号泣。長女に対する愛情とスキンシップ不足を負い目に
感じているからそんな夢を見たのかしら・・?
泣いてる私の所に長女が来て「ダイジョウブ」と言われ
更に泣いてしまった情けない43歳中年のオバサン・・




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




抜け毛とか、寝不足とか、痩せない体とか :: 2015/02/21(Sat)
あたし本当に泣きそうです。

産後、抜け毛とか寝不足とかはもう覚悟してたので、何とかやり過ごせます。
いつかは終わることなので・・。

でも、痩せない体。

これ、何とかしたい。

ぶっちゃけると、

妊娠前:        50 Kg
妊娠中(最大値):  62.9 Kg (13 Kgも太っちゃった 汗)
産後すぐ:       60.4 Kg (ベビは3.3 Kgで生まれたのに、2.5 Kgしか減らなかったミステリー)

そして現在:      55.9 Kg 妊娠前からまだプラス6 Kgも!!!

先日、シャワーを浴びる前に服を脱いだ状態で浴室に夫を呼び、「正直、私の体どう思う?」と訊いてみた。答えは

丸い

でした。オワタ orz

鏡で自分の体を見て、どこかで見たような既視感。
よく考えると・・

まるでルノワールが描いた裸婦。こんな感じ。
特に腰回りのお肉が(笑)↓

まるで私

著作権上、ブログにUPしたらいけないかしら?



妊娠前はスリムな体型でした。←過去の栄光に浸る感タップリ
丸いなんて言われたこと皆無でした。

が、今のワタシはまるで別人・・
次に里帰りした時に、家族・友人・知人に私と気づいて貰えるかしら?

痩せよう。
今月末までに54キロ台まで落とすのがとりあえずの目標です。
ささやかすぎる目標ですが、母乳が出なくなっても困るので、急激なダイエットはしません。

遅まきながら矯正下着の購入も目下検討中。
一緒にダイエット頑張りたい人、連絡下さい。励ましあいましょう(笑)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. マタニティーライフ・出産
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




義親に持ってきてもらった物&持って帰ってもらった物 :: 2015/02/15(Sun)

1月26日に次女を出産し、約3週間近く経ってやっと義両親&義妹とその婚約者が次女を見に来てくれました。

長女の時と同じく、出産翌日には産院に駆けつけたかった義両親ですが、なにせ雪が降ってたり路面が凍結
してたりで(義実家からミュンヘンまでは車で飛ばして3-4時間)、中々来られず。

で、天気の良かった昨日、やっと来ることが出来ました。
義両親は車でひとまず義妹の住むシュトゥットガルトまで来て、シュトゥットガルトからは義妹の婚約者の運転で
4人で一緒に

で、今回、色々持ってきてもらったり、逆に持って帰ってもらったりしました。



まずは持ってきてもらった物から

ベビを入れる籠

籠

キャスター付なので移動可能

長女がベビだった時に使っていた籠。
長女が育ち、不要になってからは実家に戻しました。
まさかまたお世話になるとは・・


どこかからベビーグッズを調達してきてくれるのが得意な義母。

今回、義母がピンクと白のギンガムチェックの布を誂えて
しかもリボンまでつけて持ってきてくれて。キャワイイー!

でも、ベビに興味津々な長女が覗きこむ時にこの籠を倒したり
しないかそれが心配。娘が籠に近づく時は夫と私は目を光らせてます。

他には写真を撮ってませんが、娘たちへのプレゼントなど。



お次は。

お願いしてなかったけど、雑誌とか日本に関する新聞の切り抜き

雑誌など

「ドイツ語勉強の材料になるかと思って」と。
インテリア系など、興味のある題材だとドイツ語でも
読む気になるので助かります。

ちなみにVOGUEは、義妹がくれたもの。
年間定期購読していて、読み終わった物をくれました。

しかし義妹も言ってたけど、VOGUEって7割以上が広告
なんですよね。意外に内容が無い・・w



お次はFALKEのタイツ

FALKEタイツ マット

誕生日プレゼント?
それとも出産お疲れ様的な?
いずれにしても嬉しい・・

50デニールでマットな感じなので、暖かくなったら
パンプスに合わせて履きたい。



さて、お次は、持って帰ってもらった物

写真は無いのですが、マンガ段ボール1箱分(笑)
義実家の近くに住む夫の友人に。

クリスマス帰省時、この友人に会った時、「子供部屋を
整える為、不要な物を色々捨ててる。マンガとか」という
話をしたら、「そのマンガ欲しい!」と言われたので。

「出産後義両親が車で来るから、その時に持って帰って
友達に渡してもらおう」と、送料を節約したい主婦な私は
考えてました(笑)やっと子供部屋から段ボール1箱分が
消えて嬉しい♪



