+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




2013年‐14年 年越し日本 ☆ 招かれざる客 :: 2014/01/08(Wed)
招かれざる客・・それは私です(汗)

1月3日に、高校の時からの親友のご実家(私の実家と同じ沿線)にお邪魔してきました。
それも、招待されてないのに「おばさんのお雑煮を食べたい」とお願いして、予定を空けていただいて。



これが夢にまで見たお雑煮

いず家お雑煮


九州スタイルだそうです



何年か前に御馳走になったのですが、そのお味が忘れられなくて。
「また食べさせてね~」とラブコールし続けていたのですが、実家を出て家庭を築いている友人の貴重な帰省の
時間を割いてもらうのも悪くて実現せず。ドイツに引っ越した時点で「もうあのお雑煮をいただくチャンスは
永遠に無いな」と涙で諦めたのですが、今回の私の里帰りに合わせて「食べさせて~」とお願いし、今回の
ご実家訪問&お雑煮堪能とあいなったワケです。

ちなみに特徴は、アゴで出汁をとっているのと、ブリが入っているのと、九州からお取り寄せした「かつお菜」という
ホウレンソウのような青菜と、こっくりした金時人参が入っている事。柚子の皮も入っていて香りも素敵☆
(どこまでが九州スタイルで、どこからが友人のご両親のオリジナリティーなのか境目が不明ですが)

・・美味しくて、いただきながら最初の方、本当に涙が出てきてしまいました。
友人もおばさんもビックリ! 笑

「これの為に帰国したゼ」と言ってもいいくらいの幸せ感でした。

嬉しかったのはお雑煮と友人に会えた事だけではなく、しばらくお会いしてなかったおじさんおばさんに会えた事
高校時代とその後、まだ携帯電話が普及する前は友人に即時のコンタクトを取るのは実家への電話しかなく。
電話をかけるとおじさんかおばさんが応答し、挨拶だけでなく色々話したり。
下手すると友人と話すより長く話していたことも・・(笑)

友人が結婚して実家を出てからはコンタクトする機会は全然無くなったに等しく、「おじさんおばさんお元気かしら?」と
思う事もあったので、今回会えて本当に嬉しかった。

ちなみにこの友人の実家の電話番号はいまだに記憶してます。←どんだけ電話かけてたんだ、って?

この翌日は、短大時代の友人のご実家にもお邪魔してお寿司、お雑煮をごちそうになりました。
どれも美味しく、おばさんのお雑煮にもホッコリし。
お雑煮って、ホント家庭によって全然スタイルが違いますよね。

娘の成長を喜んでくれただけでなく、私の成長も(成長してるのか?)見守ってくれているような気がして
本当にありがたい事です。

こちらのお宅の電話番号もいまだにバッチリ記憶してます。
記憶の容量が小さい私にしては珍しい事です(笑)

携帯電話が普及する前の良い時代に青春時代を過ごせて良かったと思います。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます♪

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村








スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2013年~2014年 年越し
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<2013年‐14年 年越し日本 ☆ 夫、日本でどんどん壊れる | top | 2013年‐14年 年越し日本 ☆ 一抹のさみしさと>>


comment

これですねー!!!噂のっ!!
美味しそうーーーー☆☆☆
絶対先方もikebowさんにお会いできて嬉しかったと思いますよー!
それにしても電話番号記憶しているって凄いっ。
そうですよねー、昔は宅電オンリーでしたもんねぇ。
色々なドキドキとかあったなぁ・・・(遠い目)w
  1. 2014/01/15(Wed) 20:41:10 |
  2. URL |
  3. new_message24 #NL0arQx.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

new messageさん、

こんにちは!

そうなんです、コレです、噂のお雑煮!
何かもう思い出すだけでヨダレが出てきそうです←パブロフ犬?

宅電・・確かに色々なドキドキありました(笑)
男友達からの私宛にかかってきた電話に出た祖母が「失礼ですが孫とはどういうお付き合いですか?」って訊いちゃったり(汗)

私も今遠い目をしてますv-16
  1. 2014/01/17(Fri) 15:44:45 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/312-486dcfb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)