+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




照井壮さんのうつわ ☆ 青い線の入った爽やかなカップ :: 2017/04/05(Wed)

先日、照井壮さんのうつわについて書きましたが(その時の日記はコチラです→)、
週末に照井壮さんの個展@新宿伊勢丹に赴き、素敵なカップが我が家のコレクションに仲間入りをしました。



青い線の入ったフリーカップ

青線カップ

はぁ・・ウットリ



個展に伺った時、照井さんは丁度ランチの為不在。
屋上に行ってキッズを放牧して1時間程経ってから再訪。
照井さんともちょっとお話できました。
(夫は、数年前の同じ場所での照井さんの個展で初めて
照井さんの作品に触れ、そのうつわ達に激しい恋に落ちたそう。
それ以来、照井さんと夫は親交があり、今回の個展では二人の
趣味の映画の話で盛り上がってたようです)

私は、湯呑みが欲しかったので、このカップの用途について
照井さんに質問させていただいた所、カフェのオーナーさんからの
オーダーで作られたとの事。「6分目くらいまでコーヒーを入れて、
ミルクを入れると丁度良いカップ」との依頼で。

お茶もOKだし、ビールも、アイスコーヒーでも何でもOK、との事。
(私、このカップが素敵過ぎて舞い上がってしまって、一言一句は
覚えてないのですが、上記のような事をおっしゃってました)

デザインが超絶好みなだけでなく、用途も広いので拉致して帰る事に決め。
「手に馴染むなるべく細身のをいただきたい」とお伝えした所、
バックヤードからも作品を数点持ってきて下さって、選ばせていただき
ました。夫も「僕も欲しい!ペアで買おうね」と参戦?し、一緒に
それぞれのベストのカップを。量産品ではないので、一つ一つ
違うのですよね。形とか、線の入り具合とか、表面の凸凹具合とか。
それもまたいいですよね。

夫は、「これだ」と決めた時、照井さんに「(素敵で)涙が出そうです」とも
言ってました。←感受性豊かすぎw



カードもいただいたのですが

teruisan

素敵過ぎて、あと5枚くらいいただきたかった(笑)
夫の母と、今は亡き父も絶対この写真のシリーズ好きなハズ。



キッズが寝静まった後に加賀の棒茶を淹れてリラックスタイム

カップ1

至福過ぎる~



朝、家事がひと段落した時に、珈琲をドリップして

カップ2

大人って愉しい(笑)

本当は、個展には、インスタグラムで拝見した、この青刻線シリーズの
コーヒードリッパーを狙って伺ったのですが、売り切れてしまったとか。
残念がっていたら、「6月に自由が丘で個展があるので、その時に
お持ちします」とおっしゃって下さいました。
また楽しみが出来ました。



今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. キッチンツール・器
  2. | trackback:0
  3. | comment:0