+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




エルバ島での休暇~Capoliveriの街並みに魅せられて~ :: 2012/09/05(Wed)
今回のエルバ島での休暇で、楽しかったのはCapoliveri(カポリベリ)という山の上の町の散策でした。

義理姉家族の車で1回連れて行ってもらった時、基本的にこの島の道はクネクネ道ばかりなので車酔いしてしまい
かなりキツい道中で(しかしそれを悟られると心配されるので、ひたすら平静を装って 笑)、到着寸前に
ギブアップしそうだったのですが、この町に到着したら、味のある風景に魅せられてしまい、車酔いも
一瞬で吹き飛びました(笑)

あまりに気に入ったので、後日両親を含めて総勢7人で再度この町を訪問。

夜の街並み
ビューポイントから

Capoliveri

なかなか味があります。
写真には写ってませんが、左手には海が見渡せます。


薬屋の看板も素敵な風景の一部です

Farmacia

時系列ではなく、今度は昼間の写真で恐縮ですが


裏道散策も楽しい

裏道1


裏道2


裏道3

よく見ると階段に堂々と洗濯物が干してあります(笑)
ドイツではこういうのは今まで見かけた事がありません。。


残念ながら、この町一番の通りのお店は観光客向けと化してますが、それでも地元の人も通いそうな
美味しそうな切り売りピザ屋さんがあったり、路地で子供が遊んでいたり。。

お食事は、メインの広場のちょっと裏のIL VECCHIO BORGOというお店で。
特に印象に残ったメニューを下記に。

シーフードサラダ

IVB1

1度目の訪問の時私がチョイスしたメニュー
魚介に飢えていたのであっという間に完食
程よい塩味、レモンでシンプルにいただいて。
一口試食した夫が気に入り、2度目の訪問時は
夫はこれをチョイスしていました。

イカとズッキーニのフライ。ルーコラとパルミジャーのチーズ添え

IVB2

1度目の訪問の時、義姉の旦那さんがチョイスしたメニュー。
今まで経験した事のない組み合わせの素材のメニュー。
味見させてもらったら感動の味だったので、2度目の訪問時に
私はこれをチョイス。何と家族7人中4人がコレをチョイス(笑)
まぁ、取り分けてシェアする日本と違い、こちらの人は
それぞれが自分がチョイスしたお皿をガッツリいただく
スタイルなので、7人中4人が同じメニューでもいいんでしょうけど。

このお店の唯一のネガティブな点は、パスタがちょっと
硬すぎた点でしょうか。
2回目は誰もパスタは頼まず、ピザなどをオーダーしていました。
ピザの生地はとても美味しかったです


食後はジェラート屋さんのジェラートを味わいつつ散策。

ジェラート屋さんZERO GRADI(ゼロ グラーディ)
この島で5軒ほどチェーン展開しているジェラート屋さん。

1度目の訪問時は

ZG1

コーヒー、洋ナシ、ヨーグルト
しかし夜ジェラートとは言えコーヒー味を
いただいたせいか夜まったく寝付けず(汗)


2度目の訪問時は、

ZG2

レモン、ベリー類、ヨーグルト
特にベリー類が濃厚美味
常にトリプルです(笑)


最近距離感が少ーしずつ縮まってきた推定約10歳の甥っ子に、「味見してみる?ベリー類美味しいよ」とダメ元で
言ったら、味見してくれました上に、「美味しい」のお言葉まで頂戴しました
素直でかわええ。。おばちゃん嬉しいわ。

しかし、ジェラートをなめたり写真を撮ったり、ものすごく慌ただしかったです(汗)

正直すぎる義父は、あまりにも観光地化されすぎたこの町一番のメインストリートを「観光客向けだな」と
バッサリ切り捨てていましたが、それでも、「あぁトスカーナなんだな」と思わせる風景、お土産屋さんで
みかけるトスカーナ地方独特の食材、トスカーナ独特の発音でなされる会話を五感で味わうと、魅力ある町だと
私は思いました。

ちなみに、上空から見るとこんな感じです。

Bird's eye view

帰りの飛行機からの眺めで、上空から俯瞰した
位置関係からするとこれはCapoliveriの町だと
夫は断定してました。間違ってたらごめんなさい。


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. イタリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<エルバ島での休暇~小さい町・Poggioの佇まい~ | top | エルバ島での休暇~自然の中のFerienwohnung~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/60-aa3bcd27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)