+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




珍しく、前衛芸術に触れてみる @ 草間彌生展 :: 2017/05/01(Mon)

今日、六本木の国立美術館で開催されている「草間彌生展」に行って来ました。

前衛芸術家の草間彌生さん。

今回、元同僚Yにお誘いを受けるまで、殆ど存じ上げなくて。
お名前は目にした事あったのですが、下のお名前「彌生(やよい)」が読めなくて。

夫に、「Yちゃんから草間彌生展に誘われたんだ。写真家だよね?」って言ったら、「チガウ」と呆れられ(汗)
蜷川実花さんと混同してました(汗)

Yは、「この展覧会に行きたいと思った時、ikebowの顔が浮かんだんだ」と(笑)
ナンデダロウ・・・

ネットで展覧会についてチェックし、私の好みでは無いけど、Yがそう言ってくれたから行ってみよう、と(笑)
だって嬉しいじゃない?



草間さんご本人と、作品達

草間彌生

「草間彌生さんが樹木希林さんにしか見えない」とYと一致w

本当、私好みの作風ではなく、「家に作品を飾ったら落ち着かないなぁ」と
思いつつ、「新しい世界が開けるかも」と。
「行ってみるんだ」と告げた時、夫は意外だったらしく、相当驚いたようです。

で、実際行ってみて、これがまた良かったんです。

今まで知らなかった世界を知れた、というと大げさですが。
色々な楽しみ方がありました。

まずは、そのアバンギャルドな色合い。
強烈で鮮明で、目に焼き付きます。

そして、作品とタイトルが一致しない事。
どうみてもミジンコなのに、愛をテーマにしたタイトル、とか。

途中から、Yに、「作品タイトルを見ないで、ちょっとタイトルを
当ててみよう」と。・・・全く当たりませんでした(笑)

「描いたご本人も、2度目にタイトルを言う時、違うタイトルを
言ってしまうのではないか?」とY談(苦笑)
こんな事言ったら、草間彌生さんに失礼ですよね・・・(汗)

広い部屋の壁全面に上下2段or3段の作品が並ぶ様は圧巻でした。

製作された年を見ると、2016とか2015とか多く書かれていて、
ものすごい制作意欲というか、何かほとばしり出るんでしょうね。

帰宅してネットで調べたら、1927年生まれだそうで、今年88歳。
そのエネルギーに感嘆させられます。

今日はY(二人の子持ち)と「疲れるよね。もうフルタイムでは
働けないよね。これからの働き方とか考えちゃうよね」と芸術鑑賞後の
ランチ時にさんざん話していたけど、まだ半分近くしか生きてない我々、
そんな事言ってる場合じゃないかと(苦笑)

今日展示されていた作品で、光る玉が多数ぶら下がる暗くて小さいお部屋が
あったのですが、思い出しました。2011年にデンマークを旅した時に訪れた
ルイジアナ美術館で、同じような作品を鑑賞した事を。



@ルイジアナ美術館

@ルイジアナ美術館




そうそう、その作品、「日本人女性の作品なんだ!」と誇らしい気持ちになり。
多分、銘板にアルファベットでYayoi Kusamaと書かれていたのではないかと
思います。もし漢字で草間彌生と書かれていたら、今回お誘いを受けた時、
「あーあの作品の作者のね」とすぐに分かったのではないかと。
いや、ボケてるから分からないかも・・・(苦笑)

何だかホント、色々な意味で楽しめました。
食わず嫌いはいけないですね。

開館の10時にチケット売り場前で待ち合わせをしたのですが、既に行列。
Yに「混雑するかもしれないから、事前にコンビニでチケット買って行くわ」と
言われ、私も事前に購入したのですが、正解でした。

美術館を出る時には、入場するのにも行列が出来てましたし、
外国からのお客様もいらっしゃって、人気の程が伺えました。

さて、明日は夫の会社がお休み(だけどキッズは保育園)なので、
「2人でどこかに一緒に行こう」と言っていて。夫は根津美術館に
行きたいみたいで、私も今開催されている美術展の目玉作品は
好きな作品だし、根津美術館は好きなので行きたいのは山々
なのですが、2日連続美術館というのも精神力(?)と体力を消耗
してしまうので、どこか別の過ごし方をしようかと。

まだ何も決まってないけど・・・
明朝の気分で決めます



皆様、素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいね♪

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆


↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 映画・コンサート・舞台・美術展・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2