+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




映画 ”レ・ミゼラブル” :: 2013/02/25(Mon)
ドイツに引っ越してきて初めて映画館に映画を観に行きました。

鑑賞したのは「レ・ミゼラブル」。
11月に出産してから、ベビの世話に明け暮れて外の世界の事に全く疎い自分。
日本の友人から「レ・ミゼラブルを観に行くんだ」とメールが来た時も、ミュージカルの事とばかり思ったら、
映画が世に出た。。と知り、「私も行ってみたい」と思いつつ、思うだけで実行に移してませんでした。

が、ミュンヘン在住の日本人の友人Tさんから「観に行ってみませんか?」とお誘いを受け、勇気を
振り絞って(?)行ってみました。ベビの世話は家で夫が担当(笑)

事前にキャストとか全然チェックしないで行ったので、ラッセル・クロウが出演している事すら鑑賞して
初めて知って。もうダメダメですね。

ミュージカルの音楽そのままで(多分映画用に少なくとも1曲は新たに加わってる?)、元ミュージカル好き
としては嬉しい限り。途中から口ずさみながら(周囲に聞こえないような音量で。でも歌詞が分からないから
殆どハミングで 笑)の鑑賞で思い切り楽しみ、気分転換してきました。

一夜明けた今朝、アン・ハサウェイがこの「レ・ミゼ」でアカデミー助演女優賞を獲得したと知りました。

人生で初めて舞台で見たミュージカルがこの「レ・ミゼ」。(東京ででした)
学生時代、ロンドンで旅行中に「レ・ミゼ」や「オペラ座の怪人」などを劇場前で並んで当日券を狙って
見まくったので、その思い出がよみがえり、「あの頃は身軽でフットワーク軽かったなぁ。。」と遠い目で
思い出に浸ってしまった夜でした。今は身が重すぎるよ。。一番好きなのは「オペ怪」です。

それにしても、産後私が引きこもりがちだったのが夫の心配事だったらしく、「映画を観に行きたいんだけど」と
打ち明けたらとても喜んでベビの世話を引き受けてくれました。夫よアリガトウ!

家に籠ってばかりいないで人と会って話したり、何かを鑑賞したり外の世界に触れないと、気持ちが内側に籠って
ホームシックになってしまっていけませんね。

ランキングに参加しています。
↓応援クリックいただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 映画・コンサート・舞台・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<生後3か月のキロク | top | 授乳服アレコレ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/153-abcb00dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)