+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




出産のキロク~入院編~ :: 2012/12/11(Tue)
今日も雪のミュンヘン、私は家に引きこもってました。

さて、出産のキロク、今日は「入院編」を残したいと思います。

出産予定は12月12日。
実際の出産は11月26日。

37週目に当たる11月21日(水)に、診療所に定期健診に赴いた際に、

●羊水量が減少している
●10日前の検診から成長が見られない(体重が増えていない)

と指摘され、「週末~来週月曜日くらいにでも、出産予定の病院に行ってコントロールしてもらって下さい」と
言われました。

この事を夫の姉(産科の看護師)に伝えたところ、「その状況であれば、予定日まで待たずに38週目に相当する
来週にでも分娩に進んだ方が良いだろう」と、姉とその彼氏(小児科医)が異口同音に言ったので、私も
「出産は来週かぁ。。」と考えるように。

そして、「この週末はおそらくあなたと弟の最後の二人きりの週末になるだろうから、楽しんでね☆」との
優しい気遣いも。「行きたかった美術展に行こうかな」などと考えていました。

そして、翌日22日(木)に出産予定の病院に赴き検査をした際、先生の顔がちょっとシリアスになったので
不安になりましたが、言われたのは「明日分娩に進みましょう」との事でした。「明日の朝7時に病院に
電話下さい。分娩室の空き状況を見て、来ていただく時間を告げますので今日は帰宅して良いですよ」と
言われたのですが、その後状況が変わり、「やはり今日入院して下さい。明日の朝7時から分娩しましょう」と
いうような事を言われ、夕方4-5時頃入院手続きをし、病室の一員に。

この日、夫は出張でブカレストに赴いており、丁度この日の夕方のフライトでブカレストからミュンヘンに
戻るタイミング。ブカレストの空港に居る夫にまずは「明日分娩らしいよ。朝7時に病院に電話して、それから
病院に赴くね」と伝えた後、即入院が決まり、この日の入院を夫に告げられたのは、夫がミュンヘン空港に
到着した午後6-7時頃、すでに私が病室の一員になった後でした。

「入院したので、用意しておいた入院グッズを持ってきて」とお願いし、出張でヘロヘロの夫はとるものも
とりあえず、夜9時頃入院グッズを携えて病院に来てくれました。
言葉の問題から、分娩には絶対にドイツ人の夫に立ち会って欲しかったので、まずは出張から間に合う
タイミングで良かった、と胸をなでおろしました。
(この後夫の受難は続きます 汗)

入院後の処置

入院後の処置

いつでも点滴などの処置ができるように、
血管にこのようなものを挿入されました

最初に刺した部位が骨ばっていて
良くなかったのかとても痛い(涙)
痛みを訴えると、「それは良くないわね」とこれを外し、
反対側の腕の別のふくよかな部位に刺されましたが、
外す時も刺される時も痛い(苦笑)
しかも洋服などにひっかかって持ち上がっても激痛。
洋服などにひっからないよう、上から包帯を
グルグル巻いて下さいました。



つづく

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. マタニティーライフ・出産
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<出産のキロク ~出産編~ | top | 産後のヘバメ(助産師)さん、自宅訪問ありがとうございます!>>


comment

点滴の管

お疲れ~。 雪が降っているとはさぞかし寒かろうに…

画像の写真、私も息子出産の時を思い出しちゃった。
あの、管に私の血が逆流していてパニクったんだよね。。
もう14年も前のことだし、遠い記憶だけど、
もっと写真に残しておけばよかった~と思うことがたくさんあるよ。

これから『出産編』かな。
楽しみに待っています♪

そうそう! 娘ちゃん、旦那さんにそっくり~?!!
  1. 2012/12/11(Tue) 23:39:34 |
  2. URL |
  3. komugiko #-
  4. [ 編集 ]

Re: 点滴の管

komugikoちゃん、

メッセージありがとう!

komugikoちゃんはもう14年も前のことなんだね。
(そうだよね、たしか息子クン、中学生だよね)

ちなみに私も管に血が逆流したよ(笑)
お察しの通り、次回「出産編」に続きます。

  1. 2012/12/12(Wed) 14:27:10 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/119-5425d55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)