+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




エルバ島での休暇~蚊対策と私のダメダメなイタリア語学力~ :: 2012/09/09(Sun)
今回のエルバ島での休暇は、もちろん風景も海もお食事も素敵だったのですが、一番思い出深く感慨深いのは
蚊の攻撃でした(涙)

今回滞在したFerienwohnung(リゾートマンション、別荘)のキッチン、林の中の東屋にあったので、ほぼ
オープンエアー状態。蚊対策を怠っていた私は当然蚊にボコボコにやられ。。

日本に居た時、住んでいた家は薮蚊が多くて、それでも「血の1滴や2滴くれてやる!」と全く気にせず、実際
1箇所2箇所くらい刺されても涼しい顔してたのですが、今回の蚊の攻撃はものすごく、あっという間に数十箇所
やられてしまいました。

チェックイン時にオーナーさんには、「ここ3ヶ月雨が降っていないから、蚊も少ないですよ」と言われていた
んですけどね。一緒に居た夫は全然大丈夫だったのに、私に集中攻撃。私の血は美味しいのかしら?
(寝室にも蚊は入ってくるので、夜は電気を点けずにまんじりと過ごしましたよ)

かゆくてかゆくて眠れない夜もあり、流石にその翌日、薬局に駆け込んで、履いていたロングスカートの裾を
膝までまくり上げ、ボコボコに刺された足を店員さんに見せ、「ザンザーラ!(イタリア語で蚊)」と伝え、
薬を出してもらい。(←かつてイタリアに1年間住んでいた人間の語学力とは思えない。。)
左側は予防スプレー、右側は指された後に塗る軟膏。

蚊対策

スプレーの蚊のイラストが、いかにも「悪者」って
雰囲気を醸し出してます


「妊娠されているようなので少し優しいお薬を出しておきますね。1日4回塗って下さいね」とのコメント付きで。
「そんな事言わず思い切り強い薬をクレ。。」と思いましたが、ここはグッと我慢。
予防スプレーは薬局のお手製のようで、好きなバーベナも入っていて爽やか系の香り。

でも、優し目の薬でしたが、コメントを忠実に守り1日4回塗布(私の体は常に軟膏でベトベトに)し、酷い症状は
何とか抑えられました。
これからは、蚊を甘く見ずに、対策をしっかりしたいと思います。←40年間生きてきてやっと気づいたのかっ!
まぁ、ミュンヘン、もう秋は始まったみたいなので今年はもう必要ないでしょうが。

しかし。。私13年ほど前にイタリアに1年間留学していたのですよ。
それなのに、薬局で薬を手に入れる際「ザンザーラ!」(蚊!)と言って蚊に刺された痕を指で指すのがやっと、
というこの体たらく。
自分の語学力・語学センスの無さを再確認した今回のイタリア旅行でした。
まぁ前々から何となく気づいていたのですがね

そしてどうにか覚えていたイタリア語の語彙と、ちょっとばかり覚えたドイツ語の語彙がごちゃまぜの旅でも
ありました。
(例:レストランで、イタリア語で何とかオーダーして、最後にドイツ語で「Bitte」(お願いします)って
言っちゃうような感じ)頭の切り替えの弱さとおツムの悪さも再確認致しました。
これも前々から薄々は感じていましたがね

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. イタリア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<母来独と、赤いダイヤ | top | エルバ島での休暇~MARCIANAにて~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/63-0873ce09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)