+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~ :: 2014/07/08(Tue)
現在ミュンヘン午前2時42分・・
この夏のプランとか色々考えてたら興奮してきて眠れなくて今PCに向かってます。

W杯のボランティア活動のキロクをシリーズ化で書いていて、それに関連した出来事を番外編で書こうと思う。

題して、「私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その1~」

・・って、ボランティアとは全然毛色の違うお話で恐縮です。
しかもすっごい下世話なネタだw。
ちょっと長いので、お暇な方だけどうぞ!

予めお断りしておきますが、ワタクシ、誓って不倫は一度もしておりません。

・・さて、本題に入ります(やっと)。

ボランティアの同じグループにR氏と言う当時40代前半~中半くらいの男性が居た。
ボランティア活動やその後の私生活を通して二人っきりで会った事は変な電話を受けるまでは一度も無い男性。

或る晩・・というか朝方4時頃だったと思うけど、R氏の携帯から着信が。
「何事・・?」と思いボーっとしたまま「もしもし・・」と応答すると。


女性: あなた、私の夫と不倫しましたね

私:   ??????

女性: 分かってるんですよ。

私:  えっ!?いや、あの、いや、モゴモゴ・・不倫・・してませんけど・・ 
    (↑想定外の奇襲攻撃(しかも夜襲だし)にうろたえしどろもどろ(苦笑))

女性: ・・・


そしてガチャっと切れ。
何が起こったのかよく理解できず、ボー然としてしまい。
そんな時間にそんな身に覚えのない事責められたらビックリして、理路整然と「ご主人はただのボランティア仲間で
一度たりとも二人きりでお会いしたことはございません」って言えないですよね、フツー。。

R氏にこの事を伝えようか迷いつつ、面倒くさいのでそのままにしておいたらまた数日後の朝方、同じ女性から
電話が。いー加減にせーよ!


女性: ikebowさんですね? 私の夫と不倫しましたね。

私:  私、ご主人とは二人っきりでお会いしたことありませんし、不倫なんてしてません。

女性: ・・・


ガチャ切れアゲイン・・。

「やっぱりR氏に連絡取った方がいいな、でも携帯電話は奥さんに押収されちゃってるのかしら?」と思い、結局
R氏には連絡しないまま。その数日後R氏本人から電話が。

R氏: ikebow? 先日妻から変な電話行かなかった?

私:  はい、来ましたよ。「夫と不倫しましたね」って言われました。
    「旦那さんとは二人っきりで会った事ありません」って言いましたけど。
    突然の夜中の電話だったのでびっくりしてしどろもどろになったので、余計に怪しいかも。

R氏: ご、ごめんね・・今度あらためてお詫びするから。

その時は事情はツっこまず、あとは夫婦の事だから私はノータッチで任せる事に。
落ち着いた頃R氏から電話があり、「お詫びしたいからメシでもどう?」と。

「二人で会った実績は作らない方がいいな」と思いつつ、顛末がどうなったのか知りたい欲求が勝って(笑)、
恵比寿の焼き鳥屋で2人で会った。R氏の話ぶりから、どうやらR氏の浮気は初犯ではないらしく(勿論相手は私では
ない)、そのため奥さんも色々オカシくなってるみたいだった。

「二人の小さい娘も居るけど、今は別居してる。
お給料は奥さんに全部渡して、シェアハウスで他の人と(恋人ではないらしい)暮らしている。
自分自身の生活は、副業でまかなってる。」

という事も併せて聞いた。

あれからもう10年は経過してると思うけど、彼は今どうしているんだろうか・・
別居を続けていたとしたら、彼の老後は寂しい物になるのではないか・・?とふとここミュンヘンで頭によぎった。

                                                 

で、今日のタイトルは「~その1~」。
はい、「~その2~」があるんです(苦笑)
~その2~の対象は別の人で、しかも会った事も名前すら知らなかったマルコってイタリア人男性。

その奥さんから「夫と不倫したでしょ!」と責められました。
責められた時点で「マルコって誰?」ってレベルの話で(苦笑)
まぁまた今度眠れない夜にでも書きます。乞うご期待!(笑)

でも・・なんで2回も自分にこんな事起こるんだろうか・・完全に巻き込まれ型ですね。
男性を誘惑できるようなセクスィーな魅力とかぶっちゃけ無かったし(今も無いけどw)。

しつこいですが、重ねて言いますが、私不倫なんてした事ございません(キッパリ!)

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<私の夫と不倫しましたね、と責められた件 ~その2~ | top | ワールドカップの通訳ボランティア ★ 打ち上げ、出会い・感想編>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/09(Wed) 07:23:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鍵コメ下さったMさん

コメントありがとうございます!
そちらも同じ目に遭ってるんですね。
Mさんのケースは、全然知らない人なのにロックオンされて・・何だか気持ち悪い話ですよね(汗)

そうそう、私も奥さん・・そして何よりお子さんたちが気の毒で・・
顛末を聞いて「この人今後もまたやるだろうなぁ・・」と密かに思いましたよ。

しかし・・私が奥さんの立場だったら・・と余計な事を考え(笑)
いきなり相手の女性を攻めずに、まずはしばらく泳がせつつ探偵を使って証拠固め。
相手に慰謝料請求&もちろん夫も同罪なので何らかの制裁・・?とか妄想しちゃったり(笑)

あ、浮気されないように気を付けようっと(汗)

  1. 2014/07/10(Thu) 21:23:42 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/427-f1961384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)