+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ワールドカップの通訳ボランティア ★ 打ち上げ、出会い・感想編 :: 2014/07/06(Sun)
今日は、2002年日韓共催ワールドカップの通訳ボランティアのキロクの続き、「大会打ち上げ編」「出会い・感想編」を
残したいと思います。

ちなみに、過去シリーズは↓です。
①「応募・選考面接編」はコチラ→
②「準備活動・本活動編」はコチラ→



打ち上げ編

大桟橋のホールで、横浜市による打ち上げパーティーが開催され、記念品を受け取りました。
日韓共催ワールドカップのロゴの入ったWAKOの腕時計など。

ベルトが黒で、フェースがシルバー。
ロゴ物・キャラ物は好きではありませんが、ロゴも色が無くて控えめな物だったので、普通に黒のモノトーン
コーディネイトの時に普段使い出来るものでした。

あとは、後日郵送されたかと思うのですが、通訳ボランティアの活動を記したアルバムをいただきました。
但しこの頃仕事と、私生活が忙しすぎてアルバムをちゃんと見る余裕が無く、実家に眠っています。
次に一時帰国した際、じっくり見てみようっと♪




出会い・感想編

以前にも書きましたが、イタリアチームは早々に韓国での試合で敗退してしまったので、本大会で横浜に来ることは
なかった事もありイタリアからのお客様も少なく、イタリア語での案内は大会を通して1組のみ。その点残念でした。
が、実に様々な国からのお客様がお見えになり、ご案内する事ができました。

もちろん外国からのお客様だけでなく、日本国内からのお客様も多くて、皆さん、ワールドカップの試合を見ることが
出来る喜びと期待で本当に目が輝いていて・・活動中を通して良いエネルギーをいただいていました。
新横浜駅のトイレでブラジル人と日本人がお互いの顔に国旗のマークをペイントして楽しんでいるシーンを見たり、
元々国際交流のボランティア活動が好きだったので、何だか微笑ましくて。

中には「チケットを転売したいがどうしたらよいか?」とか、試合の時間が近づいているのに「チケットはどこで引き
取ったら良いか?」「何故チケットの引き取りに桜木町駅まで行かないといけないのか?」「日本語が話せないので
桜木町駅のチケットオフィスまで一緒に来てくれないか?」とか難しい質問・リクエストもありましたが。
(本心としては色々サポートしたかったのですが、持ち場があったり役割の範囲があるのでそこまで出来ず)

ボランティアのメンバーも、様々なバックグラウンドを持つ方々で構成されていて、視野が開けた感じもしました。

例えば、こんなやりとりが・・。
「関内駅前の〇×教会は何派の教会か?」という想定外すぎる質問を受けて言葉に詰まりましたが、近くにいた
男性ボランティアスタッフがサッと来て「それは長老派です」と代わりに答えて下さったり。

一人一人のスタッフの力は小さくても、集まると大きなエネルギーになるという事が体感できました。

ワールドカップ中は本業の平日サラリーマン生活と、週末ボランティアで体力的にはヘトヘトでしたが、とても楽しい
1か月+準備期間でした。

またこの興奮、味わいたいです

次は、「その後のボランティア活動」 「今後の希望」などをゆるりと記録に残して行きたいと思います。
もし宜しければまたお付き合い下さい。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






スポンサーサイト


  1. 語学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~ | top | ミュンヘンで魚が恋しくなったら>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/426-e04b1c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)