+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




慣らし保育(Eingewöhnung)、完了 :: 2014/01/01(Wed)
日本から明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します☆

さて、12月上旬から娘を保育園に入れており、帰省前に慣らし保育が終わりました。
(慣らし保育はドイツ語でEingewöhnungと言うそうです)

一応、帰省前に3週間程保育園に行きましたが、娘の体調不良やら私の風邪やらで実質5日間しか行けず。

初日は1時間だけ、2日目は1時間半、3日目は2時間程・・という風に時間を徐々に伸ばして行って。
私も娘と同じ部屋に居て、でも正直どういうスタンス・距離感で居るべきなのかイマイチ良く分からず。

初日何て物陰とか植物の葉っぱから隠れて見てましたよ(笑)←かなり怪しげな雰囲気を醸し出してました
娘が私を探してグズッた時は本当にどうしていいのやら・・
でも保育士さんが「近くで見ていていいんですよ。グズったら抱っこしてあげてください」とおっしゃり。

かなりぎこちなく所在なくその場に居ましたが、なるべく保育士さん達とコミュニケーションを取るようにして
(お仕事の邪魔にならない程度に)、娘には「この場所は安心していいよ。この保育士さん達を信頼して
いいのよ」と態度で示すようにはしていました。

娘と同じ空間に居る間、他の子供が寄ってきて一緒に遊んだりしているうちに「ママ」と呼ばれたり、
挙句の果てには「パパ」と呼ばれたり(笑)

娘は娘で、他の子供が持っていたオモチャを取ろうとしてはたかれたり、娘が持っていたオモチャを他の子供に
取られて泣いたり。「社会の厳しさを絶賛学び中」な感じで。

変な菌を戴いて下痢と嘔吐したりで、色々洗礼受けてました。
こうして心身ともに鍛えられていくのですね。



オモチャがいっぱいあって楽しー♪

慣らし中



こんな道

こんな道を通って保育園へ。
一面霜が降りてました。
保育園の中も寒くて、私の風邪も悪化。
(先生は薄着でビックリ!)




本保育は、日本から戻った翌日に始まります。
頑張れ娘!

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村







スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<2013年‐14年 年越し日本 ☆ 夫によるザ・日本の年越し | top | 2013年‐14年 年越し日本 ☆ 横浜で泣いた>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/308-f4921914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)