+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




日本帰省中に小児科に3回お世話になった件 :: 2014/01/29(Wed)
日本帰省中(3週間半)、わが娘、3回小児科医のお世話になりました(汗)

日本では健康保険に入っておらず、100%自費負担(涙)
帰省前にドイツの旅行保険に入ってきたのでそちらの方に請求します。
先週末に提出書類(診断書等)をドイツ語に翻訳し(夫がね)昨日提出して1st Step完了。
気持ちが落ち着いたのでその記録を残したいと思います。

                                                


<受診詳細>

1回目: 12月21日、それまでの2日ほど夜に咳が止まらない時があり、実家近所のA診療所へ。
      →シロップ状の内服薬を処方される

2回目: 12月24日、経過観察の為、A診療所にて再受診。
      →シロップ状の内服薬を処方される (1回目と合わせた診断結果:急性上気道炎、扁桃炎)

3回目: 12月30日、39.5度近く発熱、嘔吐。A診療所は休診の為、救急対応のB診療所へ。
      →解熱坐剤・制吐剤を処方される (診断結果:急性胃腸炎)



お薬

このシロップ、甘いらしく娘は嫌がらずに服薬してくれました



<診療費などの諸費用>

合計(3回分): 27,470円 (涙)

これには、A診療所、B診療所の診断書代金(各3,000円)や、B診療所の休日加算も含まれる


<受診後の我々のAction>

ドイツの保険会社(旅行保険をかけてきました)に医療費を請求する為、各種書類をドイツ語へ翻訳、提出済。
提出した書類は下記の通り↓

★診療所の請求書(領収書)
★診療所の診断書

翻訳内容に不足があるかもしれず、内容について問い合わせが入る可能性もあり、1回でスムーズに行くとは
期待していません。でも1回でスムーズに行ってほしい~


<備考>

★さすがに時期(冬)が時期だけにA診療所もB診療所も込み合ってました。
 むしろ行った方が具合が悪くなる気が・・(苦笑)

★A診療所もB診療所も受診時にワクチンの接種履歴を訊かれました。
 直近で接種した4種(はしか、水疱瘡、おたふく、風疹)しか答えられず言葉に詰まり・・
 (その前にもっと色々予防接種受けてましたが)
 小児科にかかる時、ワクチン接種履歴は大事な情報なので、手帳を携行しないまでも
 接種履歴を答えられるようにしておく必要性を感じました←ってか、もしかしてコレ当たり前?(汗)


さて、いったいいくら保険でカバーされて戻ってくるかしら・・
乞うご期待!

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

      


スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2013年~2014年 年越し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<ドイツ語学習。苦しみながら&楽しみながら。 | top | 怒涛の慣らし保育、終わったの!?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/326-cb8e314b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)