+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




素敵スペイン男子から・・ :: 2014/01/18(Sat)
昨夜の我が家のディナーはカルテス・エッセン(パン、ハム、チーズなどの冷たいお食事)。

メインは・・ドイツ語クラスの素敵スペイン男子Pからいただいたスペイン土産の生ハム・ハモンセラーノ



ハモンセラーノ

大きなお皿に乗っているのがハモン・セラーノ





素敵スペン男子Pとは、前々学期のクラスで机を並べた仲。
吸い込まれそうな深い眼差し、隣の席になったりすると私もドキドキで集中できなくて(笑)

前期はPは違うクラスに行ったので会うこともなかったけど、今期はまた同じクラスになりドキドキ再び(笑)
毎晩夫に「今日学校どうだった??」と訊かれるので、よくPの事を話題にするので夫のJealousも最高潮

「彼は真面目な人だよ。Open mindだから極東から来た私にもすごくフレンドリーで、日本の建築家に興味が
あるからそういう事も話したり(私は建築に疎いので会話についていけてないけど 汗)、日本の文化について
訊かれたりして。飲み会に彼女を連れてきたから彼女も会った事あるけど、これまた魅力的な女性で、二人とも
私は好きなんだよねー」と夫の心配を打ち消すべくフォロー(本心でもある)するけど、夫にとっては
「スペイン男性」というだけでで油断できないそうで 無敵艦隊?

アナタの妻はアナタが思ってる程モテません(ってか全くモテない)からご心配なく~

以前、彼と彼女(二人とも建築士です)が興味ありそうだ、という事で、以前日本で買った雑誌「Casa Brutus」の
京都特集をプレゼントした事があった。二人が興味を持ってる日本人の建築士の記事もあったし。
彼は義理堅い人でもあるのでそのお礼だと思うが、「クリスマスはスペインに帰省するから、ハモン・セラーノを
買ってくるね」と言ってくれていたP。

私の方はそのコメントは忘れかけていたのだけど、今週の火曜日に「約束の・・」と本当に持ってきてくれて。

すごく嬉しかった。
だけど、はて、どうしよう。

夫の不要すぎるJealousにまた火が付くのではないか(笑)
「Pからお土産にもらった。多分雑誌のお礼だと思う~」と伝えて反応を見たら、結構普通。

「週末の夜にでもゆっくりワインと一緒にいただこうね」と提案したのだけど、よっぽど楽しみだったのか
昨日会社帰りに地中海食材店に立ち寄ってサラミ・チーズもゲットしてきた夫。帰宅するなり「あ、パンを
忘れた・・」と言うので「まだドイツパンあるじゃん」と言ったら、「これらの食材に合う美味しいパンが
欲しい」と言って買いに出かけ、バゲットなんだけど中身イタリア風なパンを手に帰宅した夫。

で、金曜の夜にPに感謝しながらのディナーとなりました。
変に勘ぐられなくてご機嫌な様子で食べてくれて良かった~
↑って、全然やましいところありませんから~
彼の眼差しに吸い込まれそうになったり、ホルモン値が上がりそうな感覚を覚える事あるけど(苦笑)



・・とまぁ四の五の言いましたが、おいしゅうございました。
ごちそう様でした。



今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. うちのごはん
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<予防接種を受ける前に確認しておきたいこと | top | 日本で仕入れてきたもの ☆ 生活雑貨>>


comment

初コメントです☆
おいしそ~!!!
ハムとかサラミとかチーズとか・・・大好物です、永遠に食べ続けられます!!(だから太るのか・・・)
スペイン人・イタリア人、なかなかの義理堅いですよね。
語学学校っていろいろな人に出会えるから楽しい!!!
私もまた通いたいですe-68
  1. 2014/01/18(Sat) 12:23:20 |
  2. URL |
  3. Mayo #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Mayoさん、

コメントありがとうございます☆

ハム、サラミ、チーズ・・毎日だと胃が疲れますけど、美味しいですよね♪

そうなんです、語学学校で色々な国の人と知り合えて、刺激になって楽しいですよね。
私の場合はキャパが小さいので育児と通学の両立はちょっと無理があるのですが、
育児だけでなく語学学校に通って刺激を受けることで精神のバランスを取れてる気がします。
あと、若い人に交じって生活するのも、若いエキスを吸えて嬉しい、というのもあります(笑)
  1. 2014/01/19(Sun) 20:40:25 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/319-61f5393b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)