+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




生後8か月で保育園に預けるワケ :: 2015/10/01(Thu)
今日、次女(生後8か月)は、保育園生活をスタートさせました。
と言っても、まだ慣らし保育中ですが。

長女と同じ保育園。夫の勤務先併設の保育園です。

その保育園は、生まれ月に関係なく、毎年2・3月頃が入園申込みのシーズン。
ミュンヘンは、日本と同じく待機児童が多く、保育園・幼稚園に入れない子供が沢山。
1月末に次女が産まれて割とすぐに、ダメ元で入園申込みをしていました。
空きが出るのはまだまだずっと先だろうと思って。

そうしたら、思ったよりずっと早く、「10月から入園できます」との連絡が(汗)
今年1月に増築した保育園(幼稚園併設)。それに伴いグループも増え、空きができたのだとか。

10月と言えば次女はまだ生後8か月。
私は働いていないのでまだ保育園にどうしても入れなければいけないワケではないのですが、
迷って夫と話し合った末に、この機を逃さず10月に保育園に入れる事に決定。

理由は、

★今回の入園を見送ったら、次に入園できるのはいつか分からない。
  下手をしたら新学年が始まる来年秋かもlしれない。

★私は仕事をしたいので、本格的に就職活動を始めたい。
  すぐに仕事が見付かるとは思っていないけど、万が一お声がかかった場合に「すぐ働き始める事ができます」
  という状態にしておきたい。

★併設されている幼稚園に、長女が入りやすくする為
  保育園より幼稚園の定員が少なく(多分)、保育園に通っているからと言って自動的に希望者全員が
  幼稚園に入れるワケでは無い状況。兄弟姉妹が同じ保育園・幼稚園に通っていると、幼稚園への
  優先順位が上がる為。来年の長女の幼稚園の場所確保の為。
  この保育園・幼稚園は質が高く、次女をここに通わせたいだけではなく、どうしても長女をここの幼稚園に入れたいのです。

★長女と次女を同じ保育園・幼稚園に通わせたい
  しかもこの保育園・幼稚園が良い

・・・です。


今回夫の勧めもあり、次女をこの早いタイミングながらも通わせる事にしたのですが、これは夫曰く
「早く働いてほしい」と言うプレッシャーでもあるそうです(苦笑)
経済的な理由だけでなく、夫は毎朝OLの格好をして出かけるワイフが好きだそうです(笑)

私はドイツに来てからすごく不安で。
それは「異国に居るから」という理由ではなく、「働いてない=経済的に自立していない」と言う理由です。
短大を卒業して約20年近く働いてきたので、ドイツへの引っ越しと同時に主婦となった今、何だか落ち着かなくて。

だからと言ってすごくキャリア志向が高かったわけでもないのですが(おまけに仕事はノロくて出来ない 苦笑)、
働くことが当たり前だったので、今の身分に全然慣れないんですよね。

なので、慣らし保育が終わって生活が軌道に乗ったら、ドイツ語コース通いを再開しつつ、ボチボチ就職活動を
始める予定です。

正直言って、まだ8か月のかわいい盛りの次女を保育園に預けるのはやっぱり辛いし寂しいです。
入園可能の連絡が来てから数か月が経過していますが、心の整理がついていない部分もあります。

でも、自分で決めた事ですし、一緒に居られる時間はせめて笑顔で、愛情を注げればと思っています。
とは言え、夏休みとか、病欠で1週間単位で保育園を休む時はストレスたまるでしょうが(苦笑)


慣らし保育開始前日、カフェで次女と

次女とカフェ




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<次女 生後8か月のキロク ☆ お座り完成 | top | 最近買い足した、子供用品>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/688-f27957b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)