+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




怒涛の慣らし保育、終わったの!? :: 2014/01/26(Sun)
娘の慣らし保育、終わったんだか終わってないんだか分からない状態ですが、多分終わったんでしょう(笑)
なので、今日は慣らし保育の記録を。

<12月>

5日間登園。
保護者の私も娘と同じ部屋に控えてました。

<1月>

6日間登園し、Trennungにトライ。
(Trennung=子供は親と離れて保育園で過ごす)

とは言え、5日目までは保育園の近くに居るように言われました。
有事の際、すぐに駆けつけられるようにする為にです。
我が家は保育園から遠いので一旦帰宅するわけにも行かず、近くの夫の会社のカフェテリアで待機してました。

Trennung時間も最初は1時間から始め、日を追って30分ずつくらい長くしていきます。
我々が契約している保育時間は基本的には8時半~14時までで、6日目には「今日は14時までにしましょう。」と
言われたので、「ではいつも通り私は近くのカフェに居ますね。何かあればいつでも携帯に電話下さい」と答えた
ところ、「今日は長いのでずっと待機する必要ないですよ。どこかに出かけてもOKです」と言われ、その日娘も
問題無く14時迄保育園で過ごすことが出来たので、ワタクシ、勝手に「慣らし保育完了」と脳内変換致しました(笑)

・・はっきりと「今日で慣らし保育完了です」と宣言されていないんですけど。

という事で、初登園から12日目から元々予定していた通り下記のフォーメーションで稼働(?)してます。

朝:  夫が娘と通勤し、8時半保育園に娘を預ける(保育園は夫の会社のすぐ近くです)

午後: 2時に私が娘を迎えに行く


いやー正直言って、慣らし保育中はキツかった。
私も毎朝5時半起きで支度して出かけ(電車の中であげるオヤツや帰りの電車であげるお昼ごはんも準備)、
東京程でないけど通勤ラッシュにベビーカーと共に揉まれヨレヨレになり、保育園or保育園近くのカフェで待機して、
娘と共にまた電車に乗って車中でお昼ご飯をあげて帰宅。
帰宅後はササっと最小限の家事をし、夕方から私は週に3回ドイツ語コース・・という日々で。
いや実は全然最小限の家事すらもできてなかったです(汗汗汗)

・・ヤワな私はぶっ倒れそうになりました。
というか、絶対ドイツ語コースはサボりたくない自分が、一度休憩時間に「体調悪い・・」と断腸の思いで早退した事も。

今は夫が朝娘を連れて行き、到着後オヤツとお昼ご飯を保育園で食べさせてもらい、私は1時頃家を出て迎えに
行き・・お迎えに往復2時間近くかかるのが面倒ですが(←そんな事言って母親失格!?)、それでも午前中娘に
足元にまとわりつかれずに家事が出来るので楽です。

迎える時、娘が満面の笑顔を見せてくれるので「面倒」という気持ちは一時的に吹っ飛びます(笑)



嬉しくて昨日は夫とイタリアのスプマンテ
(スパークリングワイン)で乾杯しました

イタリアSW

まぁ、呑む理由は後付けでただ単に
酒を飲みたかっただけ、という噂も(苦笑)

昨日夫が近所の酒屋さんで「在庫一掃セール」の
籠に売られていた3.5ユーロのお酒をお持ち帰り。
お店の人が「これ美味しいから本当は自分で飲みたくて
売りたくないんだよね」と悔しいそうな顔でレジを打って
たとか(笑)確かに美味しかった。コスパ良すぎ。



また保育園との契約時間の事は追って日記に書きますが、近々週に1度は夕方までフルタイムで預けようかと
野望を抱いています。そうすると迎えも会社帰りの夫がするので私は楽できますー。←私の存在意義って?

それにしても保育園の子供達、みんなめんこかったです

今日も母親失格な自分の日記に遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<日本帰省中に小児科に3回お世話になった件 | top | 日本で食べたおやつ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/325-dd5bf6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)