+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




久々の一人時間 @ イタリア映画とか :: 2017/01/13(Fri)

今日、久しぶりに、長女と次女一緒に一時保育にブチ込む預ける事が出来て・・。

実に1か月と20日ぶり。

長女(4歳)の方はいつも枠が空いているので、制度的な限度目いっぱい週に3回程預けていますが、
次女(1歳)の方は空きが全然無くて。
長女だけ預けて次女とベッタリ、とか、長女は保育園、次女は母に預けて出かけたり、とかはしていました。

なので、今日ひっさびさに一緒に預ける事が出来て、完全なる一人時間。

今回、どう過ごす?どう過ごす?と興奮し過ぎて(笑)
しばらくご無沙汰だった映画を観に行く事にしました。

長女と「ファインディング・ドリー」を観に行ったりはしましたが、自分の趣味ではないので。
なので、ちゃんとした映画館に映画を観に行く事自体も久しぶりです


作品は、「ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿」@ 渋谷Bunkamura内 ル・シネマ。

広告写真がマリア・カラス(詳しくは存じ上げないのですが、CDは持ってます)だったので、ちょっと興味が
湧いて、コレに決定。



ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿

scala

スカラ座にまつわる、舞台裏表ドキュメンタリーです。

ドミンゴ、パヴァロッティ、ドミンゴ、ムーティ、カラヤン、カラス、
ヴィスコンティ等の名だたるメンバー、巨匠達。

が、が、、10月から続く寝不足生活で疲労がたまり、途中5分程
意識が飛んでしまい・・おそらくマリア・カラスの部分だったと思われ、
結局彼女のパートは見られずじまい
↑何やってんだか・・

しかししかし、ドミンゴや、若かりし頃のパヴァロッティのちょいツヤVoiceが
聴けたし(もっと中年になって脂が乗ってきた頃の方がツヤツヤ度が上がってる
のかしら?中年のパヴァロッティはもっとツヤツヤVoiceだったような気が)。
↑完全なる素人ジャッジですので、間違ってたらごめんなさい

美しい音楽を聴き、美しい劇場を拝見できたので、ヨシとする。

たまには美しい物に触れないとダメですね。。。

久々の文化的活動で、満足度大です。




映画館のロビーに置いてあった映画のチラシを色々見ましたが、岩波ホールの、今後公開される映画達が
とっても良さそうで、早速手帳にカキカキ

そうそう、独身の頃、岩波ホールに何度か映画を観に行って、その前後は必ず神保町でカレー食べたな~
時間に余裕があったら、「さぼうる」でお茶してたな~と、ふいに思い出して、遠い目になったりも(涙)

映画の後は、前々から再訪したかった、前の職場近くに移動し、鯛めし屋でランチをば。



鯛めし @ 鯛樹(浜松町)

鯛樹

ご飯の上に鯛のお刺身とワカメを乗せ、手前真ん中のかたくち椀(?)に
入っている生卵とお出汁を混ぜてかけていただきます。

日本里帰りの度に再訪したかったのですが、中々チャンスが無くて。
実に5年ぶりくらいです。周辺のお店もチラホラ変わってしまってました。




その後は、カフェでじっくり自分と向き合う時間を予定していたのですが、急きょリフォーム中の
マンションを見に行く必要が出てきて、カフェタイムはお預け。

ですが、高齢育児でヘロヘロ・余裕無しな昨今、満足度の高い一日でした。
今後、時々は映画など観て、自分に栄養を与えよう。うん、そうしよう。
帰りにキッズを保育園に迎えに行って、優しく接する事ができました。最初の10分だけですけど(苦笑)

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます。

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 映画・コンサート・舞台・美術展・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0