FC2ブログ

+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 6歳と4歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




お片付け ☆ 魔窟状態のクローゼット@リビング :: 2019/07/15(Mon)

今日、夫が、ルバーブタルトを作りました。
これ、ドイツで良く食べられるタルトですよね。

ルバーブ(フキみたいなの)って、日本ではあまり見かけないのですが、昨日近所のスーパーで売ってたから、と
夫が買って来たので。



ルバーブタルト

ルバーブタルト1

上の白いのは、メレンゲです。



ティータイム

ルバーブタルト2

長女が、「この赤いの(ルバーブ)いやだ~」と言って除けて食べて
ました。いやいや、この赤いのが酸味があって、甘いメレンゲのとの
ハーモニーが良いんです。

業務連絡: ドイツのKさん~
プレゼントでいただいたマグカップ、気に入って使わせていただいています。
このカワセミの模様、何度見ても可愛い。ハァ~っ

夕方4時過ぎだったから、珈琲飲んだら眠れなくなってしまう可能性大
だったけど、このマグカップを使いたくて。そしてこのマグカップには
珈琲が合う。母が先日買って、1袋貰った猿田彦珈琲のドリップ
フィルターの珈琲をいただきました。




さて、本題。

我が家の魔窟。
それは。リビングルームのクローゼット。

2017年2月に入居してから、かなりグチャグチャで。
電化製品等の取扱説明書が溢れて(取説付属のコード類とかも有り)、説明書入れファイルボックス2個に
収まり切らず、紙袋にも溢れ返る程入れて、とっても息苦しいクローゼットでした。

これを、玄関の掃除のついでに、夫に協力を仰ぎ、説明書の仕分けをしてもらって。


このマンションの前の住人様から譲り受けた、各種機器の説明書も一杯。
リフォームしたからすでに廃棄した、前の住人様のキッチンとか色々な設備のも、既に不要なので今回廃棄。
(つまり、不要な物にスペースを食われていたワケです・・・)

キッチン家電と、それ以外の家電でファイルBoxを分けて。

夫と私のレシピ本も、不要な物を数冊手放し。

Beforeの写真が無いので比較できないのですが、Afterの写真をば。



上から1段目と2段目

WZクローゼット1

インテリアブロガーさんのクローゼットのような、無印良品のボックスで
仕分けしたりとかの整った感はありませんが・・・これでも大きな進歩です。

上1段目→(左から)レシピ本、家計簿関連、医療関連、学校関連、取扱い説明書
       手前右側の白い横長ケース(IKEAの)は、薬類。

上2段目→(左から)書類In & Out Box、文房具入れ、レシピ本



お次は、上から3段目と、一番下

WZクローゼット2

3段目(写真上から1段目)→OA機器(プリンター、パソコン、タブレット、スピーカー、ピータッチ)

4段目(写真下段)→掃除機器(ハンディクリーナー、床磨きロボット)とその充電器類、
             ゴミ箱(掃除用具入れ)、洗濯物干し道具、夫の出張用キャリーケース


この4段目(一番下の段)を、もっと有効活用できないか、追々考えたいと。
収納道具を使えば、もっと色々入れられる余白はあるのですが、
かと言って、ギュウギュウに詰めたいわけでなく、ある程度の余白も欲しい。


他の課題は・・・

長女の学習机などの、個人スペースをどうするか問題。
学習机とか、長女の学校グッズ専用ラックが無いので、
リビングルーム隣の和室がかなりグチャグチャです。

ここに長女の学校関連スペースを作って、ちゃんとラック等を
作ってあげれば、もっとスッキリするのですが。

2年後の次女の就学も見据えて、色々プランを考えたいと思います。



今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. インテリア・収納・住まい
  2. | trackback:0
  3. | comment:2