+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




「ママもう知りません!」と切れ気味だった日 :: 2014/11/18(Tue)

今朝は、先日放送された「しゃべくり」(ゲストは福士蒼汰さん)をYouTubeで見て、いっぱい笑わせてもらいました。
異国に居てもネットで見たい番組をある程度は観られるので、便利な世の中だなーと。

さてさて。

今日は育児あるある的な日記。

日曜日に、私娘にキレてしまって。
歯磨きの仕上げ磨きを嫌がって逃げるのはお約束行事(?)なのですが、オムツ替えも「Nein! Nein!」と逃げ回り
私の反応を楽しんでいるご様子。他にもイタズラしまくり狼藉の限りを尽くし、で私もちょっとキレてしまいまして・・

「ママもう知りません!」と娘と目も合わさず自分の寝室に籠ってしまいました。
半分はキレて、残りの半分は「母親が怒っている事を分からせるのも必要」と思い。
普段私の叱り方が甘いのか、舐められているので(汗) ちなみにパパが叱ると怖いみたいです。

寝室のドアを閉め、ベッドでゴロゴロしている内に寝てしまい(笑)
途中で娘が「ママ―ママ―!」と半泣きでドアを叩いたりしてましたが、夫が「ママをそっとしておいてあげなさい」と。

爆睡の2時間後、オムツを替えにオムツ替え台のある寝室に二人で入ってきました。
娘がベッドの私の所にやってきて「ママ―」と。私もそろそろ起きようと思ったので、娘を見て、「さて、どう落とし前を
つける(?)かな・・」と逡巡していた所、夫が娘に「ママを抱きしめてキスしてあげて」と。
最近キスも嫌がる娘ですが、ちょっとためらいのあった後、チューしてくれて・・これで解決?(笑)
夫よ、ナイスアシストありがとう。

この後夫は娘に夕飯をあげてくれていたのですが、私に「ikebowもテーブルの所に来て、一緒に座らない?」と。
いつものポジションに座り、娘嬉しそうに夜ご飯を食べてくれました。

娘を寝かしつけた後、夫に「さっきはごめんね。それとサポートありがとうね。放っておいてくれて助かった。
怒っているところも見せた方がいいと思って・・まぁその後寝ちゃったけど(汗)」と言ったら、夫は「娘には
インパクトがあって良かったと思う。寝室に籠っている間、娘はちょっと狼狽してたよ。そういう事も必要だよ」と。

それが本当に正しい育児方法なのか正直分かりませんが、毎日が手探り状態な感じで。
これで腹のベビが産まれたらそれはそれでまた上の娘への対応も試行錯誤になりそうだし。

「育児は育自」、とは良く言ったものだな、と納得な日々です。



ママのキャパがどれくらいなのか試してるの

庭仕事、お手伝い中




この事、高一時代からの親友(彼女は「高」からだよ!と反論しますが 笑)にメールしたら、共感してくれる
だけでなく、「逆によく今までブチ切れなかったよね?(笑)」とも言ってくれ、何か心救われました。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






スポンサーサイト


  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<落ち着いたので、自分にプチご褒美 | top | 入院中・後の我が家の家事・育児事情>>


comment

めっちゃくちゃ気持ちわかりますー!!
私もときどき怒り狂って一人になります。
そうなると面倒を見ている主人が次にキレることになりますw
息子は泣き叫んだりしますが、すぐにケロッとしてます。とほほ
『育児は育自』胸に刺さります(><)
  1. 2014/11/24(Mon) 20:51:46 |
  2. URL |
  3. KEIKO #SKVDp57Y
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

KEIKOさん、

コメントありがとうございます!

怒りたくもなりますよね・・
もう全然いう事聞いてくれないし。

夫が風邪を引いて昨日から3日間会社を休むように診断書がおりたので、娘を保育園に連れて行けず
娘も家に居るのですが・・もう濃密すぎて私もバテバテで。お互いどっちが先にバテるかのレース
みたいで(汗)昨日から私も怒り狂ってます。

もうすぐ日本への里帰りですね。
里帰り前に一緒にお茶を・・と思ってたのですが、厳しそうです。
日本、色々するべき事があってお忙しいとは思いますが、日本を堪能して来て下さいね♪
  1. 2014/11/25(Tue) 21:47:32 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/524-720c6c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)