FC2ブログ

+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 6歳と4歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




次女 ☆ はやくおとなになりたい・・・ :: 2019/07/10(Wed)

我が家のコメディエンヌ(次女)、御年4歳。

絶賛ナゼナゼ期発動中(白目)
朝から晩まで「なんでなんで?」の嵐です。

長女は2歳からナゼナゼ期で、いつ終わるんだろうと思いつつ、いまだ続行中。エンドレス。
次女も前からナゼナゼ期なのですが、最近激化し、ダブル攻撃(母ちゃん激しく白目)



あたし、グラビアアイドルなの。

グラビア次女



先日、保育園から宿題として、七夕の短冊を持ち帰り。
願い事を書いて保育園に持参するのですが、「お願いごとはなぁに~?」と訊いたら、

はやくおとなになりたい・・・

と(苦笑)。


でもどうやら、後になって分かったのですが、保育園のお友達であり、同じマンションの仲良しの
Mちゃん(次女の1つ上)の願い事をコピってただけでの模様(笑)

「いそいで大人にならなくていいんだよ」と次女に言ったら、

「はやくしょうがくせいになりたい・・・」に願い事変更してました(苦笑)

ランドセルを背負って、黄色い帽子を被って出勤するお姉ちゃん(6歳・小1)が眩しいみたいです。
下の子って、上の子を真似したい、同じこと、いやそれ以上の事出来ると信じて疑ってないですよね(笑)

見ていてカワイイです。

そんな次女。
長女を学童に迎えに行く時、ルート上の理由により、週に2回程度次女を連れて行くのですが
(長女を学童でピックアップ→長女を連れて保育園で次女をピックアップ、の逆パターンもあり)、
学童のスタッフさんに、最近、エマと呼ばれています。

何だか、スタッフさん曰く、「エマ・ワトソンに似ている」との事。

初めて言われた時、「エマ・ワトソンって誰?」って思って、帰宅してググったら別嬪さんではないか。
「いやいや、似てないでしょう・・・」と母は思ふ(笑)

スタッフさんも遠慮があるのか、大体的に「エマ」とは呼ばず、小声で控えめに「エマ」よんでくれてます

まぁ、ドイツ人の血が半分流れているので、ちょっぴりエキゾチックな顔立ち。
先日、長女と次女と歩いていたら、通りすがりの小学生低学年男児に思い切り

ガイジン!

と排他的なニュアンスで呼び捨てされました。

夫は、「ガイジン」と言われると嫌がりますね。

小学生低学年には「ガイジン」と言われると嫌な気持ちになる事は分からないかもしれませんが、
それでも排他的なニュアンスで吐き捨てるような言い方だったので、娘達がそう言われて、私としては
いい気持ちはしません。

あと、先日、家族4人で歩いていたら、リアル外国人に日本語で「ガイジンデスカ?」と言われ、それは
「自分もガイジン」という自虐的な意味含めて言われたっぽいので、嫌な気持ちはせず。

次女よ(&長女よ)、強く生きて行っておくれ。

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0