+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




「ドナウの旅人」に憧れてRegensburgへ ~後半編~ :: 2014/04/14(Mon)

さて、先週土曜日に日帰りで訪れたRegensburgの旅レポート、後半編です。


                                                               



ローマ時代の壁だそうで

rgb11

高い位置(左上オレンジのマルの部分)に銘板がありますが、
その場で「これがそうだよ」って言われなければ気づかず
アッサリ通り過ぎてしまいそう・・



ローマ時代の壁の前で佇む少女

rgb12



ドナウ河を渡ってみる
橋の上からの眺め

rgb13

優美なり


観光の後、Bさんのご自宅にお邪魔ししばしおしゃべりをして寛いで


帰りの時間が近づいてきました。
Regensburg駅の、線路をまたぐ渡り廊下を歩いていたら

AUDI

A○DIのカバーがかかった車が乗せられた貨車が
ひたすら走る。長い・・長いよ・・

そうだよね、A○DIの本社があるインゴルシュタットは
ここからそう遠くないもんね。



さて、今回我々家族はバイエルン・チケットという切符を使って
ミュンヘン⇔レーゲンスブルグ間を往復しました。
このチケットは27ユーロで5人迄利用可能。
2人でも5人でも料金は27ユーロ。

rgb14

利用者と同行者の名前を記入します

片道1時間半の旅で、大人一人の通常の切符代金は
調査不足なのですが、我々大人二人(+幼児一人)で
往復で27ユーロはお得かと。


少し話は逸れますが、今回、帰りの電車が2等車でも6人個室の
コンパートメントタイプ。動きたがりたい娘を廊下で歩かせて
エネルギーを発散させていたので途中までぐずらずに済んだの
ですが、途中から沢山乗客が乗ってきて満席に。
廊下の壁に設置された折りたたみ椅子の利用率も100%近くに
なり、娘は散歩できず旅の疲れも相まってギャン泣き

後半40分程泣かれて泣かれて、逃げ場も無く周囲の乗客に
迷惑かけまくり。我々もグッタリして帰宅しました。

翌日の日曜日は私、殆ど廃人と化してました・・(汗)




帰途の娘のグズリはともかく、Regensburgはミュンヘンからノンビリ日帰り旅にちょうど良い距離。
でも夜、ライトアップされた大聖堂を対岸から眺めるのもいいわぁ・・写真でしか観た事無いけど。その為には一泊必要か。
街の建物もパステルカラーのものがミュンヘンより多く、柔らかい雰囲気で。

小説「ドナウの旅人」に出てきた、高い場所からドナウを見下ろすポイント(確かそんなシーンがあった)は今回
訪れませんでしたが、いつかまたゆっくり行ってみたいな、と思います。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. ドイツ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<保育園、初の親行事 @ Elterncafe | top | 「ドナウの旅人」に憧れてRegensburgへ ~前半編~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/378-00adc111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)