お次は、義妹が間違えて持って帰ってしまった物。

私のキーホルダーと鍵一式(笑)
途中で義妹と婚約者がMUJIに買い物に出るというので、
私の鍵を渡しました。そうすれば戻ってきた時に
インターホンを鳴らす手間が省けるので。
そしたら私に返しそびれてシュトゥットガルトまで
一緒に行ってしまいました。

4月のイースター帰省で会う時迄、スペアキーで
生活します(実質そんなに困ってない)



話は逸れますが・・

お昼に我が家に到着予定だったので、お昼ご飯に日本のカレーを用意してました。
元々義家族は日本のカレーが好きなので、「お昼にカレー用意してあるよ」と伝えたら、娘たちそっちのけで
「今すぐ食べたい♪」と好反応(笑)カレーって、非日本人にお出ししても喜ばれる鉄板メニューですよね。

義家族は日帰りでの訪問だったので、夕方には帰るかと思って夕ご飯の材料は我々家族分しか用意して
なかったのですが、急きょ我が家で皆で夕飯を食べる事になり非常に焦りました(汗)
が、ドイツ式カルテス・エッセンで良いとの事でパンとサラミとチーズを夫が買いに行って簡単に済ませる
事ができ。「ドイツ式夕飯がカルテス・エッセンで良かった」と人生で初めて思いました(笑)
和食&温かい食事Loveなので、ドイツ式のパン・ハム・チーズの冷たい夕飯が苦手なのです。


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




ドイツの素敵なモノ :: 2015/02/12(Thu)
今週、私の誕生日でした。
43歳です。アラフィフが射程圏内(苦笑)。

育児だけでなく、もっと広い範囲に視野を広げてマトモな中年になりたいと思います。
あ、あと11月末からサボっってるドイツ語も何とかしたい・・


素敵な誕生日プレゼントをいただきました。



義理姉から、ドイツ・FALKEのタイツ

FALKEのタイツ

憧れのアイテム。

素材感、色共に、「まさにコレ欲しかった!」と思ってたモノ。
サプライズでプレゼントしてくれました



お次は、夫から。
グリッド柄のブランケット

The GRID 1

画像は商品HPから拝借しています。



The GRID 3

画像は商品HPから拝借しています。


ドイツのデザイナー、Henrike Schoenさんという方の、
bastisRIKEというブランドのブランケットです。

最近よく覗かせていただいているインテリアブログに
紹介されていて、まさに私のツボドストライクだったので
どうしても手に入れたくなり。

日本では楽天で販売しているようですが、すぐに売り切れて
しまうようです。


Henrikeさんに直接コンタクトを取って、お値段・送料の
お見積もりをいただきました。

丁度私の誕生日が近く、夫は私の好きなイタリアの
Faliero Sartiのショールをプレゼントに考えていたようで、
その事を私に伝えてくれましたが、今期は欲しい
デザインのショールが無かったので、「bastisRIKEの
ブランケットが欲しい」とお願いし、Henrikeさんへの
注文以降のコンタクトは夫にバトンタッチ。

そういえば昨年12月の夫への誕生日プレゼントは
イタリアワイン1本 7€だったな・・ごめんね、夫。



梱包を開ける時のワクワク感。

段ボール箱の刻印から既に美しい。

bR1



段ボールを開けるとこんな姿で。

bR2

なんだろう、ただの梱包用紙と紐なのに、いちいちツボです



同封の、納品書入れの封筒と、カードも素敵で

bR4

梱包を解くだけでもかなりアドレナリンを放出しました(笑)



肝心なブランケットはこんな感じです。

bR5

白と黒のリバーシブル。

GRID(格子/方眼)なのにシャープじゃない。
温かみのあるデザインです。



ラベルもこれまたツボで

bR6

bastisRIKEのフォントも素敵

最近、インテリアをどうしたいか、どういう色合いがいいか、
がやっとなんとなく見えてきて(やっとです・・中々方向性が
決まらなかった)、そんな矢先に見たこのブランケット。

思い描いている寝室の雰囲気にピッタリで、ベッドの
上に掛けたら良いアクセントになりそう。

で、さっそく掛けたいのですが、何せ私は授乳中の身。
とにかく吐きまくる娘なので、涙を呑んでこのブランケットは
封印・・ 完全に授乳をやめた時に封印を解きたいと
思います。1年くらい先かな(遠い目)



とまぁ、ドイツにも素敵なモノはあります。
でも、洋服も素敵なのがあるともっと嬉しいのですが(爆)




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:8




娘の「イタイの飛んでけ~」が痛い件 :: 2015/02/09(Mon)
先日、長女と微妙な距離感を保って生活している事を日記に書きましたが(その時の日記はコチラ→)、
その後落ち着き、また「ママ―ママ―!」モード全開な娘に戻り、ちょっとホッとしています。
でもトイレまでついてくるのは勘弁・・

