+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




リビングに絵を飾りました :: 2012/11/18(Sun)
ボーデン湖近くに住む義姉家族が、昨日から1泊で家の中の片づけサポートに来てくれました。

7月に我々が今のマンションに引っ越して来た際も、家具の組み立て等の為に、脚立と寝具持参で来てくれた義姉家族。
今回の「家の中の片づけサポート」とは、具体的には。。

1) 照明器具の交換
2) オムツ替え台の組み立て
3) ベビーグッズの検品と、不足品の買い出し付き合い
4) 甥っ子が使用したベビーグッズのデリバリー
5) リビングに絵を飾る

義姉の旦那さんは、エンジニアで電気関係に強いので、サササッと色々照明関係の作業をしてくれます。
義姉は家具の組み立てが得意なので、10歳の甥っ子にハンマーなどの工具の使い方を教えながら、オムツ替え台の
組み立てをこなしてくれました。

リビングに絵を飾りました

glyptothekポスター

ミュンヘンのGlyptothek(彫刻品陳列館)のポスター。
彫刻品とは関係なさそうなデザインなのですが(笑)、
夫が独身の頃から所有していたポスターで、日本で結婚し同居し
始めた頃、飾る場所が無くずっとお蔵入りしていたものです。


最近、新居となるミュンヘンのアパートに、「何かポスターを飾りたいね」と話していて、夫所有のポスターを色々
広げてみて、これを飾ることにしました。我が家のリビングは、白と黒が基調なので丁度合います。

これ以外に、以前日本のどこかで開催された浮世絵展のポスターもあり、それもデザインが良いので、おいおい
フレームを購入し、廊下に飾ろう、と話しています。(美術に詳しくは無いのですが、私は尾形光琳のデザインに
惹かれるので、来年の里帰りの際は尾形光琳関係のポスターを入手しよう、と目論んでいます)

さて、話は義姉家族に戻し、いつもサポートしてもらってばかりなので、我々も何かお礼にしたいのですが、
「我々に何ができるのだろう?」と考えると何も思い浮かばず。。いつか我々に何かできる事があれば、是非
役に立ちたい、と思います。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 住まい・インテリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<Heizkoerper(暖房器具)にタイマーを取り付ける | top | フランスの通販でマタニティー&授乳服購入>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/110-8d66f772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)