+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




10日続いた咳に終止符。 :: 2013/01/25(Fri)
ここのところ毎日零度を下回ってるミュンヘンです。
毛糸のパンツ、レギンス、タイツ、靴下、レッグウォーマーの重ね着のフル装備でなんとか凌いでいます。

さて、正月明けから風邪を引いてしまい、10日程咳が続いて辛い日々でしたが
先週終わり頃やっと終止符を打つことができました。

咳って体力を奪いますよね。
特に夜間に咳が酷く、夜中咳込みながらの3時間おきの授乳は、何かの罰ゲームのようにキツかったです。

「これは百日咳ではないか?」と勝手にセルフジャッジをし、ネットで百日咳について調べたら、
「乳児が感染すると死に至る事がある」というような事が書かれてあり、心配になって更に眠れず

5日程咳が続いた頃、近所の診療所の門を叩き、診察していただきました。
結果、ただの風邪でした。
(念のため百日咳の検査もしていただきましたが、こちらはシロでした)

対処法としては、Inhalation(吸入)というのを勧められました。
これは、蒸気を吸入し、喉にお湿りを与えるもの。
マグカップにお湯を入れ、塩を入れて混ぜて、上記を吸入します。
蒸気を逃がさないよう、頭からタオルなどをすっぽり被ると良いそうです。
(分量を先生に訊いてみましたが、それは適当だそうです)

夫も風邪で咳がひどいと、このInhalationをしています。
夫の場合は塩ではなくカモミールのエキスをたらしてますので、夫が先生に「塩ではなくてカモミールのエキス
ではどうせしょう?」と訊いてましたが、「ikebowさんの場合は、喉がよりセンシティブになってますので、
塩の方が刺激が少なくて良いでしょう」との事。

このInhalationで治らなければ薬を。。との事で念のためRezept(処方箋)も出していただきましたが、Inhalationを
1日に何度も行って咳は引きました。薬に頼らず治って良かったです。

喉の乾燥が良くないらしく、マメに水分を摂取するように、とも。
私、いつも口をポカンを開けてアホ面で口呼吸しているので、これもいけませんね。
40歳になってやっと鼻呼吸を意識するようになりました。遅すぎー!

にしても咳のしすぎで、わき腹のちょっと後ろの筋肉が筋肉痛になりました。
産後のありとあらゆるマイナートラブルや風邪も去り、やっと人生楽しめそうです(笑)

診療所の先生曰く、今年はこのタイプの風邪が流行っているそうなので、皆様もお気を付け下さいね。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 美容・健康・アポテーク
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<午前2時半の喧嘩とか。 | top | 夫の育休が今週で終わります>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/138-906bd404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)