+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




日本で遭遇した痴漢 その2 ☆ 被害者なのに取り調べ受けました :: 2014/10/23(Thu)
さて、今日はプチ事件簿・痴漢シリーズ(?)第二弾です。(第一弾はコチラです→
春さんお待たせしました~(笑)←名指しで失礼

注1)今日も下ネタ(しかもエグい 汗)があるので、苦手な方はリターンをお願い致します

注2)警察に引き渡すのは、あくまで手だけでは無く顔まで確認して現行犯で「絶対コイツだ」と確信した場合のみ。
   「冤罪で他人の人生をめちゃめちゃにしてはいけない」という思いもあるので、例えば手だけ見えても激混みで
   顔が分からないとかあやふやな時は「やめて下さい」とは言いましたが、基本泣き寝入りでした。

注3) それとこのシリーズは、「私はこんなに痴漢されてスゴイでしょう~?」「私も若いころはブイブイ言わせてたのよ」
    という物では無く(苦笑)、「こんなヤツも居て、こんな顛末もあったよ」的な物です。


・・では、本題に入らせていただきます

まだ20代前半だった頃。もう20年も前か・・(遠い目)
帰りの東海道線で、品川を出た頃、スカートの中(お尻近く)で違和感が。

「絶対痴漢だ、こいつ」と思い、思い切り手をつかんだら

フニャッ

とした感触が。

えっ 「フニャッ」って何??????

と思い、振り返ったら、そこにあったのは手では無く・・そしてソレを慌ててズボンにしまう男。同時にその男の顔、
確認。ワタクシ、乙女なのでこれ以上の詳細な情報は控えさせていただきたく、皆様のご想像にお任せします(汗)

私の頭の中はこんな感じで真っ白に。→「?☆▽Дфю§Ψфю!?」

次の駅である川崎駅までは10分。その間心を落ち着かせ、川崎駅に到着する直前に近くにいた他の男性に

「すみません、この人痴漢で、駅員に引き渡したいので助けていただけませんか?」と訊いたら、快くOKを戴き。

川崎駅で親切な男性とそのフニャ男痴漢を引きずりおろし(抵抗されました)、ラッキーな事にホームのすぐ
近くに居た駅員に「この人痴漢です」と引き渡し。丁重に親切な男性にお礼を言い、その場で別れました。

駅員の計らいでまずは駅務室へ。その後は川崎警察署へ車で。
もちろん、痴漢と私は別々の車です。

・・この後の取り調べが精神的にキツかった。

なぜなら、警察の方が供述調書を作成する為、詳細に語らないとイケナイ。
まずは、私の氏名、住所、生年月日どを訊かれ、調書はこんな感じで始まる。

「ワタクシ、山田花子は、昭和〇×年▽月■日に、横浜市~町何番地で生まれ・・
平成何年何月何日何時何分品川発どこどこ行き東海道線の何号車の何番ドア付近で・・」と。

その時の会話はこんな感じで↓

警: で、具体的に何があったの?

私: あ、あの、スカートの中のお尻の部分に手が伸びてきたと思ったので掴んだら・・

警: それで?

私: 手じゃなかったんです・・

警: で、手じゃなくて何だったの?

私: あ、あの、モゴモゴ

警: だから何だったの?

私: あのぅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警: あ、オチ○チ○?

私: (赤面で)そうです・・・・・・・・・

・・・この時、辛かったです。40歳を過ぎて社会経験を多少なりとも積んだ今の私だったら、ハッキリ言えたと思い
ますが、当時乙女だった(?)私は、男性しかいない取調室(しかもそんな場所初めて)で言わされ。
ま、警察も誘導尋問を避けるため、ハッキリ私に言わせないといけない、というのも後になってみて分かるのですが、
せめて女性の警察官も同席して貰えたら嬉しかったな、と。

取り調べ中、別室でこの痴漢、自分の犯行を認めた事を聞きました。

被害者の私も写真を撮られ。
しかも、身長が分かる目盛横線(?)が書かれた壁面の前で、自分の名前か何かが書かれた(確か)紙みたいな物を
撮影者に見えるように持たされ。(ドラマ「踊る大捜査線」のオープニングでも映るあのシーンのような)

帰りも車で川崎駅まで送っていただき、帰宅。
何だか色々な意味でヘトヘトに着かれた夜でした(汗)

・・転んでもタダで起きないワタクシ。
後日、職場でこれをネタにし。先輩(男性)に、「こんな事あったんですよ~」と話したら、

先輩、「マジ?警察まで掴んだまま行ったの?」と。←掴んだままは行ってねーよ
それ以来、その先輩から「掴みはオッケー」とあだ名で呼ばれました・・当時ダチョウ倶楽部が流行ってました
そして、その後、話を広めた先輩のせいで「掴みはオッケー女」と呼ばれたり、「どう?最近掴んでる?」と挨拶代わりに訊かれたり・・

こんな手口の痴漢に遭遇した事自体もキツい経験でしたが、その後の社内での取り扱いもキツかったです(涙)

にしても、酷い痴漢だなーと、今更ながら思います。
起訴して裁判に持ち込んだとしても、あの痴漢お金無さそうだったから慰謝料も貰えなかっただろうなぁ。

・・時系列から言うと、前回日記に書いたその1よりも、今回のその2のケースは前に発生してます。
本当は時系列に書こうかとも思ったのですが、マイルドなものから書きたかったので、その1の手術男を先に
持って来ました。次回「その3」では、手口はこれほどではありませんでしたが、痴漢行為後の言動が人を
人間不信にするようなもので・・乞うご期待(笑)

余談ですが、取り調べ中、カツ丼は出ませんでした(笑)

今日もお付き合いいただきありがとうございました☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


  1. ■プチ事件簿
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<ぐうたら主婦は、昨日こんな事してました | top | 妊婦検診(7か月目) ぐうたら主婦っぷりが加速>>


comment

第二弾来てたーーーっ!!!ご指名ありがとうございます(笑)
しかしこの痴漢氏相当なキチ〇イですね(断言)都会って恐ろしいです
…。
それでもってikebowさん波乱万丈といいますか今回と前回と強制イベントのレベルが高すぎます(-_-;)しかし取り調べにもビックリしました、被害側も写真撮ったりするんですね、なんだかこっちが容疑者になった感じです。かつ丼は加害者の特権です(笑)

会社の先輩に一言、「行かねぇよ!!」ですね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
掴んで行ってたらそれこそザワツキますよね(^_^;)
第三弾もワクテカしながら正座して待ってます、あ、第三弾だけじゃなくいつもの日記も楽しみにしてます!!

追記ですが10/22の日記のコメントを誤って拍手の方に書き込んでしまいました、すみません(汗

  1. 2014/10/23(Thu) 22:10:31 |
  2. URL |
  3. 春 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

春さん・・

コメント&拍手コメントありがとうございます。

拍手コメントから、初めて「拍手のお礼」という形でコメント返しさせていただきました。
ちゃんと書き込み出来たのか不安ですが・・

カツ丼は実は食べられるかとちょっとは期待したんですが食べられず残念(苦笑)
確か缶コーヒーくらいは出たかな。やっぱり加害者の特権ですよね(笑)
掴んだまま警察まで行ったら、むしろ私の方がわいせつ罪でお縄を頂戴しちゃうのでするわけねーし(苦笑)

ちなみに大阪・御堂筋線の痴漢もかなりエグい、と聞いた事があります。
都会ってホント恐ろしいですね。。
  1. 2014/10/24(Fri) 09:11:20 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/505-a128d446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)