+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




義母達、ベビー用品フリマでエキサイト :: 2012/09/19(Wed)
先週末、夫の実家の近くでベビー用品のFlohmarkt(フリーマーケット)があり、義母、義姉、義おばが
買い出しに行ってくれました。

夫実家では10年ぶりの孫(そして初の女の子)とあり、Flohmarktでは義母、義おばが大興奮し、アレコレ調達
してくれました。
ベビーの実親である夫と私がボケーッとしているので、周囲が業を煮やした、というのもあります。

人にもよるかもしれませんが、女性にとって、男児より女児のアイテムを見るのはより楽しいみたいですね。
夫の幼馴染の女性は、もうすぐ2歳になる男児が一人居るのですが、「女児の服が諦めきれず、時々H&Mに女児服を
見に行くの。息子はまだ分かってないから、【今なら女児の服を着せても大丈夫かな。。】って思っちゃうのよ」
って言ってました(笑)


ベビーウエア

ベビーウェア

1アイテム1ユーロ程度だったそうです。

バギーまでも!

バギー

ドイツらしく、頑丈そう。
コンパクトでは無いので、日本の公共の
乗り物では畳まないと顰蹙でしょうね。
でもドイツでは、こういう頑丈そうなバギーで普通に
公共の乗り物に乗っているのをよく見かけます。


しかし、日本人とバギーについて話す時、
私いまだに「乳母車」って言ってしまいます。
「バギー」という言葉でさえ古い、とも聞いたことが
ありますが、Up to dateなワードは何なのでしょうか?


先週末に日本から来ていた実母と夫と、夫の実家にお邪魔した際にこれらの戦利品を見せられて、皆で
ワイワイ盛り上がりましたよ。

義姉は産科で看護師を勤めているので、今回Flohmarktで義母と義おばがカワイイ物を見つけては義姉に
「ねぇねぇ、これはどう思う?」「これは使えるかしら?」と1個1個確認するらしく、義姉も忙しかったとか(笑)

バギーに至っては「ikebowの希望もあるだろうから」と、義姉から夫の携帯に「こういうバギーが安くFlohmarktに
出ていて、新品ではないけど状態は良いしお値段もグッと下がっていて良さそうだからどうかな?ikeowに
訊いてみて」と問い合わせが入り、そして夫から私に確認してきて。特に私は事前知識が無く、まだこだわりも
無かったので、「義姉が太鼓判を押すものであれば」と購入をお願いしました。

今回の妊娠に関して、世話好きの義姉には、何か疑問や不安があると質問してアドバイスをもらったり、頼りに
している存在なので、お任せしっ放しです。

私は「このベビーウェアだけでも十分」、と思っていたのだけど、義姉が「肌着もまだまだ必要!」との事で、
今週末にも開かれるFlohmarktで肌着を多数調達してきてくれるようです。

すぐに育ってしまうベビーの服は消耗品なので、新品か中古かには私はまったくこだわりがありません。
義母は「中古だとikebowが嫌がるかしら。。?」と前に訊いてくれたけど、私は「全然気にしない」と回答済み。

むしろ、できればですが、そういう事よりベビーの心を豊かにする事にお金を使いたい、というのが夫と私の希望です。
我々の結婚時も「普段の生活とかお互いの心を豊かにする事にお金を使いたい」という理由で式も挙げませんでしたから。
まぁ、実際今我々の心が豊かか?と考えたら、「それはどうかなー?」って感じですが 苦笑


それまで準備はサッパリ、でしたが、バギーを前に7か月目後半にして、母親になる実感が湧いてきました。←遅っ!

次の課題は、両親教室探しと、Hebamme(ヘバメ/出産後に家に来て子育て指導を行ってくれる助産師さん)さん探しです。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. マタニティーライフ・出産
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<美味しいクレープをどうぞ | top | 結婚後3年でやっと、義両親と実母対面>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/69-41a46b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)