+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




じゃーじゃー麺のシメには玉子スープ :: 2012/08/13(Mon)
今夜は、じゃーじゃーー麺を作ってみました。

じゃーじゃー麺

jya-jya-



小林カツ代さんのレシピ本と、息子さんのケンタロウさんの「男子ごはん」の本を参照しながらの、母子競演です。
そこに、三軒茶屋の「じゃじゃおいけん」さんの、じゃーじゃー麺のアフターのシメのスープからインスピレーションを
いただきました(←要はパクリ、って事!?)

三軒茶屋の「じゃじゃおいけん」さんでは、うる覚えなのですが、じゃーじゃー麺をいただいた後、その器に
玉子スープを投入していただいた気がします。(間違ってたらごめんなさい)
それがとっても美味しくてパクりました。玉子スープの作り方は適当です。

<じゃーじゃー麺 / 材料(2人分)>
中華麺: 2人分
にんにく・生姜: 各1かけ
豚ひき肉: 200g
ごま油: 大さじ1
きゅうり: 1本
長ねぎ(白い部分): 10cm

調味液として混ぜておく
豆板醤: 小さじ1/2
味噌: 大さじ1強
砂糖: 大さじ1
酒: 大さじ2

<じゃーじゃー麺 / 作り方>

1: にんにく・生姜はみじん切り
2: 長ネギで白髪ネギを作り、水気を切る
3: きゅうりは縦目に皮をむき、斜めに薄切りしてからせん切り
4: フライパンにごま油を熱し、にんにく・生姜を中火で炒める
   香りがしてきたら豚ひき肉を加えて強火で炒め、肉がほぐれてきたら火を止め、混ぜ合わせた調味液を入れて
   再び火にかけて、ガーッと炒めからめる。少し汁気を残して火を止める
5: 中華麺は袋の表示に従って茹で、水洗いをして器に盛り、アツアツの4をのせ、きゅうり、白髪ネギを盛る

↑↑ここまでは小林カツ代さんのレシピを参考に。

↓↓ケンタロウさんのレシピからは下記の2つのポイントを頂戴しました。

☆味噌は最初に砂糖を加えてから混ぜると、水分が出てなじみやすくなる
☆ひき肉はいためすぎるとかたくなるので、色づいた程度で次の工程に進む

↓↓で、この下は私が適当に作ってみたものです。

<シメのスープ / 作り方>

じゃーじゃー麺の、ひき肉を炒めた鍋に、水2カップ程を投入し、沸騰させる。
スープの素を入れ(チキンスープの素しかなかったので、今回はチキンスープの素を入れました)、溶いた玉子2個を
箸と箸の間から少しずつ流し入れる。
これを、じゃーじゃー麺をいただいた器に流し、じゃーじゃー麺で余った白髪ネギを入れて出来上がり。
私は、ジャージャー麺をいただいた際、ひき肉をわざと少し残してスープを投入しました。

基本的に、スーパーやアジア食材店で手に入る材料ばかりですので、手軽なメニューです。
私はジャージャー麺、シメスープ共にラー油をかけていただきました。

ごちそう様でした。

遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. うちのごはん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<ドイツで初めて美容院 | top | 週末をボーデン湖で過ごす~アクティビティ~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/49-c02741b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)