さて、我が家は、例えば娘が体のどこかを痛いと訴えた時、夫か私が患部をフーフーしてチュッすると
大抵娘は落ち着きます。 「イタイのイタイの飛んでけ~!」の代わりです。

先日、私の手首にかさぶたを見つけた娘が、フーフーチュッ!をしてくれました。

が、その直後かさぶたを剥がしたようで、また流血・・

ありがとう、娘よ・・(涙)
君の「フーフー チュッ」は正直痛い。

私も、かさぶたとかささくれをはがしたりするのは好きなので、確実に私の血を引いてると感じた、
ある寒い冬の一日。


キッチンの引出(カトラリー入れ)から自分用スプーンを手探りで取り出す娘

娘、スプーンを手探り

身長が足りなくて娘にはこのカトラリー入れは見えないのですが
どこに自分のスプーンがあるか分かっているので、私が食事の
支度を始めたりするとすぐにスプーンを手探りで取り出してきて
「早く食べさせろ」と強いプレスをかけてきます。
母ちゃんいつもアワアワで料理してます(汗)

崎陽軒のシウマイ弁当のしょうゆ入れでごったがえしているのはスルーの方向で。



今日も下らない日記にお付き合い下さり、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




産後。長女(2歳)と私の微妙な距離感 :: 2015/02/04(Wed)

かねてより懸念事項だった、産後の長女のケア。

産前・出産時は、子供好きな義理姉がサポートに来てくれていたので全く心配してなかったし、実際問題無かった。
問題は、義理姉が帰ってしまった後・・

どうやら イヤイヤ期 到来!?赤ちゃん返りも来た?

長女と次女の初の対面は出産翌日に病院で。
「ベイビー、ベイビー」と次女に興味深々で、良いスタートを切ったと思った。

2回目は、私が退院した日。
保育園から帰ってきた長女が、夫に「ママ帰ってきてるよ」と促され居間に走ってきた。
が、居間のソファーで授乳中の私を見て、居間ドア前で長女立ち止まり、3秒程、フリーズ

踵を返しキッチンに居た義理姉の所へ駆け込み、甘える。
何が起こったのか分からなかった様子。
「ママの腕に抱かれてたあの物体はナニ?」と頭の中多分混乱?


この3日後、義理姉がハイデルベルグ近郊の自宅に帰宅。
中央駅まで夫と長女が見送りに行き、長女が義理姉の名前を叫びながら号泣。
つられて義理姉も夫も泣いたそう。

それから、夫、私、長女、次女の4人の生活がスタートしたワケですが。
どうも長女は私とは微妙な距離感を保ち。

「ママの所に来てキスして」と言ったら、いつもタタタッと走ってきてチュゥしてくれるのに、最近はサッパリ
何か問いかけても話しかけても、とりあえず

ナイン (=No)

拒絶から始まります。
面倒くさー

そろそろイヤイヤ期も来るだろうとは覚悟してたし、赤ちゃん返りもあるだろうと思っていたので、まぁ
想定の範囲内なのですが、実際その時期が訪れると

ホント、面倒くさい。

くわばたりえさんのブログの読者登録でもしようかと考え中な今日この頃ですw

とは言え、長女なりにこの新しい何だかワカラナイ生命体の存在に戸惑いながらも現状を受け入れようと
してくれているんだろう・・多分。


長女、次女を覗きこむ

長女、次女を覗きこむ

興味津々



あたしだって抱っこできる♪

お世話好き♪



なるべく長女との時間を持とうと、夕方保育園から帰宅後は「絵本読もう」と提案したりするけど、すべて
「ナイン」で却下。「アンパンマン!」とアンパンマン動画をせがまれ。でも夜の寝かしつけはパパでは駄目で
絶対ママ、というスタンスだったり。微妙な距離感を保ちつつ生活しています(苦笑)


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:6




ふたりめ出産のキロク ☆ 展開早すぎスピード出産 :: 2015/02/02(Mon)

さてと。

出産してからちょうど一週間が過ぎました。
そろそろふたりめ出産のキロクをまとめたいと思います。

長いのでおヒマな人以外はスルーをお願いします。

結論から言いますと、今回はスピード出産でした。
というか、展開早すぎて希望していた無痛分娩ならず(=麻酔を打ってもらえず)(涙)

よく覚えてないのですが、破水から1時間以内に、5回くらいイキんで娘を絞り出してました(笑)


                                             


【1月22日(木)】

かかりつけの婦人科で「子宮口が2-3センチ開いている」と言われる。
「早ければ明日、遅くても数日以内には出産でしょう。明日何事も無ければ産院に電話して土曜日には
そちらで検診を受けて下さい」とも。


