+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




暮らしを快適に ☆ 乾燥機購入 :: 2014/02/20(Thu)
娘のフル保育3日目です。・・正直ちょっと寂しい(苦笑)

ここ3日は私のドイツ語コース(夜)もあるので、娘と会えるのは朝の支度中の1時間と、夕方夫が娘を連れて帰宅し
私が語学コースの為に出かけるまでの10分間のみ。今日は夫の帰宅がちょっと遅くなる予定で夕方会えないので、
今日はこの後娘に会えるのは私が語学コースから帰ってきてから。寝顔を見る事(それと夜泣き対応 笑)しか
できない。そんな生活。何だか私、日本の働き盛りのサラリーマンになった気分(笑)

                                             

さて、先日乾燥機を買ったんです。

ドイツの冬は天気が悪くて外に洗濯物を干せる日があまりなく、基本部屋干し。
それに慣れてしまったのですが、先日義両親が遊びに来た時に義父から住まいに関する色々な要・改善点を
提示され、その内の一つが乾燥機の購入でした。

「部屋干しの為に常に湿気があり、カビが生えている部分もある。
最近ikebow達は風邪を引いたり体調があまり良くないだろう?
カビが原因とは断定できないけど、体調不良の原因の1つにになる可能性もある。
乾燥機を使って部屋干しを辞めたら?」と。

まぁドイツの冬は乾燥しているから、多少洗濯物から湿気が出てそれはそれで良いのではないかと思っていたけど、
確かにカビ、生えてるところあるよね・・。それにいつも洗濯物が廊下にあって邪魔だし。

という事で義父のアドバイス後、ササッと機種選定をして購入(夫がね)。
夫は1年前の冬から「乾燥機があった方がいいんじゃない?」と言ってはいたのですが、設置スペースの問題で購入は見送ってました。


今はこんな感じで、洗濯機の上に収まってます。

いらっしゃい乾燥機

ちょ、ちょっと圧迫感あるな(笑)
コインランドリーに来た気分。



まだ1回しか使用してないので使用感を述べるのは控えますが、確かに、今干している物の乾燥度合いを気にせず、
次のラウンド(次に控えてる物を洗濯)に進めるのでそれは嬉しい。
来客時に、洗濯物がお客さんの目に触れる事も無くなるし。



廊下で、こんな場所に干してました。

物干し台

玄関前のスペース。
物干し台のすぐ奥に茶色のマットがありますが、ここはベビーカー置き場。
ベビーカーと物干し台があると廊下がいっぱいいっぱい。
玄関は風水上「良い『気』が入ってくる場所」というような事を
聞いた事があるので、こんなにいっぱいいっぱいだと「良い気」
なんか絶対に入ってこないって!



夫は「物干し台に洗濯物を干す手間が省けるのでikebowが楽になると思って」と言い、その気遣いが嬉しかったりも・・
でも正直言って、物干し台に洗濯物を下げる時間(正味15分程度?)は録画しておいた日本のドラマを愉しむ時間の一部分でもあるので、
この作業が無くなると必然的にドラマを愉しむ時間も減るワケで、それはそれで別の問題が発生(苦笑)



さて、お次の問題。


洗濯機を抱き込む形で収納棚があったのですが。

収納棚

本当は洗濯機を抱き込んでいる状態で写真を撮りたかったのですが、
昼寝してる最中にいつの間にか夫が収納棚を取り外してしまい
写真は撮れず(汗)

ちなみにIKEAのもので、現在暫定的に廊下に鎮座してます。



そうすると、

①元々収納棚に入っていた洗剤類、タオル類はどこへ? 
②収納棚自体もどこへ?という問題が。洗濯機・乾燥機のある浴室は狭くて無理。。

①については、我が家の半デッドスペースに収納棚を設置したので、それはまた追って別の日記に!
②についてはEbayで売るか、寝室のベッドの奥に詰め込むか・・圧迫感あるけど(苦笑)夫と要相談です。

追記: 乾燥機購入・設置場所選定に当たり、夫に下記のどちらが良いかヒアリングされてました。
    ①洗濯機の上(IKEAの収納棚は撤去、洗剤・タオル等もどこかへ引っ越し)
    ②地下の倉庫(IKEAの収納棚はそのままでOK。但し洗濯物をいちいち地下倉庫に運ぶのが面倒)

    ・・当然①を選択致しました。②は絶対にイヤ

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆


↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村











スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 住まい・インテリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<暮らしを快適に ☆ 半デッドスペースに収納棚設置 | top | Lenbachhausで自分時間>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/343-dc1761f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)