+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




やっぱり手帳は2013年も「ほぼにちWeek」 :: 2013/01/12(Sat)
年末に母が来独した際、手帳「ほぼにちWeek 2013」を持ってきてもらいました。

左が2012年版で、右が2013年版

手帳

2012年の青と緑のチェックはとても好きな柄です。
(ラルフローレンのチェックみたい)



ほぼにちWeekは2012年から使用しており、今年で2年目。
2013年を迎えるに当たって、ドイツで手帳を少し探してみましたが、中々使いやすそう&デザインが好みの
物が無く、結局ほぼにちWeekで続投する事に。
まぁ、「どうせドイツには素敵デザインはないだろう」と最初から真剣に探しませんでしたが(苦笑)

2013年版のドット柄は、ネクタイ生地から生まれたシリーズの1つだそう。
スーツのポケットにも入り、スーツに合うらしいです。
ま、私はスーツは着るシチュエーションはありませんが

ちなみに私の手帳遍歴は。。←誰も聞いてないけど

18歳~21歳くらい: ぴあダイアリー(主要駅周辺地図もあり便利でした)
22歳~36歳くらい: 英国FILOFAXのシステム手帳
37歳~38歳くらい: 手帳使わず、自宅のカレンダーのみ
39歳~40歳の今:  ほぼにちWeek

ぴあダイアリーや、ほぼにちWeekは、最初に月間カレンダー見開き、そのあとに週刊カレンダー見開きがあって、
私にとってとても使いやすく見易い手帳です。

月間には予定を、週刊には日記代わりの書き込みしてます。
ちなみに「ほぼにちWeek」はメモページも多くて良いです。

ところで、日本のLOFTの手帳売り場に行くと、いつもうずたかく手帳が積まれていて。
行く季節によっては、「12月始まり」「3月始まり」などバリエーションもあって。
でも、「こんなに売れないだろう?殆どが買われずに終わるのではないか?資源としてリサイクルされるの
だろうか?」と環境面もいつも気になってました。実際の所どうなんでしょうね?

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 雑貨たち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<ヒートテックのアイテムの多さに驚く | top | VHSドイツ語コースに復帰したいけど。。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/132-252f305d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)