+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




義母から譲り受けた指輪 :: 2013/04/22(Mon)
先週末、ハイデルベルグ近郊に住む義母が、娘の顔を見にミュンヘンに来てました。
今週末から夫、私、娘の3人が日本に4週間里帰りするので、「しばらく顔が見られないので(スカイプできないかも
しれない)その前に顔を見ておきたい」と。
日本滞在中も義両親とはバリバリスカイプするつもりですが、遊びに来てもらうのは大歓迎!

さて、今日はその義母に絡んだ事を日記に残したいと思います。

私と夫が出会ったのは2008年の東京。
二人とも同じ会社に勤務していて、会社が倒産しかかったので、2009年春に二人とも失職。
その直後に交際が始まり、交際開始から何と7週間で入籍。
そんなこんなのスピード婚なので、ドイツに住む夫の両親・姉妹には結婚前一度も会っておらず。

婚約指輪、式&披露宴無しの超ジミ婚な我々だけど、結婚指輪だけは二人で見て回って、ダイヤモンドのセッティングで
有名な某ジュエラーで気に入ったのを見つけ、 「仕事が決まったら買おうね」と話していました。

が、そんなある日、義母から郵便で届いた結婚祝いカードに指輪が同封されていて。

結婚指輪



どうやら、義母の叔母とそのご主人の形見の指輪だそう。
指輪の裏に、「A.H 12.1940」の刻印が。

大恋愛の末、1940年に結ばれた二人。
が、戦争が二人を引き離し、いつしかご主人は行方不明に。
女性はいつまでもご主人の帰還を待ち、再婚せず2つの指輪を大切にし、晩年にご主人の元に旅立たれたそう。。

義母を可愛がった義母の叔母だったらしく、そんな大切な形見の指輪を、私のサイズにお直しし、美しく磨いて
贈ってくれた。
夫が義母との電話中に「昨日ショップで試着して、ikebowのサイズは〇号で~」と伝えてたので義母は私のサイズを知っていた。

これ以上の指輪は無いと思い、買おうと思っていた指輪は欲しくなくなりました。
デザインも、欲しかった指輪と奇しくも全く同じ!

それにしても、そんな大切な指輪を普通郵便で送ってくる義母。。
チャレンジャー&肝っ玉が据わってるな、と思いました(笑)

いつまでも元気でいて、そして一緒に娘の成長を見て欲しいと思う。

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. ■家族のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4



<<里帰りのお供に GLOBE TROTTERのトランクケース | top | 着替えない私。>>


comment

なんて素敵な指輪なの?!
ご主人のお母様のおば様の事を勝手に妄想し
思わずウルってきちゃいましたv-409
  1. 2013/04/26(Fri) 02:14:09 |
  2. URL |
  3. モカバニママ #2Qwf./yA
  4. [ 編集 ]

モカバニママさん、

こんにちは!
やっと日本に帰ってきました。
食を満喫してます♪

義母のおばも、まさか遠く離れた日本のオンナにこの指輪がたどり着くとはつゆほども思わなかったでしょうね。
運命の不思議を感じます。

  1. 2013/04/28(Sun) 12:59:06 |
  2. URL |
  3. ikebow #HP7imwl2
  4. [ 編集 ]

涙・涙・涙

・・・こちらの記事、拝読したときすぐにでもコメントしたかったのですが、日本滞在中、PCがなかったので、コメント遅くなってしまいました。。

なんて素敵な話っ!!!
宝物を家族で受け継いでいくって、歴史を紡いでいくというか、大きな流れの一部である記しを頂けるというか、本当に貴重な素敵なことだなぁと思いました。

・・・でも普通郵便って。。。!このオチもまたGOODですね☆笑
  1. 2013/05/14(Tue) 07:00:24 |
  2. URL |
  3. new_message24 #NL0arQx.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

new message24さん、

指輪、封筒を開けたらジップロックに入っていてそれもまた驚きでした(笑)

2年程前に、夫のおばが、夫の母の家の家族の歴史を小冊子にまとめてプレゼントしてくれた事があったんです。表紙を開けるとLiebe 〇〇(名前)と、義母、義父、義姉、夫、義妹の名前が記してあり、最後に私の名前も記していてくれて、感動して涙が出てしまいました。

こうして家族って続いていくんだな、私もとある家族の一部として紡いでいくんだな、って。

義母とおばが子供の頃東ヨーロッパで苦労した話とか、祖先のエピソードとか書かれているようで、私のドイツ語が上達したら、読んでみようと思っています。

  1. 2013/05/16(Thu) 02:43:23 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/175-635391ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)