+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ゲイジュツの秋 デューラー氏に会いに :: 2012/09/13(Thu)
芸術の秋、というか、秋を通り越して冬?な感じのミュンヘン。

今日は久々に美術館「アルテ・ピナコテーク」へ行ってきました。
日本から来ている母に「どの美術館に興味がある?」と聞いたら、「アルテ・ピナコテーク」と言っていたので。
私も久々に行きたいと思っていたので、丁度良かったです。

私の今回のお目当てはこの2枚


デューラーの「自画像」

デューラー氏 自画像


ラファエロの「テンピの聖母」

Madonna Tempi



デューラーの「自画像」は、最近読んだ姜尚中氏の著書「あなたは誰?私はここにいる」の第一章で紹介された、
彼にとっての「啓示」的絵画だそうです。

姜尚中氏が若かりし頃、「在日」というご自分の出自だけでなく、生きることの意味などの答えが見つからず
深い悩みの中にいた頃、この絵に出会い、「私はここにいる、おまえはどこに立っているのだ」と問われているように
感じ、「どこからか与えられる意味や帰属先を待ち続けるのではなく、自分から進んで探究していけばいい」と決める
ことが出来、生きる力が湧いてきたそうです。

2年前にもアルテ・ピナコテークで、夫が気になるというこの絵画を見た時は、「あ、デューラーってこんな
容貌だったのね」程度の感想でした。が、最近姜尚中氏の著作を読み終えて、「せっかくこの絵があるミュンヘンに
住んで居るのだから、観に行こう」と思い、今日この絵と対峙しました。

今思えば私も高校時代、思春期まっただ中で、アイデンティティーの確立に悩む一学生でした。
その頃はそれが「アイデンティティーの確立」という言葉は意識してなかったと思いますが、何だかモヤモヤし、
多分悩んでいたのは「アイデンティティー」だったのではないかと、今振り返ってみてそう思うのです。
まぁ、姜尚中程の深い悩みでは無かったと思いますが。。
しかも何も確立せず、うやむやにしたまま大人になっちゃったかもしれない。。←それってどうなの?


そして、12月に生まれる我が子も将来、ドイツの日本の狭間で、自分の「アイデンティティー」に悩むかも
しれない。そんな事を想像しながら、静かな空間でこの絵と向き合っていました。

ラファエロの「テンピの聖母」は夫が好きな作品。
2008年に転勤でミュンヘンから東京に移り住む直前に、アルテ・ピナコテークを訪れ、この絵にお別れを言いに
来たそうです。

聖母の何とも言えない、柔らかいまなざしがいいですね。私もあんな母親になりたいです。
でも現実は髪振り乱してキーキーやってそうですが。
子供の方も、他の聖母子絵画よくある「オッサンくささ」もないですし、そこもポイント高いです。


絵画のことは良く分かりませんが、私も心惹かれる一枚です。

今日も下らない独り言におつきあいいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 美術館・博物館・展示会
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<結婚後3年でやっと、義両親と実母対面 | top | ミュンヘンでパイプオルガンコンサートはいかがでしょう?>>


comment

お元気そうで何よりです
お母さんが行かれる前に会いましたよ、荷物が沢山・・良かったですね 娘が来訪でURLを教えて貰いました。
そちらは寒くなってるようね、横浜は夏日が続いてます。
生まれるまで待ち遠しいわね・・では又
  1. 2012/09/16(Sun) 17:59:57 |
  2. URL |
  3. marine-mama #J8xXhjEw
  4. [ 編集 ]

marine-mamaさん

marine-mamaさん

ご無沙汰してます。
コメント、ありがとうございます!

我々のドイツ出発前に、マル○ツ前でお腹をさすっていただいたためか、
ベビィはすくすく元気に育っているようです。
(胎動が激しくてくすぐったいです)

来年5月頃に一度里帰りしたいと思ってますので、また遊びに行かせて下さいね。
ではでは
  1. 2012/09/18(Tue) 11:10:32 |
  2. URL |
  3. ikebow #HP7imwl2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/67-5d38e657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)