+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




妊娠中期検査。ありがとう、と言いたい :: 2012/08/03(Fri)
昨夜のミュンヘン、突然雹(ひょう)が降り、驚きました。
家に居る時間だったのが幸い。。

さて、先週、妊娠6ヶ月目に入りました。
今日は、いつも妊婦定期健診で通っているクリニックの先生の勧めで、大きな病院に妊娠中期検査に。

ドイツ語では、Zweite Trimester Untersuchingと言うらしいです。

Zweite(2番目の)
Trimester (3ヶ月間)
Untersuching(検査)

うまく訳せないので、「妊娠中期検査」、とでも言っておく事にしましょうか(汗)

定期健診程度だったら最近は夫も帯同しないのですが、節目の検査や込み入った用事などは夫も仕事を
抜け出して帯同するので、今日は夫のお供付きで。

検査は、エコーで子供の生育状況を詳細にチェック。
体の大きさ、体重だけでなく、各臓器のサイズも測っていきます。
心臓の右心室と左心室がくっきり見えたり、弁が開閉する様を見て、「まだ小さいのにしっかりと機能している。。」
と思うとちょっとした感動をおぼえます。

今回は2回目の妊娠で、1回目の妊娠は残念ながら初期で流れてしまい、「私は妊娠は無理かな?」と半分
諦めてたのですが、40歳にしてコウノトリがやってきて、「6ヶ月になるまでに成長してくれて、ありがとう」と
言いたいです。

検査の後ドクターが「もしかしたら分娩室の見学も今できるかもしれないから上のフロアーを訪ねてきたら?」と
おっしゃって下さり、「アポないけど大丈夫かな?」と半信半疑で上のフロアーのナースステーションを訪問したら、
「どうぞ~」と。

分娩室にいらしたドクターと思われる方が分娩室等を笑顔で案内して下さったり、「仏教徒で、東京にも研修で
何回か行ったのよ」と話して下さったり、緊張せずに色々と質問する事ができました。
丁度この病院での分娩を考えていたので(まだ申し込んでない。Action遅すぎ。。?)、この機会が
ありがたかったです。
アポ無しでここまでして下さって、患者に開かれた病院、と感じました。

出産まであと4ヶ月!

写真は全然関係ないですが、最近のカフェタイム。

カフェタイム

出産したら、こんな時間しばらくは
持てないだろうから今のうちに。。


遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. マタニティーライフ・出産
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<待望のAir Chair、届く | top | 「月食」という名のランプ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/40-be5c2736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)