+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




秋の保育園行事 @ Elterncafe :: 2014/10/26(Sun)
先週金曜日、娘の保育園で「Elterncafe(親のカフェ)」と言う名の親行事がありました。

今年の4月もあった行事で、今回は「9月に学校の新年度を迎え、新しい子供達3人が加わったので、ご紹介
方々親たちの交流を深める・・」みたいな感じで。

金曜日の午後3時からなので、働く親たちも参加しやすい時間帯。
ドイツの職場、午後3時過ぎると帰っちゃいますからね・・

予め園側から「持ってきてほし物リスト」が張り出され、早い物順で親がアイテムに名前を書いていきます。
うちは夫が「2 Säfte」(ジュース2本)を選んで記名したので、1リットルのパックジュースを2本持参。
他には、手作りパン、ケーキ、マカロン、中国人のお母さんは手作り肉まんとか持ってきていて♪

まずはみんなで珈琲やジュースと共に上記のおやつをいただきながら歓談タイム。
その後、隣の部屋に流れて、予め用意されていたどんぐり、栗、木の枝などを使って好きな秋のオブジェを
銘々が作ります。水性のペイント道具も用意されているので色塗りをしたり。

娘の親友・Annaちゃん(お父さんドイツ人・お母さん中国人)は我々とは離れた席に居たのですが、何故か
Annaちゃんが泣き出し、娘がササッとAnnaちゃんの所に行ってイイコイイコしていて
・・あぁ、そんな事もするんだなぁ、と。

保育士さんとも色々お話し、その時に「お腹の赤ちゃんは順調ですか?」と訊かれたので、「子供二人の生活が
全然想像できなくて・・ちゃんとケアできるのか不安で」と伝えたら、保育士さん、「大丈夫ですよ。娘ちゃん、小さい
子の世話もして助けてくれてますよ。B君のおしゃぶりが無くて探していたら、娘ちゃんが持ってきて渡してくれたん
ですよ」と。

でもそれって、実は娘がB君の口からおしゃぶりを奪って、保育士さんに渡しただけなんじゃないか・・というのが
夫と私の一致した予想(笑)「娘ならやりかねない」と(汗)娘よ、疑ってゴメン。

保育士さんに「全然心配要らないですよ。何か不安な事とかあったらいつでも話して下さいね」と心強いお言葉を
いただき、感謝で一杯です。

私より全然若い保育士さんなんですが、しっかりしていて、いつも笑顔で、エネルギッシュで(しかももう寒いのに
薄手のノースリーブの服着てたよ・・)太陽のような人。頼りにしてます

全然親の(特に私の)言う事聞かなくてワガママな娘ですが、来年2月にはお姉ちゃんになるよのね・・
信じられないわー



布巾を被って、オーヴンのガラス窓に写った自分に
ウットリしとりました。ナルシストか・・?(汗)

マトリョーショカみたい



知らない間に娘がこんな写真を

娘の写真

ソファーで寛いでいる私の足です(笑)
デジカメのボタンをいじりまくって、時々変な
設定に変えてしまってたりするので要注意で



今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




スポンサーサイト
  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<U7検診のキロク ☆ ちょい痩せの頭でっかち | top | 赤いスイートピー>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/508-ceb0bf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)