+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




もう笑うしかない、ドイツ語B1テスト :: 2014/05/26(Mon)
先週の土曜日、全然自信が無いままゲーテのB1テストを受けてきました。
この日記・・書こうかどうしようか悩みました。だって全然できなかったんだもん

ちなみにこのテストは、下記の要素で構成されています。

★Schriftlich(筆記) - 読み、聞き取り、書き
★Mundlich (口述) - 会話

特に受験前から自信が無かったのは会話。
「読みはOK、聞き取りも何とかOK、書きは直前に書く練習をして夫に添削してもらったりしたのでこれも何とかOK、
あとは・・会話、大丈夫かなぁ?・・」という気持ちで受けてきました。

実際受けてみたら、聞き取りがもう全然ダメで。
聞き取りの最初のセクションから「??」でパニックに陥り、後はもうボロボロで。
終わった時には絶望感たっぷりでした(苦笑)今となってはもう笑うしかないレベルで。

時間を空けて、Mundlich(口述)のテストがありましたが、一番不安だった会話テストが出来がまともだったかと。
テスト会場に入ってみたら試験官2人の内一人は出産前にA1レベルで2期お世話になったH先生で。
丁度「H先生お元気かなー会いたいなー」と数日前に考えていた所だったので、この偶然に若干興奮。

本来このテスト、会話のパートナー(同じ受験生)とお題に沿った会話を進めるのですが、私の場合はパートナーと
なる受験生が居なくて、試験官との会話となりました(H先生ではない方)。とても分かりやすいドイツ語で話して
下さったのと、和やかな雰囲気を作って下さったので、私もリラックスして会話を進める事ができました。

お題に沿った会話の後は、ちょっとした雑談(これもテストの一部?)をし、H先生には「娘ちゃん元気?」「確か
ikebowさん、前に授業の時に『日本人は働き過ぎで残業も多く・・』って話していたかと記憶してるけど、あなたが
働いていた時はどうだったの?」と質問して下さったり。この先生に習ったのはもう1年半も前の事だけど、自分の事を
憶えていて下さった事がとても嬉しかったです。

テスト結果は6-8週間後に届くそうで。
落ちた場合は、その旨日記に書かないと思うので、結果は察して下さい。
「結果報告が無いのは大人の事情」、って事で(笑)
でもB1って初級レベルですよね?落ちたらホント落ち込むな・・自害したくなる・・

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆
↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


  1. 語学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<コーデ ★ ピンク X カーキの桜餅(?)配色 | top | コーデ ★ ネイビー X ベージュでカジュアルスタイル>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/404-93a8459a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)