+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




イースターのタマゴ探しは、化粧中に終わってました :: 2013/04/02(Tue)
先週水曜日からイースター(キリストの復活祭)休暇に合わせて義実家に帰省し、昨日ミュンヘンに戻りました。

実家では基本的に上げ膳据え膳、娘と遊んでくれるメンバー(義両親、義姉妹3人とそれぞれのパートナー)には
事欠かず、かなり楽させてもらい精神的・肉体的リフレッシュしてきましたが、やはり自宅に帰るとホッとしますね。

アパートの自宅のドアを開けた瞬間、「そうそう、この臭い!」と。
特にキッチン。お醤油とか味噌とかほんのりアジアな香りがするというか。。
(別にお醤油とかお味噌とか出しっぱなしにしているワケではないんですけどね)

さて、こちらのイースター。
磔にされたキリストの復活を意味するお祭り(宗教行事)のようで、美しく彩色されたタマゴを庭や家の中のあちこちに
隠して子供に探させたりするよう。
近年では本当のタマゴの代わりに、タマゴ型のチョコレートを隠したりする所も。


実家のサイドボードの上の飾りつけ

OE



昨年5月にドイツに引っ越して来て、今年が私にとって初めてのイースターでした。
私はキリスト教に属していないので(ドイツ人の夫ですらクリスチャンをやめてます)格別思い入れは無いのだけど、
「まぁどんなものかちょっと覗いてみよう」的な気分で。←なぜに上から目線?

夫の実家では、子供は10歳の甥っ子と、4か月の私の娘だけなので、イースターエッグを探すのは甥っ子のみ。
朝の授乳2回と、自分の朝食、シャワーを済ませ、「さぁ急いで化粧して。。」と思っていたら、化粧の間に
甥っ子のタマゴ探しは完了してました

タマゴや(もしくはタマゴ型チョコとか)、多産ゆえ生命の象徴であるウサギをかたどったチョコとか、この時期
スーパーやお店で沢山見かけました。
また、タマゴとかウサギチョコ以外に、プレゼントを隠して子供に探させたりもするらしいのですが、ちょっと商業的な
ニオイがします。

ドイツに住んで居るからと言って、なし崩し的に将来我が家もこの風習を取り入れるかどうかは、夫と話し合うつもりです。少なくとも現時点で夫とは「イースターにタマゴ・ウサギチョコ以外の全然関係ないプレゼントはちょっと
違和感あるよね」と合意してます。よそはよそ、うちはうち、です。

とは言え、どうなるかまったくわかりません。案外、娘にゴネられたらやっちゃうかも!?

イースターの日曜日のティータイム

Oケーキ

義母のお手製ケーキ2種



こちらは日曜日の夜ご飯

Oディナー

羊肉と、パスタ、野菜数種




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 季節のイベント
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<酒に不自由しない人生を | top | 日本帰国時に買おうと思ってたけど、偶然ドイツ人からいただきました>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/04/03(Wed) 13:15:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 久しぶり(^_^)

幼馴染Pへ、

どうしてもメールが送れないのよー
だから、コメント返信させてもらうね。

娘は活発過ぎて、しかも早朝からフルスロットル状態で私はもう体力の限界だよ。
やっぱ出産は若い方がいいな、と最近切実に思うよ。
まぁ、年の功で乗り越えられることもあるんだろうけどね。。でもやっぱり体力は必要だよね。

メールが送れないので、一時帰国時の日程相談連絡できず。
帰国したら電話するね。楽しみにしてます!
  1. 2013/04/03(Wed) 21:52:34 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/166-de6d2fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)