+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




理学療法6回コース、21.4ユーロナリ :: 2015/12/21(Mon)

10月末にぎっくり腰になった事は以前日記に書きましたが・・。

その時の日記はコチラです→
その前章の日記はコチラです→


お蔭様でその後、スッカリ回復しました
あまりの痛さに、一生治らないんじゃないか・・と弱気にもなりましたが、ちゃんと治るものなんですね(笑)

経過をざっくり書きますと、
と言いつつ長いですので、ご興味の無い方はスルーをお願いします。


初日

朝、中腰の姿勢で作業中に咳をした際に一撃をくらう。
どうしても動けず、タクシーも呼べず(乳幼児が2人おり、チャイルドシートの問題で)、救急医に自宅に来て貰う。
投薬だけで処置なし。風邪で咳が酷かったので、咳の度に死ぬ思い(苦笑)

この日だけは、夫にトイレに連れて行ってもらい、便座に座るところまではサポートしてもらった。
上半身の重さを腰で支えられない感じなので、便座に座るのも辛い。座っている間は、頭を隣りの洗面台に
もたせかけて用を足す。トイレ3回目くらい以降は、何とか自分で座った。
夫にオムツも提案されたけど、断固としてお断り(笑)

家の中での移動は、ミミズのように這うスタイル。
生後8-9か月の次女のハイハイにスピードで負け、悔し涙を流す(苦笑)


2日目

子供が保育園に行っている間、タクシーで徒歩3分のHausarzt(ホームドクター)を訪問。
1回目の注射を打ってもらう。「3日後に元に戻ってなかったら、また注射打ちましょう」との事。
注射を打って下さった女性が、歌うように話しかけて下さり、リズミカルに注射を打って下さり、それが
リラックスさせて下さって、何だか心の支えに(笑)

食事は、やっぱり座れないので、横になって少し上半身を起こして食べるスタイル。
まるで、古代ローマ人の、金持ちの饗宴時の食事スタイル(笑)
長女が面白がって真似しようとしてました。


3日目

二足歩行が可能になり、感動。
まるで、「ハイジ」の中で、クララが歩いたシーンのよう(苦笑)


5日目

元に戻るほどの回復をしなかったので、2回目の注射を打ちにHausarztへ。
この日は夫には出勤してもらい、夫の付き添い無しだったので、注射の女性の姿を見てホッとし。
帰る時、この女性が笑顔で手を振って下さって涙が出そうに。この2回目の注射がかなり効いた感じ。
整形外科の受診を勧められる。


8日目

整形外科を受診したが、夫付き添い無しで、ドイツ語が残念なレベルだからか、アジア人だからか、専門医に
何だかバカにされた印象を受ける。行かなきゃよかったような気もした(or ドイツ人夫の付き添いがあれば良かった)
けど、理学療法のRezept(処方箋)が出たので、ヨシとする。
Rezeptがあると、理学療法も保険が効いて安く施術を受けられます。


15日目

理学療法スタート。6回で1コース。
春にギックリ腰の予兆があった時に慌てて通った理学療法の診療所は、何となくイマイチの感じがしたので、
今回は、以前次女が通った理学療法(中々予約が取れない←良いサイン?)に通院する事に。

春に私が通った所は、色々「?」な部分があり、一番違和感を感じたのは、「いつも同じ施術者ではない」事。

行く度に冒頭で経過を説明し、これに時間がかかり。
1回30分なのだけど、最初の5分で部屋に入って洋服を脱いで、説明をし、10分程度施術。
そして温かいジェルのようなものが入った温湿布みたいなのを患部に当て、「20分程したら、ご自由にお帰りく下さい」
みたいに言われて完全放置。この温湿布みたいなの、気持ち良いのだけど、「家でも自分でできるな」と。
あと、施術者が若いお姉さんばかりで、知識はあるのだけど、本当に経験があるのか疑問。

次女が通った診療所は、毎回必ず同じ施術者で、毎回しっかり記録を取って下さっているので、毎回冒頭の
詳細説明は無し。前回の施術から当日までの状態を説明しなければならないけど、これは必要な事なので。

次女の施術者も、今回私がお世話になった施術者も経験がある感じで。


53日目

53日目くらいに当たる先週金曜日に、理学療法1コース(6回目)が終わりました。
通ってる途中に、冒頭で「腰の調子は良いのですが、ここ3日程右肩が上がらなくて・・」と言うと、「じゃぁ今日は
右肩を診ましょう」みたいにフレキシブルに対応して下さったので、良かったです。
「腰じゃない患部に対する施術は、また整形外科に行ってRezeptをもらわないとならないかしら?」と思ってたので。
ちなみに右肩の痛みは、母に「四十肩でしょう」とバッサリ切られました(苦笑)


