+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




保育園行事 ☆ 親と子のピクニック♪ :: 2014/07/28(Mon)
先日、保育園行事がありました。
名付けて、「親と子のピクニック」


15:00開始。
自作の食べ物の入った大きい袋や、敷物を手にした親たちが保育園前に集まってきます。

・・でも・・子供たちの姿が見えないだけでなく、保育園内部が暗い。何故?
保育士さんの一人が、「みんなで子供たちを探しに行きましょう!道のあちこちにヒントが隠されているので
ヒントを見ながら道を探して下さい」と。

道中の何か所かに風船が繋がれていて、その風船の紐に括りつけられている紙にヒントがあるようです。
先頭のパパさんママさん達がヒントを見ながらみなでワイワイしながら歩く。




ピクニック1


歩いて5分くらい経過した頃、視線の先の公園に何やら集団が見える。
・・子供達でした

ピクニック2


何だか、それだけの事なのに、道中子供への「会いたい」と
いう思いが高ぶってきて面白い感覚。
普段は「一人になりたいー」とか思ってるのにね(笑)
保育園のスタッフさん達の演出がニクすぎる



遠くから親たちが「おーい!」「ママよー!」「パパだよー!」と手を振る。何が何だか分からない子供達(笑)
娘は我々夫婦に気づかずキョトン(笑)2mくらいの距離まで来てやっと気が付くアホゥな娘。アホゥな所は母親譲りだ

子供たちの再会を喜んだ後は(?)それぞれが持ち寄った食べ物を中央に並べて、ブッフェ形式で皆でつつきながら
歓談タイム。うちは小さなおむすび2種類(ごま塩と、鰹節醤油)を合計20個ほど。魚原料も含むので、念の為
原材料を書いたポストイットメモも貼っておき。供給過剰な中、1個残りましたがそれ以外は出払ったので良かった
です。1個も売れなかったらどうしよう、と実は不安だったので取りに来た人を後ろからガン見してました(笑)



ブランコ大好き♪

大好きブランコ




歓談タイム中は、保育士さん達から娘の様子もゆっくり聞けて(いつもピックアップの時細かく様子を教えて下さる
のですが)、それもありがたかったです。保育士さんによると、ウチの娘は「タフ」だそうです(苦笑)
ドイツで強く生き延びていけるかしら?

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<妊娠初期のキロク ☆ 不正出血とか低血圧とか | top | 日本熱がアツい義姉と甥っ子の本気度>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/436-3eb4b2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)