【1月23日(金)】

産前産後のサポートをしてくれる義理姉がミュンヘン到着。
ホッとしてベビに「早く出ておいで~」と念を送るも、何事も無く過ぎる。
ヘバメさんからいただいた、陣痛を促すラズベリーの葉のお茶を飲み始める。


【1月24日(土)】

産院で昼と夜に2回検査を受ける。
ハッキリ言って一日2往復は面倒臭い(苦笑)


【1月25日(日)】

産院で昼に検査を受け、「子宮口は(相変わらず2-3センチ)分娩誘発が必須ではないがしても良い。
高齢なので出産予定日の2月1日までにおしるしなければいずれにせよその時分娩誘発する。
(今日分娩誘発に進むか)自分で決めて良いですよ。」と言われる。
できれば自然に陣痛が来るのを待ちたい気持ちもあり、答えを保留。4時にまた検査予定。

家に一旦帰るのも面倒で夫と「匠」に行き、つけ麺を食しながらどうするか相談。
義理姉が滞在中の早いうちに出産し&早期退院、自宅で義理姉のサポートをできるだけ長く受けたいので
分娩誘発に進む事を決める。(ラーメン屋さんでそんな事決めるんかい(汗))
それと、1日2回家と産院を往復するのがもう面倒、という理由もありw

午後4時の検査時に分娩誘発を依頼。夜7時から促進剤を点滴で3時間程受けるが、出産に進めるほどの陣痛無く。
3時間以上の投与は子宮に負担という事で夜10時で打ち切り。痛み止めを打ってもらい、ひとまず入院。


分娩室にて

産院にて1

腕に点滴差込口←痛い




【1月26日(月)】

分娩室に空きが無い、との事で午後まで病室でマッタリ過ごす。
午後分娩室に入り、無痛分娩を希望する旨伝えたが、「初産では無い事から展開が早いはず。麻酔を打つ
タイミングが無い可能性が高い」と説明を受ける。怖~っ!

午後5時からだったと思うけど、「破水させよう」との事で、医師が指先に何かを装着し膣から入れて破水トライ
するがうまく行かず。お次は助産師さんが同じくトライするが「うまく行かない」と。

でもそのすぐ後、水が出てくる感覚があり、「破水したと思います」と自己申告。
1回目の出産の時は破水の時「何か水が出てきた・・!」とパニックになった事と比べると成長したものだーw

結局麻酔は間に合わず、医師と助産師がちょっと別室に外した時、ベビが降りてくる感覚があって
夫に「出てくる出てくる・・」と訴え、ナースコールで助産師に来ていただく。

医師と助産師に「あと10分か15分の辛抱ですよ。すぐですよ」と言われて「この痛みがあと10分も続くのか・・?」と
何だか絶望的な気分になったり(10分15分がとても長く感じる痛み)。

結局それから5回くらいイキんで、娘が出てきました。
「痛いー!」とか叫ぶ感じで無く、オッサン臭く「ウオォー!」と唸りながら(笑)

夫には、「叫んだりしなくて良く頑張ったね。エライよ」って言われましたが、痛すぎて叫ぶこともできなかった、
というのが正解(笑)

娘が出てきて私の第一声は「出た―っ!」でした。
↑これ、一人目の時と同じw

力みすぎたせいか激しい頭痛に襲われ、娘を私の胸に乗せてくれたカンガルーケア中、娘をマジマジと見る
事すらできず、壁の一点をボーっと見つめ。夫が私の母に電話してくれたけど話す事ができないので電話にも
出られずひたすら壁を凝視してました。←かなりイっちゃってる人みたいw


眉間に皺を寄せて考え中の人

産院にて2




【1月27日(木)】

友達が、お祝い御膳(お赤飯と豚汁)を差し入れしに来てくれました
生き返った~ Tさんありがと~☆


【1月28日(水)】

出産の翌々日に、こちらから希望して退院しました。

医師、助産師さん、看護師さん、小児科医等良い人ばかりで、かつ、良い医療体制だったのですが、食事が
アレ(笑)なので家で思う存分ご飯を食べたかったのと、自宅で義理姉にマンツーマンで授乳の世話を受け
たかったので(義理姉は某大学病院の早産児ユニットの看護師&専門が授乳アドバイス)、病院の許可を得て早々に
退院しました。
勿論病院でも何かあれば夜中でも看護師はすぐに来て授乳アドバイスをくれたりするのですが、一晩に何度も呼び出すのもやっぱり気が引けます。


・・とまぁこんな感じで現在に至ります。

今日もお付き合いいただきありがとうございます☆
↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村





  1. マタニティーライフ・出産
  2. | trackback:0
  3. | comment:0