+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ヘルシンキ旅 ☆ iittalaアウトレット :: 2013/09/03(Tue)
8月30日から9月2日までの4日間、フィンランド・ヘルシンキへ行っていました。

先日iittalaのスターター・セットを購入した事は日記にUPしましたが(コチラです→)、その時に「何かフィンランドに
行ってみたくなっちゃったよー」とボソッと呟いたら夫が「実は僕もソレを考えていた所!もうフライトの空き状況も
調べたけど、大丈夫そうだよ。ホテルもチェックした」と普段何かと腰が重い事が多い夫にしては
珍しく電光石火のような早業でアクションを起こしていてビックリ!

で、夏休みにどこにも行ってないし、マイレージもちょっとある事だし「行ってみるか」という事で、急ですが行って
きました。私の「行ってみたくなっちゃったよー」の呟きから出発までジャスト1週間という短納期な旅(汗)

私の語学学校も佳境を迎えていて宿題をこなすのがやっとな日々だったので、フィンランド語の勉強は出来なくて
仕方がないにしてもフィンランドの歴史概要やヘルシンキの観光についての調査もまったく出来ないまま、
そこに何があるのかすら分からないまま気づいたら機上の人になってました(苦笑)

若かりし頃は異国に行くときはその土地の言葉も出来る限り勉強して(最低限でも挨拶の言葉や数字程度は)
いたのですが、今はドイツ語だけでアップアップなので「今回は仕方がない」・・と自分に言い聞かせて。


で、ヘルシンキではiittala(ARABIA)のアウトレットへGO!

ARABIAアウトレット

このARABIA地区は工場・アウトレットだけでなく
教育、住宅地区を形成するアートとデザインの一大地区
だそうです。町の中心からもアクセスが良く(トラム・バスで
20分程度だと思います)便利。



アウトレットショップ入り口

Arabiaアウトレットショップ入口



お店の中はこんな感じで

ARABIAアウトレットショップの景色

お客さんの8割は日本人と思しき人々で。
日本人のバイタリティーを感じました。



ここではアウトレット品(2級品)、正常品(1級品)と両方販売してました。
私が欲しいマグカップやピッチャーしかドイツの価格を記憶していないので、
マグカップ・ピッチャーの価格だけの比較になってしまいますが、正常品
(言葉使い、合ってるかな?)に関してはドイツで購入するのと全く同じ価格でした。


たとえばコレ。TEEMAのマグカップ。
次の獲物1
ドイツで13.9€、アウトレットの正常品も13.9€
但し、アウトレット品(2級品)は、10ユーロ台(11ユーロ弱)でした。



さて、ここでの戦利品は・・

夫がFactory Visitマグを1個。

Factory Visitマグカップ

「このデザインのはここにしかないから」と夫・言い訳しつつゲット。



あとは、「ご自由にどうぞ」的に置いてあったポストカード3種類。

iittalaポストカード

真ん中のピッチャーの佇まいが好きで「欲しい」と思っているのですが、
使うシーンが無いので将来的にも買わないと思います。
というか、買いたい気持ちが高ぶらないように気持ちを抑えています(笑)
ちなみにこの商品の2級品はありませんでした。


アウトレット品(2級品)が無いアイテムも沢山ありましたので、お出かけの際は予めご了承お願い致します。

アウトレットの入り口近くにカフェがありましたが、日曜日だったためか閉まってました。残念・・
が、積まれた食器を見ると当たり前ですがここのブランドの物でした

また、車いす用のお手洗いも同じフロアーにあり、オムツ替え台もあったので、子連れにも安心です。

6個欲しいと思っているTEEMAマグカップ(白)、「買おう」と意気込んで出かけましたが、商品を前にして
「安全に持って帰るのが面倒・・」と急に思ってしまい、食指動かず。というか、商品が一杯あって気持ち的に
満足して自分の中では買う前に購買意欲が昇華してしまったのだと思います(笑)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. フィンランド
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<ヘルシンキ旅 ☆ こんな物も販売してます、ルフトハンザ | top | 語学学校終わったり、フィンランドへ行ったり>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/237-842a56bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)