+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




A2後半スタート! そして先生に真剣申し入れ :: 2013/10/09(Wed)
先週からドイツ語コース(A2後半レベル)始まりました。

9月はちょうど良いクラスが無くて学校から離れてダラけてたので、やっぱりコースに通ってるとモチベーションが
上がって良い感じ♪です。

さて、今回のコースの先生、初日の挨拶時に「単語の意味の説明をする時、英語では説明しません。
ドイツ語で分かりやすく説明するよう心がけるけど、複雑な単語とかどうしても私の説明で理解できない単語が出て
きたら、辞書を引いてください」と。

・・にも関わらず、始まってみたら結構英語で説明しまくりで。

例えば、本当にあくまでも例ですけど、

生徒: Guten Morgenってどういう意味?
先生: Good morningよ

とか、逆に

先生: Guten Abendって意味はね、例えば夜・・(まだ説明途中)
生徒: あ、Good eveningですね
先生: そう、Good eveningよ

っていう、先生がドイツ語で例を挙げて説明している時にとある生徒が英語で答えるケースも多くて。
そうすると先生はドイツ語での説明をそこで打ち切ってしまうんですよね。
ドイツ語の説明で理解したい人間にしてみればものすごくメーワクな話なんですよ。

実は前期の終わりの頃、クラスメートとの飲み会で「次のレベルではどのコースを取る?」って話題が出て、
「私は〇×って先生のコースを取る」って答えたら、たまたま来ていたクラスメートの彼女が「私その先生に
習ったことある。フレンドリーでとてもいい先生なんだけど、結構英語で説明するから要注意よ」と言っていた。

一緒に同じコースを取る予定だったクラスメートと、「だったら『僕たち英語全然分からないから英語じゃなくて
ドイツ語で説明して下さい』ってみんなで言おうね」って話していた。(本当は皆そこそこ英語できるけど嘘も方便)

実際コースが始まったら、最初の先生の「私は英語では説明しない」表明が出たので安心していたけど、2日目、
3日目と日が経つうちに英語が増えてきて。

4日目の昨日はちょっと早めに教室に着くように学校に行って、先生と二人きりの時に話してみた。

私: 英語の説明が多いと感じます。
   私はドイツ語を勉強しに来ているので英語でのインプットは困ります。

先生: 初級のレベルだと生徒の語彙も少ないので説明しても理解してもらえない時があるから。

私: A1レベルだったらそれは分かる。
   でも我々A1よりもちょっとだけだけど進んだA2レベルの、しかも後半です。
   ドイツ語の説明で理解しようと努力する事も必要なのかと思いますが。
   例えばクラスメートのM氏は、いつもすぐさま英語で意味を答えますよね。
   これって、他の生徒がドイツ語で理解するのを邪魔している事になるのでは。

先生: 確かにそうね。でもM氏に「英語で言うな」とは言えない。
    英語で答えられてしまうとそれ以上私も何も出来ない。

私: でも我々はドイツ語を勉強するためにここに来ています。

先生: 「英語で言うな」とは言えないけど、これからは英語の即答があっても、ドイツ語で説明を続けるように
    心がけますね。

・・な感じで。
(あ、ちなみに私、上記に書いたように流暢には全然話せません。しどろもどろにそれらしいことをなんとか言えただけです・・ 汗)

でも「生徒に『英語で言うな』とは言えない。」って何で?って感じですが。
クラスを導く立場だったら当然言うべき立場だと思うんだけどなー。
ドイツ語で意味を答えさせるのも大事だと思うんですよね。
様子を見て、M氏があまりにひどければ私がM氏に直接言ってやる(笑)

ちなみに、上記の会話の後の授業、先生は英語に甘える事無くちゃんとドイツ語で説明してました。
そして私の殺気を感じたのか(?)M氏の英語の回答も少なかったような・・

余談ですが、1つ前のレベルの時の違う先生は、滅多に英語を使いませんでした。
ドイツ語で分かりやすい文例を出してくれれば、よっぽど複雑・難解な単語・文章でなければ例えA2の生徒でも意味は
(少なくとも何となくは)理解できると思うんですよね・・

引き続き目を光らせ、殺気をみなぎらせて授業に臨みたいと思います(笑)

・・って、「メーワク」とか言ってますが、先日アパートで騒音を出して苦情受けといてどの口が「メーワク」って
言えるでしょうね(苦笑)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

 










スポンサーサイト


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 語学
  2. | trackback:0
  3. | comment:4



<<ドイツで初の健康診断 | top | 前科一犯な我々のお詫び行脚>>


comment

がんばって!

授業風景楽しく読ませていただきました。

息子も四苦八苦しながらドイツ語覚えているのかしら?トホホ
それとも才女お嫁ちゃんに習っているのかしら?

まあ 地の果てにいても元気で楽しければいいですぅ。
あ・な・たも。

また 来ます
  1. 2013/10/10(Thu) 01:15:41 |
  2. URL |
  3. mizukiyo2828 #-
  4. [ 編集 ]

私も初めはドイツ語わからないから習いに行くのに授業はドイツ語ってどういうこと!?って思ってたんですが、慣れるとドイツ語ですべての授業が進む方が、絶対いいと確信したクチです。
混ぜるな危険で、そこに英語が入ると、何がドイツ語で何が英語か混乱してしまうというか・・・絶対よくないと思います。
娘に私は日本語で、夫はドイツ語だけで話しかけるのと一緒なのかな。ごちゃまぜで話すと娘も混乱しそうな気がして・・・ ikebowさんのおうちはどうですか?

私の語学学校の先生はいずれもドイツ語でしか話さない先生だったんですが、生徒がカオスでしたよ 笑
授業中に飛び交うスペイン語とか・・・汗 
静かにしてって言っても全然聞いてくれない人達に腹を立てたり(笑)、気はいい人たちだったんですけどね~!
A2後半から結構難しくなりますよね。私ももう一回行くとしたらA2の後半からやりたいですもん><
頑張ってください~!
  1. 2013/10/10(Thu) 09:43:47 |
  2. URL |
  3. ねずみ母 #0MXaS1o.
  4. [ 編集 ]

Re: がんばって!

mizukiyo様、

ドイツ語を勉強してみると「英語ってなんて簡単なんだ・・」って思えます(笑)
英語の方がシンプル、と思えるほどドイツ語って面倒くさい。

でも幸いな事に、外国語を学ぶのはもともと好きなので、こうしてどっぷり学習する機会に
恵まれて「ありがたいなー」って思ってます。
  1. 2013/10/10(Thu) 21:14:26 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ねずみ母さん、

「混ぜるな危険」に笑わせてもらいました(笑)

うちも、私も夫もそれぞれの母国語で娘と話しています。
小児科医から「母国語以外の言葉を子供に話すな。親が間違って話した言葉を覚えるので」と言われて
納得したので。たまに「ナイン!」とか言っちゃいますけど。
逆に言うと「ナイン」以外は難しくて口から出てこない、と(苦笑)

そうそう、クラスメート達、一人一人は気のいい人なんですけど、集団でカオスになると憎くなりますよね(笑)
A2後半が始まってからは学校では英語は封印して、下手でもいいからドイツ語で通してます。
我が道を行ってますね(笑)
  1. 2013/10/10(Thu) 21:22:16 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/270-20acc796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)