+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ミュンヘンから日帰り旅☆シュッタッフェル湖 :: 2013/07/21(Sun)
この週末も夏日!なミュンヘン。
今日はミュンヘンから車で日帰り旅してきました。

行き先は、ミュンヘンから南に70キロ程にあるStaffel See(シュタッフェル湖)。

ハイデルベルグ近郊の町に住む夫の友人・奥様・息子クンと、イギリスに住む奥様のご両親が、バケーションで
昨日の土曜日からオーストリアに近いフュッセンに滞在しています。

事前に友人の奥様が「ミュンヘンとフュッセンの間のどこかで待ち合わせて会いませんか?」とお手紙をくれていた。

以前、この友人家族の家を訪問した時、奥様のご両親がイギリスから丁度いらしていてお会いしたご縁で、この
ご両親から我々の娘に出産祝いをいただいていた事もあり、「また是非お会いしたいなぁ」と思っていたので、
奥様からお手紙をいただいた時「絶対行きたい!」と鼻息荒く(笑)夫に伝えていて、今日実現したワケです。
(このチャンスを逃すと奥様のご両親には中々お会いする機会は無い)
しかも普段引きこもりな私がこんな遠出をしたがるのは珍しいよ!(笑)

夫が同僚に「どこがいいか?」と訊いたところ、「湖で採れた魚を使った美味しいレストランがある」という同僚の
お勧めで、Staffel Seeの「Aplenblick」というレストラン(ホームページはコチラ→)で落ち合った。


レストラン前の敷地から湖を眺める

Staffelsee


そしてまずは湖畔を散歩

Staffel See

小さく写ってるのは、友達んちのビーグル君

よく見えないけど、左手が湖です。
この湖畔の散歩道が気持ち良かったです。
(レストランを出て左手に行くと、この気持ちの良い散歩道があります。
右手に行ってみたら、ちょっと行くとすぐPrivate Areaで中々湖畔を
歩けなかったので、散歩されるなら左手の方が良いかもしれません)




散歩の後は、レストランAlpenblickで昼食を。


↓夫セレクトの色々魚のグリル・リースリングソースで。

AB 魚グリル盛り合わせ

魚の焼き加減が良い。皮もパリパリで丁度良い。
ソースも重たく無くて美味。


↓私セレクトの魚のスープ

AB魚のスープ

寿司屋では絶対にあら汁は外せない私なのでまずは
魚のスープから(笑)シンプルで美味しかった。



↓私セレクトの燻製魚と、サラダ、温野菜

ABスモークフィッシュ

燻製の香ばしい香りに食欲をそそられました。
ちなみにこれはメニュー表上は前菜扱い(笑)



↓夫セレクトのホルンダー(エルダーフラワー)のムース

AB ホルンダーのムース

コレも美味しかった!
ホルンダーは今までシロップしかいただいた事が無く、
ムースなんて我々には斬新。付け合せのチェリーも美味しくて

「太ったら離婚」と言われているので、私はデザートはスキップ(苦笑)



我々夫婦、他にソフトドリンク2杯、ノンアルコールビール1杯で合計52ユーロ程でした。

夫の友人家族もそれぞれのお料理に喜んでくれたようで、満足なランチでした。

お店のスタッフの接客も気持ち良かったし、トイレ手前にはおむつ替えスペースもあり、子連れにも優しい。
ベビーカー連れのお客さんもよく見かけました。

またレストラン隣の芝生には、水着姿でくつろぐ人もたっくさん居ましたよ。
(しかも適度に木陰もあって、日焼けしたくない日本人レディーにも良いかも 笑)

ご馳走様でした♪

この湖は、ミュンヘンのお金持ちリゾート地のStarnberger See(シュタルンベルガー湖)から更に南にある為、
この途中のStarnberger Seeまでの道中で渋滞に遭ったり、夫が道を間違えたりで、グーグルマップでは1時間
程度と事前に調べていたのですが、行きは2時間もかかってしまいました。
しかも今まさに夏!なドイツなので、行かれる方は渋滞を考慮してプランニングされると良いかもしれませんね。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. ミュンヘン近郊
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<待ちに待ったドイツコース通学再開! | top | 太ったら離婚(汗)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/219-9b809370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)