+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ロマンチストな夫が、夫婦別寝室を決めた :: 2013/04/09(Tue)
昨日、今日と日差しがあって春の訪れを感じるミュンヘンです。
やっぱりお日様が照っていると嬉しいですね♪

さて、3週間程前から我々夫婦は別の部屋で寝るようになりました。
夫は超ロマンチストなので、元々「夫婦が別のベッド、ましてや別の部屋で寝るなんてあり得ない!」と昔
言ってたのですが、3週間ほど前に夫が風邪を引いた際、私や娘に風邪をうつしたくなかったのと、早く治すために
良質な睡眠が必要だったので別の部屋で寝ることに。

医者からは「1週間会社を休むように」の診断書をもらっていたので、別室は当初1週間だけの考えだったようですが、
1週間経過し、私が「無理に戻ってこなくていいよ?私と同じ部屋だと、夜中の授乳時に目が醒めてしまって寝不足で
次の日仕事が辛いでしょ?」と言ったところ、「え、いいの。。?」と。

「妻をサポートできなくて申し訳無い」とモーレツに思ったようだけど、「質の良い睡眠」欲求には抗えなかったようで、
結局引き続き別寝室制を採ることに。

別にこれは私が優しい嫁だからとかそういう美しい話ではなく。

まぁ、一緒のベッドで寝ていた時は、夜中の授乳時に夫が目が醒めてしまい、「妻が頑張っているのだから」という
負い目から、授乳しやすいよう眠いながらも頑張って授乳クッションを私にあてがったりしてくれたのですが、
その程度のサポートであれば私的には無くても。。というのが正直な所。
(私は「しなくていい。寝ててくれ」と言ってたのですが)

どうせなら労力は少なく、そして効果MAXなサポートが欲しいの 

それに我々のベッドは狭いので、一人で(時には添い乳の時には娘もベッドに引きずり込んで二人で)存分に体をのばしたい。。という気持ちも。
↑でもそれを夫に言ったら撃沈して自害しかねないな。。このブログを夫が見てない事を祈る


我が家の稼ぎ手は夫だけなので、質の良い睡眠をとって存分に働いてシッカリ稼いできて欲しい。

鬼嫁でゴメン。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<お勧め事項@子供服のフリマとバザー | top | 酒に不自由しない人生を>>


comment

こんにちはikebowさん!ご無沙汰してます~。

うちは・・・娘が生まれた時から夫婦別室です~w
私も優しいんではなくて、夫の出勤時間が早いので私も娘も起こされたくないのと(ひ、ひどい嫁!!)
赤ちゃんのめんどうはは私が見るからあなたは外でしっかり稼いでおいでというikebowさんと似たような心境からです(笑)。
あ、でもうちの夫は仕事から帰ってきたら娘と遊ぶ。お出かけの時はベビーカーを押す。くらいしか育児してません。(私は夫に育児の期待するのをとっくにやめたんです・・・あんまり役に立たないし・・・でも娘は超絶夫になついてるからまあいいか、みたいな・・・(笑))

でも、うちは赤ちゃんも8ヶ月だし、つまり別室=8ヶ月を迎えたということでそろそろ同じ部屋に戻さなきゃ
夫婦としてどうなんだろう?と疑問が湧いてる今日この頃です。(遅すぎ!?)


  1. 2013/04/10(Wed) 09:14:59 |
  2. URL |
  3. ねずみ母 #OLHiJ7es
  4. [ 編集 ]

ねずみ母さん、

こんにちは!

おお、夫婦別室仲間がここにも!(結構多いみたいですね)
あぁ、「朝起こされたくない」っていう気持ち、もんのすごくよく分かります(笑)

うちの夫は、ねずみ母さんの旦那さんのタスクにちょっと毛が生えたくらいの(?)協力度(私が夜メシ作ってる間ミルクあげる)だと思うんですけど、同じく娘は夫に超絶懐きまくりで、正直ちょっと悔しい。美味しい所もってかれた、みたいな。。飛び切りの笑顔も、私より夫の方に向ける頻度が高いんですよ。これだけ尽くしてるのにorz

うちも、いつ同じ部屋に戻すか?って感じです。
あと、いつから娘を子供部屋に寝かすか。。ってのもおいおい考えないといけないんですよね。
  1. 2013/04/10(Wed) 21:12:36 |
  2. URL |
  3. ikebow #HP7imwl2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/168-18fa130a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)