+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




母来独と、赤いダイヤ :: 2012/09/10(Mon)
先月ローマからお友達が来てくれた時の事など、もろもろ書きたい事があるのだけど、何だか書けずにいます。
(業務連絡: J子、来てくれてありがとうね!お土産は勿体ないのでチビチビいただいてます!)

そんな今日この頃ですが、日本から八重子(母)がミュンヘンに遊びに来ました!

ミュンヘン空港で夫と私と出迎えて。
私も妊娠して太ったし、母とも4か月ほど会ってないので、「母は我々の事分かるだろうか。。?」と不安になり、
ピックアップサービスの人のように紙に「〇〇××子様 (←母の氏名) ▲▲▲▲▲トラベル社(←夫の苗字)」
と明記して、かざしてお待ち申し上げておりました。

まぁ、母はすぐ我々を見つけてくれましたが。。←当たり前か

色々お願いしていた和食材やマタニティーグッズなどももれなく持ってきてくれて。
最初、莫大なアイテムの「持ってきて欲しいものリスト」を送った際、「これはいくらなんでも多くて無理だろう。。」
と思いつつ、その後も「あ、アレも!コレも!」と追加で依頼してしまい。

しかし私は信じていました。
ガッツのある八重子はMissionをCompleteするだろうと。
そして、実際全て手配してくれて。
(スーツケースに入りきらない分はSAL便で送ったとか。到着待ちです)

お土産達

お土産たち

写真に写っては居ないけど、他に新米とか、
いくらの醤油漬けとか、鮭フレークとか
マタニティーウェアとかベビーグッズとか諸々。。


今夜は新米で、いくらの醤油漬け
赤いダイヤです

新米と赤いダイヤ



久々の美味しさに、「私何で日本を離れてドイツに来ちゃったんだろう?」と疑問が頭をかすめたのは夫には内緒。

どら焼きやきんつばも、日本で食べた時より100倍味わっていただきました。
やっぱり日本の食べ物は素敵

マタニティウェアーは高校時代の親友のお下がり(正しくは親友の義理のお姉さんのお下がり)で、私が直前に
お願いしたにも関わらず、母の出発に間に合うように私の実家に急きょ送ってくれて、感謝!
ドイツで全然素敵なマタニティーウェアが見つけられなくて失意のどん底な私だったので

親とか友達って、本当にありがたいですね。

ごちそう様でした。

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<バイエルンの山で母を接待 | top | エルバ島での休暇~蚊対策と私のダメダメなイタリア語学力~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/64-ff577227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)