・・・そんな状況でした。
普通に生活できるようになったとは言え、疲れたり、子供を長時間抱っこしたりすると、腰に違和感を感じるので、
あまり無理せず行きたいと思います。

ちなみに、今回の理学療法6回1コース、最終日にお会計で21.4€をお支払しました。
今回、理学療法で十二指腸をグリグリやられた時は、痛いのと変な感覚があるのとで新鮮な感じでしたが、
マゾヒストなので嬉しかったです(笑)

皆様も、ぎっくり腰にはお気を付け下さい・・。


今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


  1. 美容・健康・アポテーク
  2. | trackback:0
  3. | comment:4



<<義実家に帰省しないクリスマス | top | 久々の美術展 ☆ KLEE & KANDINSKY>>


comment

はじめまして

楽しくブログ拝見させていただいています。
ミュンヘンの理学療法事情!
とても興味深く、コメントさせていただきました。
私、作業療法士(←ご存知でしょうか…)なんですが、やはり日本とはいろいろ違いますね。コースになっているとは!
料金は1回分に換算すると日本とあまり変わらないかなぁと思います。
6回終了後はもう終わりなのでしょうか?
ドイツのリハビリ事情について、もっともっとお聞きしたいことはたくさんあるんですが…キリがないので控えますf^_^;)

ウチも主人が8月からミュンヘンに赴任することになり、いよいよ年末から私たち(私+5歳&1歳の息子)も同行します‼︎
初めての海外生活と育児で不安だらけですが、ブログ情報を参考にさせていただきながら、楽しみたいと思います‼︎
  1. 2015/12/21(Mon) 13:59:27 |
  2. URL |
  3. Nancy #-
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

Nancy様、

ブログへのご訪問&コメント、ありがとうございます♪
こちらに引っ越して来られるのですね。初めての海外生活との事、きっと色々ドキドキされたり、悩ましい事も
あるかと思います。しかも小さいお子さんもいらっしゃるとの事なので、尚更考えなければならない事も多いかと・・。

私のブログは、ドイツ情報でランキング参加させてもらってますが、全然ドイツ情報が無くて(汗)
ホント、駄情報ばかりでお恥ずかしいです・・。

一度、理学療法士と作業療法士の違いをインターネットで調べた事があります。
シロウトには違いが分かりづらいですよね。(いまだに良く分からないです 苦笑)

そして、ご質問の件。6回終了後は終わりみたいです。
これまで2か所(2診療所)に予約の電話を入れたのですが、いずれも細かい事は訊かれずに自動的に
「では、6回分の予約を入れますね」みたいな対応だったので、「どこも1ターム6回なのかしら?」と言うのが
私が受けた印象です。

6回通って不具合が良くならない場合、そして、理学療法にまた通いたければ、私の知っている限りですが
2通りの方法があるようです。

1)正規料金を払ってまた理学療法に通う
2)整形外科等に行って、Rezept(処方箋・・この場合、「理学療法に通いなさい」みたいな書類)を入手し、
  理学療法診療所にRezeptを提出して、安い料金で通う。(保険適用?)

ワタクシ自身もあまり良く分かっていないのですが、また何か分からない事(理学療法や、ドイツ生活一般的な事)が
ありましたが、お気軽にコメントを下さい。

時節柄体調を崩しやすいので、ご自愛下さいね。
お引っ越し、無事に完了し、ドイツでの生活が早く落ち着かれますように・・。


  1. 2015/12/22(Tue) 22:25:01 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/12/23(Wed) 14:06:58 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Nancy様、

こんにちは。

そうそう、私が受けたのは、理学療法というよりは、整体とかそういう感じが近いです!

整形外科で「Physiotherapieに行ってください」と言われ、Physiotherapieを辞書で調べると
「理学療法」と出たので、そのまま「理学療法」と呼んでますが、整体の方が近い感じです。

実は、「理学療法」と言う単語を使う事にモヤモヤしていたので、Nancyさんのコメントでスッキリしました。
ありがとうございました。

ぎっくり腰は、クセになるらしいので、本当に気を付けないといけませんね。
でも小さい子供が居ると、そうも言ってられず(苦笑)

来週こちらに越して来られるのですね。今年の冬は(今のところはですが)気持ち悪いくらい温かいです。
初めての越冬にはよいかもしれません。私のドイツでの初めての冬は、異常気象で冬が長ーく、4月くらいまで
毎日雪で(=毎日暗くて)頭がおかしくなりそうでしたorz

またいつでもコメント下さい!
私のわかる範囲でしたらお答えできますので。

残り少ない日本での日々をenjoyなさって下さいね。




  1. 2015/12/25(Fri) 13:29:53 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/728-4e9353b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)