+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ミュンヘン、待機児童多いです :: 2013/03/03(Sun)
金曜日に、夫の会社内の保育園の見学会に行ってきました。

保育園は、今まで聞いた限りでは、一般的に大雑把に分類して下記の種類があるようです。

1☆公立
2☆私立
3☆企業内にあり、その会社に勤務している人が利用できる物。

我々夫婦は、1の公立と、3の企業内の保育園に登録(申し込み)済です。
(私立の保育園は高いので我々の利用希望対象外です)

さて、話をもとに戻し、夫が勤務している会社の保育園、結論から言ってとても気に入りました。
幼稚園が併設された保育園の建物内が広く、遊具や道具や施設も充実しており、何より明るいし、特定の宗教を
信奉してないし、スタッフさんも気さくで全体的に明るくて雰囲気が良い。

でも、ミュンヘン、待機児童が多く、この企業内の保育園もウェイティングリストが。
最短で入れたとしても、今年の9月だそう。
しかも、登録の早い者順ではなく、夫婦の状況によって優先順位が決まるそうで。
ちなみに夫婦ともどもこの会社に勤務している人が一番優先度が高いそう。
この会社に夫しか働いていない我々夫婦には厳しいかも。

ミュンヘンでは、「妊娠が分かったらすぐに保育園に登録を」と言われており、我々も出産予定の3か月前に
登録しましたが、それでも遅い、と言われました

ミュンヘンの公立の保育園は、私の聞き間違えでなければ、制度的には産後9週間から子供を預ける事が
可能なようで(空きがあればですが)、私も「9週間から預入希望」と登録時に伝えましたが、産後13週間以上
経過した今でも全く音沙汰なしです。まぁ、そんなに早くに空きが出るとは全く期待していなかったのですが。

預け入れる事ができれば私もドイツ語コースに通学を再開できるのですが。どうなるんでしょうね?
(ちなみにドイツ語コースのあるVHSにも保育園が併設されている所もあるようですが、対象は18か月以上だそうです)

今の状況では、隙間時間に自分で努力してドイツ語に触れるしかありませんね。

アタシを預かってくれるのはどこかしら?

ぶーちゃん顔



↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<両親教室の同窓会など | top | 夫、育児疲れて倒れる>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/156-9f06471b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)